1. ニンテンドー3DS トップ

ソフトとデータの引っ越しについて

ニンテンドー3DS LL/3DS同士の引っ越し

本体内蔵ソフトのセーブデータや、ニンテンドーeショップの残高、ダウンロードソフトの
「ご利用記録」などを、ニンテンドー3DS LL/3DS本体同士で引っ越しできます。

※ニンテンドー3DS同士の引っ越しをご利用いただくには、「本体の更新」を行う必要があります。

「DSi LL/DSi」から「3DS」への引っ越しはこちら

メインイメージ

引っ越しできるデータ

3DS同士の引っ越しは、下記データをまとめて引っ越します。

SDカードに保存されている
データの使用権
SDカードに保存されているデータ(ダウンロードソフトやそのセーブデータ、追加コンテンツなど)を使用できる権利を引っ越しします。引っ越し先の本体に引っ越し元のSDカードを差し込んで使用できます。
DSiウェア 本体保存メモリに保存されているDSiウェアとそのセーブデータを引っ越しします。
ニンテンドーeショップの
ご利用記録と残高
ニンテンドーeショップの「ご利用記録」と残高を引っ越しします。引っ越しする本体同士の「ご利用記録」と残高が統合されます。
本体内蔵ソフトの
セーブデータ
本体保存メモリに保存されているフレンドリストやニンテンドー3DSカメラの写真、ニンテンドー3DSサウンドの音声、MiiスタジオのMiiデータなど本体内蔵ソフトのセーブデータを引っ越しします。
DSソフト用設定 DSソフト用のインターネット接続設定とWi-FiコネクションIDを引っ越しします。
引っ越しに関する注意

引っ越ししたあとは、引っ越し元の本体のデータがすべて消去されます。
引っ越し元のSDカードのデータは、引っ越し先の本体でのみ使用できるようになります。

引っ越しに関する注意

● 引っ越し先の本体保存メモリに保存されているDSiウェア以外のデータ(内蔵ソフトのセーブデータなど)は、一度すべて消去されたあと、引っ越し元の本体のデータが書き込まれます。
引っ越し先の本体保存メモリに写真や音声データが保存されている場合は、引っ越しする前にSDカードにコピーしてください。

ダウンロードソフトについてのご注意

● 引っ越し先の本体で使用していたSDカードに保存されているダウンロードソフトや、そのセーブデータは使用できなくなります(ソフトは、ニンテンドーeショップから再ダウンロードできます)。ただし、DSiウェアとそのセーブデータは引っ越しする前に、引っ越し先の本体保存メモリにコピーしておくと、引っ越ししたあともそのまま使用できます。

同じダウンロードソフトを購入している本体同士で引っ越しをした場合は、引っ越し先の同じソフトの「ご利用記録」が消去され、セーブデータも使用できなくなります。引っ越し元のソフトとそのセーブデータが、引っ越し先の本体で使用できるようになります。

ニンテンドーeショップの残高についてのご注意

● 引っ越し元と引っ越し先の本体の残高が、合計で20,000円を超えてしまう場合は引っ越しできません。

● 引っ越しする時は、インターネット接続と本体同士の通信(ローカル通信)どちらも行います。引っ越しする本体同士を近くに置いて、快適にインターネット通信が出来る状態で引っ越ししてください。
ご自宅にインターネット接続環境のない方は、「3DSステーション」や「ニンテンドーゾーン」でも行っていただけます。

引っ越しの方法

1 引っ越し元/引っ越し先の3DS本体の操作

ニンテンドー3DSのHOMEメニューから「本体設定」→「その他の設定」→「ソフトとデータの引っ越し」を選択します。
続けて、「ニンテンドー3DSと引っ越し」をタッチしてください。
● 引っ越しに関する注意を確認して「同意する」をタッチしてください。

2 引っ越し元の3DS本体の操作

「この本体から送信」を選択します。

引っ越し先の3DS本体の操作

「別の3DSから受信」を選択します。
● 以降は、画面の指示に従って引っ越ししてください。

Q&A

サポート Support

  • サポート トップ
  • Q&A
  • インターネット接続について インターネット接続イメージ

    インターネット接続設定
    動作確認済みインターネット接続機器
    自宅外でのインターネット接続について
  • ニンテンドーネットワークについて IDの登録方法

    パスワードを忘れた方へ
  • 取扱説明書など
  • その他