ヘッダー 任天堂ホームページへ ファイアーエムブレムワールドトップへ
トップ
ファイアーエムブレムとは
シリーズ紹介
   暗黒竜と光の剣
   外伝
   紋章の謎
   聖戦の系譜
   トラキア776
   封印の剣
   烈火の剣
   聖魔の光石
   蒼炎の軌跡
   暁の女神 
   新・暗黒竜と光の剣 
   新・紋章の謎〜光と影の英雄〜
   覚醒
遊び方(基礎編)
遊び方(知識編)
用語解説
インフォメーション
ご意見箱
ダウンロード
リンク
ファイアーエムブレムミュージアム
ファイアーエムブレム・サウンドミュージアム
ファイアーエムブレム 覚醒 BACKGROUND
ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 〜光と影の英雄〜 BACKGROUND
ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣 BACKGROUND
ファイアーエムブレム 暁の女神 BACKGROUND
みんなでつくる『新・暗黒竜と光の剣』ミュージアム
Wi-Fi通信対戦
ファイアーエムブレム占い
社長、ファイアーエムブレムを語る
FIRE EMBLEM検定
任天堂公式サイト
ファイアーエムブレム 覚醒
ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 〜光と影の英雄〜
ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣
ファイアーエムブレム暁の女神
シリーズ紹介
暗黒竜と光の剣
   英雄アンリが暗黒竜メディウスを倒して100年後……、突如としてメディウスは復活した。悪の司祭ガーネフと手を組んだメディウスはドルーア帝国を再興、それまで平和だったアカネイア大陸を制圧する。
 アンリの血を引くアリティアの王子マルスは、父母を失い、辺境の島国タリスへと逃げ延びていた。しかし、タリスにもドルーアの魔の手が迫るに至り、マルスはわずかな兵とともに反ドルーアの戦いに身を投じるのである……。
 SLGの戦略性に、RPGのストーリー性やキャラクター性を盛り込んだ、記念すべき『ファイアーエムブレム』シリーズの第1作。シンプルながら完成されたSLGとしてのシステムと、見るものの胸を熱くする主人公マルスとその仲間たちの感動的な物語によって、多くのプレイヤーの心を掴みました。
ページトップへ



外伝
   バレンシア大陸を南北に分かつ2つの国、邪神ドーマを崇めるリゲル帝国と、大地母神ミラを信仰するソフィア王国の間に戦乱が起こった。
 アルムとセリカの2人は、幼少の時代を共に過ごした幼なじみである。今ではアルムはラムの村、セリカはノーヴァの修道院と、遠く離れた場所で別々の生活を送っていた2人であったが、戦乱を機にそれぞれの思いを胸に立ち上がる。
 2人の秘められた過去とは? そして2人が背負った宿命とは……?
 シミュレーションパートでは前作の操作性を活かしつつも、クラスチェンジできる兵種がたくさんあったり、全体マップ中で2人の主人公の部隊を自由に操作できたりと、より自由度が高く、RPG的要素が濃くなりました。また、アルムとセリカのそれぞれの運命が複雑に絡み合いながらクライマックスへと向かうストーリーは、シリーズ中随一との声も高い作品です。
ページトップへ



紋章の謎
   マルスの活躍によってドルーア帝国との戦いも終わりを告げ、人々は荒れ果てた祖国の再建に力を尽くしていた。そんな中、アカネイア王としてニーナ王女に迎えられたオレルアンの英雄ハーディンは、強引ともいえるやり方で急速に国力を回復し、強大な軍隊を作り上げると、アカネイア神聖帝国の再興を宣言したのである。
 それから1年。シーダ姫との婚礼を間近に控えたマルスのもとに、ハーディン皇帝から「グルニアの反乱軍を討伐せよ」との書簡が届く。
 アカネイアに忠誠を誓うマルスは、疑問を抱きつつも兵を挙げるのであった……。
  アカネイア大陸に巻き起こった2度の大きな戦乱を描いた、アカネイア戦記完結編。ゲームシステムを第1作に近い形に戻し、物語の第一部に『暗黒竜と光の剣』のリニューアル版、第二部にオリジナルのストーリーという構成にしたことは、新旧のプレイヤーから大きな支持を受けました。
ページトップへ



聖戦の系譜
   ユグドラル大陸の中央に位置するグランベル王国のシアルフィ公国は、かつて大陸を危機から救ったという聖戦士の血を受け継いだ国の1つである。その当主バイロン卿は息子シグルドに留守を任せ、東方の戦乱を鎮めるために王家や諸公たちと遠征中であった。
そんなおり、同盟国であったはずのヴェルダン王国の大軍が突然王国内へ攻め入り、シグルドの幼なじみ、エーディンのいるユングヴィ城を包囲したのである。シグルドは、エーディンを助けるため出陣の決意をする。やがて訪れる運命も知らずに……。
 キャラクターの個性をより明確に、また、戦闘をより緊張感あるものにしたスキルシステムを導入。戦場で出会った男女が恋に落ち、子供が産まれるという大胆なシステムも好評を博しました。シグルド、セリスという親子二代に渡る壮大なストーリーもまた、これらのシステムと絶妙なハーモニーを奏でています。
ページトップへ



トラキア776
   キュアン王子の遺児であり、レンスター王家の生き残りであるリーフは、騎士フィンら数少ない仲間とともにトラキア各地をめぐる逃避行の末、東海岸の小さな村フィアナにたどり着く。リーフは、フィアナの女領主エーヴェルのもとで、彼女を慕って集う若者たちと交流を重ねながら、次第に大人へと成長を重ねていった。
 ときおりしも大陸東方のイザークの隠れ里では、シグルドの遺児セリスを中心とする勢力が力をつけつつあり、着実に新たな時代への胎動は始まっていた。
 そしてグラン暦776年、リーフ15歳。彼にとっての「聖戦」が、今始まろうとしている……。
 前作『聖戦の系譜』の外伝的作品。前作では語られなかった人間関係や、歴史にスポットを当てており、より深い世界観を堪能できます。また、「捕える」「かつぐ」などのシステムを搭載したシミュレーションパートは、シリーズ屈指の高難度。高度な戦略が要求されますが、クリアしたときの達成感もひとしおです。
ページトップへ



封印の剣
   かつて、エレブ大陸の覇権をかけて「竜」と戦い、それに勝利した「人」は、大陸全土へとその勢力を伸ばしていった。
 それから千年近い時が流れ、大陸は、華やかな文化を誇る西のエトルリア王国、質実剛健な気風をよしとする東のベルン王国、この二大王国とそれにはさまれる小勢力たち、それらのバランスによって全体としては安定を保ってきた。
 ところが、その安定が突然崩れた。東の大国ベルン王国が、国王ゼフィールの命のもと、各地へと侵略を開始したのである。
 大陸南方の小勢力フェレ家の嫡男ロイは、病気の父に代わりフェレ群を率いて敢然とその侵略に立ち向かっていく……。
 携帯ゲーム機初登場の『ファイアーエムブレム』。シンプルなゲームシステムと、テンポのよい戦闘シーン、そして抜群の操作性で手軽にプレイできるようになっています。また、キャラクターの意外な一面やキャラクター同士の信頼関係がわかる「支援会話」によって、より一層キャラクターが引き立てられ、ストーリーに厚みができました。
ページトップへ



烈火の剣
   「人」と「竜」が戦った歴史をもつエレブ大陸。その大陸の東に広がるサカ草原で、1人の少女が行き倒れの旅人を助けた。少女の名はリン。2人はいろいろ語り合ううちに、共に旅に出ることになった。リンは一人前の剣士、旅人は一人前の軍師になるために。
 リンたちと旅先で出会い、力を貸してくれるリキア貴族エリウッド。偶然の出会いと別れ。それは全てのちの長き戦いの序章であると、このときは誰も知る由もなかった。
リンと旅人、そしてエリウッドとその親友ヘクトル。それぞれの運命の輪が、今、回り始める……。
 前作より前の時代のエレブ大陸を舞台にした、ゲームボーイアドバンス用ソフト第2弾。軍師システムを導入し、プレイヤーの行動や好みが、よりダイレクトにキャラクターに反映されるようになったほか、プレイヤーの視点、リン、エリウッド、ヘクトルという3人の主人公の視点、様々な視点から物語を楽しめます。なお、少女剣士リンが主人公の「リン編」は、シリーズ史上類を見ない、全編チュートリアルモードです。物語の幕開けを知ると同時に、ゲームのルールを丁寧に教えてもらえるので、『ファイアーエムブレム』初心者にもぜひプレイしてもらいたい一品です。
ページトップへ



聖魔の光石
   古の時代より、魔物が存在するマギ・ヴァル大陸。人は5つの【聖石】をもちいて魔を封じ、それを守護石としていくつかの国を築きあげ平穏な世界を手に入れた。だが大陸暦803年、永き平和は突如破られた。【聖石】を持つ国の中で最大の国力を誇るグラド帝国が、突如大陸全土に侵攻を開始したのである。
 隣国であるルネス王国は、友好関係にあったはずのグラド帝国からの突然の猛攻に反撃もままならず次々と要所を落とされ、おりしも王都を離れていたルネス王子エフラムの消息も戦渦の中で途絶えてしまう。ついにルネス落城の時を迎え、国王の命によって王女エイリークは騎士ゼトに護られて同盟国フレリアへと逃された。
 大陸全土を巻き込む戦乱、その中で姿を現し始めた不気味にうごめく異形の影…。仲間と共に苛酷な運命に立ち向かうため、王女はその手に剣をとる……。
 ゲームボーイアドバンス3作目である『聖魔の光石』には双子の主人公エイリークとエフラムが登場します。ゲームを進めてゆくと、プレイヤーが主人公を選択する分岐点があり、どちらを選ぶかで異なるストーリー展開とバトルマップ攻略が楽しめます。
 今作には、上位へのクラスチェンジ後の兵種を2種類から選ぶことができる「分岐クラスチェンジ」や、物語を展開する通常のマップの他に何度でも挑戦することが可能な「EXマップ」など、自分好みに仲間を育てて強くする楽しさも満載しています。また、「チュートリアルモード」に加えて新たに「辞書」機能が増え、1度説明されたゲームルールをいつでも確認できるので、初めての方でもより遊びやすくなりました。
ページトップへ



蒼炎の軌跡
   女神に祝福されし大地テリウス。
 この地には神に近い姿のベオクと、神と獣のはざまの姿のラグズ、2つの種族が存在する。両種族は長年にわたって戦いと和解を繰り返しつつ、現在では7つの国々に分かれていた。
 その1つ、クリミア王国に拠点を置くグレイル傭兵団のアイクは、来るべき初任務のために訓練の毎日を送っていた。諸国が均衡を保ち、大きな戦もない平穏な時代……だが、大陸全土を震撼させる動乱の影は、すぐそこまで迫りつつあった……。
 満を持してニンテンドーゲームキューブ初登場となった『ファイアーエムブレム』。美麗な3Dマップとムービーが、戦いをより劇的に盛り上げます。また新たに進化した「スキルシステム」、ラグズと呼ばれる種族の「化身」、武器錬成も可能な「拠点」などの数々の新要素が、高度かつ多彩な戦略性を生み出しています。
 ゲームは「ノーマル」「ハード」「マニアック」の3つのモードを用意。「ノーマルモード」は初めての方でも充分楽しめる難易度。前作までのチュートリアルに代わる要素として搭載された「指南」を見れば、遊びながら自然にルールをマスターできます。一方「マニアックモード」は、あの『トラキア776』にも匹敵するシリーズ歴代最高レベルの超難関。シリーズファンも唸らせるバトルマップが待ち構えています。初心者から熟練者まで、『ファイアーエムブレム』の醍醐味を存分に味わうことができる作品です。
ページトップへ



暁の女神
   英雄アイクの戦いから3年。
  先の戦争で敗北したデイン王国はベグニオン帝国の支配下に置かれ、人々は貧困と圧政にあえいでいた。彼らの希望は義賊団「暁の団」。その一員であり、不思議な力をもつ「銀の髪の乙女」ミカヤ。彼女はデインの人々を救うため、絶望的な戦力差の戦いに身を投じる。 それがやがて、世界の命運さえも左右する大戦へと繋がっていくのだった…。
 Wii初登場の『ファイアーエムブレム』。
 ムービーはさらにリアリティを増し、まるで現実の戦場が目の前にあるかのような緊張感に満ちています。また切り替え戦闘アニメもより躍動感あるものへと進化、キャラクターそれぞれの個性や魅力を存分に生かした戦闘シーンが展開されていきます。
 ユニットによっては上級クラスのその上である最上級クラスにもクラスチェンジ可能となり、自分の好きなキャラクターを育てる楽しみがさらに増えました。また「段差」など、戦術性を高める数々の新システムがゲームをより奥深いものにしています。
 物語は全4部構成、それぞれ主人公が異なるというシリーズ随一の長編で、世界観を理解する助けとなる「用語集」「人物相関図」も用意されています。新たなプラットフォームでの始まりにふさわしい作品です。
ページトップへ



新・暗黒竜と光の剣
   マルス王子の戦いが今、新たな舞台で蘇る。
記念すべき第一作の誕生から18年。ファイアーエムブレムシリーズの原点ともいうべき『暗黒竜と光の剣』を、新たにリニューアルした作品が『新・暗黒竜と光の剣』です。暗黒竜メディウスを倒すまでの物語をそのままに、幼い頃のマルス王子の戦いを描く新エピソード『序章』を追加。さらには新しいマップ、イベント、キャラクターたちが追加され、物語が一層の広がりを持ちました。
  ゲームの新要素として、マップ途中でセーブできる『ポイントセーブシステム』や、仲間の兵種を自由自在に変更できる『兵種変更』システムが導入され、従来の面白さに加え、ひと味違った面白さも提供しています。
また、はじめてプレイする方も親切なチュートリアルと快適な操作性で、自然にファイアーエムブレムの世界に入っていくことができます。
 18年の時を経て、新しく生まれ変わった『新・暗黒竜と光の剣』。昔を懐かしむ方々にも、はじめてプレイする方々にも、きっと楽しんでいただける作品です。
ページトップへ



新・紋章の謎〜光と影の英雄〜
 

あなたが、影の英雄となる。
ファイアーエムブレム20周年の記念的作品である本作は、シリーズの代表作『紋章の謎』をベースに大幅に新要素を盛り込んだ作品です。
 あなた自身が作るもう一人の主人公「マイユニット」が切り開く、新たなストーリー。魅力的な仲間キャラクターたちはシリーズ最高人数の77人も登場し、物語を盛り上げます。また、幻の作品と言われた『BSファイアーエムブレム アカネイア戦記』を新生させた『新・アカネイア戦記』も収録、さらには通信による「配信マップ」も充実しています。
 遊び方も多種多様。誰でも手軽に遊べる「カジュアルモード」は、失った仲間が復活するシリーズ史上例を見ないモードです。一方で難易度は4段階用意され、最高難易度の『ルナティック』はシリーズ史上最も手強い『エムブレム』といっても過言ではありません。
 ほかにもゲームのスイッチを切っている間もキャラクターが育つ「みんなの様子」、いつでも登場人物のことがわかる「人物相関図」などなど……プレイヤーのスタイルによっていろいろな楽しみ方ができる盛りだくさんの作品です。


ページトップへ



覚醒
 

 『ファイアーエムブレム』シリーズ、22年の集大成。
 人を慈しむ神竜ナーガと、人を滅ぼす邪竜ギムレーの司る世界。記憶を失い倒れていたあなたは、イーリス王国の王子クロムに助けられ、やがて彼と共に数々の戦いに挑んでいく。
 5年ぶりの完全新作、そしてニンテンドー3DS初登場となる『ファイアーエムブレム』。
 本作は、「結婚」「子供誕生」「スキル」「フリーマップ」「支援会話」「マイユニット」など、今までのシリーズで特に好評だった要素の数々が盛り込まれ、さらにシリーズ初となる、二人で共に戦って絆を深める「デュアル」「ダブル」が登場。それらさまざまな要素の融合によって、シリーズ中でも最も自由度が高い、好きなキャラにじっくり愛着を持っていただける作品となっています。
 遊び方も、初心者向けのモード「カジュアル」から、超上級者向けの難易度「ルナティック」まで幅広く、またストーリーに関わるマップ数や、支援会話などのボリュームもシリーズ最大規模。
 さらに、すれちがい通信でほかの人の「マイチーム」と、バトル・スカウト・アイテム購入ができたり、いつの間に通信の「通信ボーナス」で過去作キャラのチームやレアアイテムを受信したり、「デュアルタッグ」で二人で協力プレイができたり……。色々な遊び方で、いつまでも長く楽しんでいただける作品です。




ページトップへ
フッター 任天堂ホームページへ