採用情報 > 先輩紹介2007 > 広報室 木村 岳志

採用情報

採用情報 先輩紹介2007

ホームページで発信するゲームソフトの魅力。多くの方に見てもらえるのがうれしい。/広報室 木村 岳志 広報室 木村 岳志
■広報室の仕事内容をお聞かせください。
広報室では、会社や商品の広報に関する業務を行っています。例えば、新聞社の方からの「任天堂に関する記事を書くので、その事実確認をしたい」という問い合わせにお答えしたり、雑誌社の方から「ニンテンドーDSを雑誌で紹介したいので、商品の写真や資料をほしい」という依頼があれば資料を提供したり、テレビの番組制作の方から「テレビドラマでゲームを遊んでいるシーンを撮りたいんです」と問い合わせがあった場合は商品をお貸ししたりする、といった具合です。また、ワールドワイドに商品を販売していますので、海外の子会社と各商品の広報展開について連絡を取り合ったりもしています。
--ニュースや雑誌などで、任天堂に関するものを見かけたときは、広報室が仕事をされたということですね。他にはどんな仕事をされていますか? 任天堂ホームページ
先ほどお話した以外に、広報室では「任天堂ホームページ」の運営も行っています。商品紹介のためのホームページを企画するのも広報室の仕事です。また、商品の紹介だけでなく、例えば、いまご覧いただいている先輩紹介のページの制作にも関わっていますし、任天堂ホームページに関わるさまざまな業務を行っています。
--職場の雰囲気はどうですか?
一般的な広報のイメージよりは静かですね。それは単に人数が少ないからだと思うのですが、逆に人数が少なくて良い面もあります。すごくアットホームな雰囲気があり、室長にも気軽に相談できますし、役職や年齢が障壁となって仕事が進めにくくなるということはありません。
■木村さんがいま、どのような仕事をしているのか教えてください。
私は、広報室の仕事の中でも、特にホームページの運営に関わっています。これから発売されるゲームソフトの紹介ページの内容を考え、社内の関係者や、実際にホームページを作っていただく外部のWeb制作会社の方とコンテンツの企画に関して打ち合わせを行い、でき上がったものを任天堂ホームページに掲載する、といった仕事をしています。
--社内の人との関わりはどうでしょう?
ゲームソフトの開発担当者や、パッケージなど印刷物をてがけるアートワーク担当者、また販売促進を受け持つプロモーション担当者と、そのソフトの紹介ページを作る際に打ち合わせを行います。またソフトの紹介だけでなく、さまざまな情報をホームページに掲載していますので、社内のいろいろな部署と関わりがあります。
--どういったところでやりがいを感じたり、達成感を得ていますか?
そうですね、自分が手がけたソフトの紹介ページを見てくださったお客様に、そのソフトを買おうと思っていただけることが一番の喜びですね。それはなかなか実感できないことですけれども、最近はホームページに関して、ブログ等で書かれているのを見ることもありますので、そこですごく面白いページになってるなどの評価をいただけた時は達成感があります。逆に全然面白くないとか楽しさが伝わってこないというようなご意見をいただいた場合は、それは非常に重要な意見として真摯に受け止め、次のページ作成の時に活かそうと思っています。
--では逆に、つらいところや難しいところは?
広報室 木村 岳志 つい先ほども経験したばかりなのですが、一旦でき上がったページが、開発やプロモーションの担当者などから要求されていたクオリティを満たしていない場合があるんですね。その場合は作り直すことになるのですが、これにはさまざまな要因が考えられます。ただ、やはり一番大きいのは、さまざまな関係者がお客様に伝えたいことを私がきちんと理解できていなかったということですね。なるべくコミュニケーションを多く取って、打ち合わせをするようにしているのですが、忙しくなってくるとお互いにスケジュールが合わなかったりして連絡が疎かになってくる…やはりそういうときはあとあと響いてきますね。それと、Web制作会社とは、メールで連絡を済ませがちにもなるんですが、やはりニュアンス等がちょっと違ったりして、それが積もり積もって、意図していたものとは全然違うページができ上がってしまったりもしますので、必要なときには電話で直に会話するように気をつけています。
--ホームページに関わる仕事全般というと、地道な部分もありますよね。
すでに掲載しているページの中でリンク切れがあったり、誤字脱字があった場合に修正をしています。そういったミスは、お客様からいただいて気づくこともあるのですが、先に気づいておくべきですね。お客様が任天堂ホームページをよく見ていらっしゃるので非常にありがたいことではありますが。あとは社内記録として任天堂ホームページ全体のバックアップを定期的に取るといったメンテナンスやアクセスログの集計なども行っています。
■学生生活について教えていただけますか?
自分ではそんなに変わったことはしていないと思っています。大学ではドイツ語を勉強していたんですけども、同級生がドイツ留学している中を、僕はずっと日本にいて、部活動でアーチェリーをやっていました(笑)。でも非常に楽しい大学生活だったと思います。
--アルバイトはしていましたか。
アルバイトは二つしました。ひとつは和食のお店の厨房で、配ぜん係をしていました。料理人さんとも結構仲良くなって、細かな料理の心得と言いますか、テクニックを教えていただいたんですよ。その後、ゲームセンターでアルバイトしました。このアルバイトは、かなり人と人との交流を重視するバイトでしたね。挨拶をとにかくたくさんして、誰が一番笑顔が素敵かをお客様に決めていただくキャンペーンみたいなこともやっていて(笑)。ゲームセンターなんですけど、クレーンゲームがメインのゲームセンターで、ぬいぐるみを取ったお客様には、そのぬいぐるみと一緒の写真撮影のサービスしていたんです。お客様から「撮ってください」なんてお願いされることは滅多にないので、こちらから「おめでとうございます!記念に写真一枚どうですか?」なんて話かけて。そんなこともあって、人と話す能力は鍛えられたと思いますね。
■任天堂へ入りたいと思ったきっかけはなんですか?
子供の頃からゲームが好きで、自分でもゲームをつくってみたいという思いがありました。そんな訳で高校は高専の情報工学科に進んで、プログラミングの勉強なんかもしたのですが、だんだん理系の勉強についていけなくなって(笑)、これでは自分はゲーム制作には関われないなという諦めみたいなものがあったんです。その後、文系の大学に編入して、ゲーム制作とは関係のないことをしていたのですが、たまたま、私が就職活動をする前の年に任天堂の事務系で採用試験を受けた大学の先輩がいらっしゃって、その方の話を聞いて、ゲーム制作以外にもゲームに関われる仕事があるんだと気付きました。いくつかあるゲーム会社のなかから任天堂を選んだのは、やはり昔からみんなで楽しめるソフトを作っていたからでしょうか。学生時代もいろいろとお世話になりました。
■学生の時に外から見ていた任天堂と、入社してから中から見た任天堂とで、何かギャップはありましたか?
ちょっとお堅い感じの会社かなというイメージはありました。まず、「任天堂」という名前がすごく堅そうなイメージがありますし、古都である京都の会社ですし。入ってみると、お堅いというよりは、非常に堅実な会社だなと思いました。開発の方は、ちょっと華やかな雰囲気で、非常に個性的で面白い方々がいらっしゃいますけど、芯はしっかりした方が多いように感じます。それと、開発の人はみな人を楽しませようとするサービス精神が旺盛ですね。自然とそういった人々が集まる会社なんでしょうね。
--他にはありますか?
ゲーム雑誌のインタビュー等では開発者しか出てこないという影響もあると思うのですが、ゲームの会社というと、開発の人しかいないというイメージが強かったんです。でも入ってみると、当たり前ですが、開発者ばかりが会社にいるわけではなくて、商品を売る営業をはじめ、陰日向なくいろいろな仕事をしている方がいらっしゃる上に、会社が成り立っているんだと分かりました。広報という仕事をしていると、社内全体を浅く広く見渡せるので、特にそういう部分を感じますね。
■入社して一番印象に残っている仕事は何ですか。マリオvs.ドンキーコング
ゲームボーイアドバンス用のソフト『マリオvs.ドンキーコング』の紹介ページを作ったことですね。「仕事を通じてやり方を覚えろ」ということで、入社してすぐに初めて担当させていただいたソフトです。部署の先輩やソフトのプロモーション担当の方、開発担当の方、アートワーク担当の方に助けていただきながら、また逆にお叱りを受けながら、作っていきました。このソフトのページができ上がった時には「自分の作ったページが世の中に出て行って、それがいろんなお客様の目に留まり、任天堂の売り上げに貢献するんだな」という達成感をちょっぴり味わいました。
--達成感だけじゃなく、それだけプレッシャーも両肩にのしかかっていたと思うんですけど…
いきなりマリオの名前がついてるソフトを担当していいのかなと思いました(笑)。責任によるプレッシャーという意味では、毎度毎度それはかなり両肩にのしかかってきますね。でも、それだからこそ、担当したソフトのひとつひとつが印象に残っています。過去のソフトタイトルを見ていくと、自分の担当したタイトルはかなり思い出深いです。それもこの仕事のやりがいにつながっていますね。
■学生の頃と比べて、自分が変わってきた、成長したと思うところはどんなところでしょう。
やはり自分のやったことに対する責任というのをきちんと認識し始めました。自分のちょっとしたミスが段々と大きくなって、本当に会社全体の問題になったりする可能性もありますので、学生の頃と比べてきちんと考えて、慎重に行動するようになりました。
--何十万人の人がホームページを見てるわけですからね。
そうですね。いろいろな方の目に留まるものですから、万全の注意を払わなければいけません。
--今後の目標みたいなものはありますか?
広報室 木村 岳志 入社して3年経ったんですが、まだまだいろんな所でミスを犯していることもありまして、地道にミスなくこつこつと仕事を進めて行くことができればと思います。慣れてくる頃が危ないともいいますし、そのために、何事も自分だけの意見で進めずに、上司と相談したり、各関係部署に相談したり、コミュニケーションをちゃんと取って行動していくように心がけたいと思っています。なかなか難しいですが(笑)。
■最後に、就職活動中の学生さんへアドバイスをお願いします。
就職活動というのは、普段商品を通してしか見ていない会社を違った視点で見る良い機会です。これは後々の社会生活や人生でも役にたってくると思いますので、好奇心を持って就職活動に取り組んでいただければと思います。自分は、せっかくの機会をあまり活かしきれなかった気もしていて、その後悔も含めてみなさんにはいろいろと経験していただければと思います。
--広報室には、どんな人が向いているのでしょう?
やはり自らコミュニケーションを取りにいかなくてはいけない場面が多いですので、そういうことが苦にならない積極的な人が向いているんじゃないでしょうか。あと、こういう人が羨ましいなと思うのは、面白いコンテンツのアイディアをどんどん思い浮かべられる人ですね。自分の発想力の無さに、ちょっとガックリ来る時もあります(笑)。そういう意味で、人を楽しませたいという気持ちが人一倍強い方もいいですね。
--ありがとうございました。
トップページへ

ある日のスケジュール
AM 8:30
出社
HPに関するお問い合わせの確認、メール確認
AM 10:00
社外のWeb制作会社と新規ソフトの紹介ページに関して打ち合わせ
PM 12:00
昼食、部活動
PM 1:00
制作会社との契約書の検討
PM 2:00
商品のプロモーション担当者とWeb展開の打ち合わせ
PM 3:00
以前に発注していたソフトの紹介ページのデザイン案が、Web制作会社から提出されたので内容を確認する。
確認後、関係各部署にも確認を依頼
PM 4:00
マスコミから商品紹介をしたいとの電話問い合わせが来たので対応
PM 5:00
以前に関係各部署に確認依頼をしていたWebページのチェックバックを、
まとめてWeb制作会社に伝達
PM 6:00
次回紹介予定のゲームソフトをプレイ
PM 8:00
日報を書いた後、帰宅
区切り線
先輩紹介2007 > 広報室 木村 岳志

このページの一番上へ