ニュースリリース >  2010年 >  10月29日

ニュースリリース

2010年10月29日
各位
任天堂株式会社

Wiiによるネット通販サービス
「Wiiの間ショッピング」について

任天堂株式会社(本社:京都市南区、取締役社長:岩田聡)は、据置型ゲーム機「Wii」をインターネットに接続すれば無料で利用できる動画配信サービス「Wiiの間」において、「Wiiの間ショッピング」を11月1日より開始いたします。

「Wiiの間ショッピング」はWiiの間オリジナル商品に加え、モール形式で参加する出店企業の商品で構成され、運営は任天堂の子会社であるWiiの間株式会社が株式会社千趣会(大阪府大阪市、代表取締役社長:行待裕弘)と共同で行います。スタート時の出店企業は「株式会社千趣会」「株式会社千趣会イイハナ」「シヤチハタ株式会社」の3社ですが、「株式会社三越伊勢丹ホールディングス」をはじめ複数企業の出店を予定しております。

「Wiiの間ショッピング」の特長は、(1) Wiiリモコンを使った簡単操作で、テレビモニターを通して24時間いつでもショッピングが楽しめる点、(2) Wiiの間ショッピングでしか買えないオリジナル商品に加え、「食品」「日用品」「ファッション」「家具」など常時10,000点以上の品揃えがある点、(3) おすすめ商品はユニークな商品紹介映像を見ながらショッピングが楽しめる点、(4) 決済方法は「クレジット」「コンビニ先払い」「代引き」の3つの手段に加え、「コールセンターでの電話注文」が可能な点など、ネットショッピングに慣れていない方にも安心してご利用いただけるショッピングサービスを目指しています。

据置型ゲーム機「Wii」は、「取り巻く人々を笑顔にする」ことを目的に2006年12月に発売され、普及台数は約1070万台、ネット接続率約40%、リビングにあるテレビへの接続率約85%、1台あたり家庭内ユーザー数約3.4人と、「お茶の間におけるコミュニケーションツール」としてご愛用いただいております。

「Wiiの間ショッピング」は、この環境を活用し、「性別」「年齢」「ゲーム経験」を問わず、お茶の間でショッピングを楽しんでいただくことを目的にしています。「商品情報に触れる楽しみ」、「商品購入を検討する楽しみ」、「商品が届くのを待つ楽しみ」、「届いた商品を利用する楽しみ」、そしてそれらの楽しみが「人と人をつなぐコミュニケーション」になり、ゲーム経験と相乗する生活密着型のエンターテインメント(娯楽)になることを目指しています。

以上

このページの一番上へ