pokemon

スペシャル対談 田尻智さん(ゲームフリーク)VS石原恒和さん(クリーチャーズ)対談
----------
後編田尻さんと石原さんの6年

★ ページ1 ★ ページ2ページ3ページ4
----------



田尻さんQというわけで、お二人は『ポケットモンスター』を作るためのベスト・パートナーとして、かれこれ10年ほどコンビを組んでこられました。こんな長いおつきあいになるとは思っていましたか?
● 田尻>> 最初は石原さんとパートナーシップを組んで何かをやろうっていうよりも、お互いが別の場所にいることで刺激的な関係を維持しつつ、プロジェクトごとに一緒に仕事をするという間柄だったんです。なにしろ僕はゲームフリークを運営して、スタッフのひとりひとりにケアができて、そのうえでどこまでクオリティの高いゲームを作れるか、そういうことに精一杯でしたから。でも、石原さんが糸井さんのところにパッと移ったとき、僕はものすごく驚いたんですよ。

Q糸井重里さんがAPE(エイプ)という会社を設立されて、そこに石原さんが移籍されたときのことですね。
● 田尻>> そう。そのときに、石原さんは「僕が思っていた以上にテレビゲームの世界に魅力を感じているんだ」とわかったんです。だから、僕が「将来ポケモンになるソフト」の企画書をAPEに持っていったのは、石原さんがそこにいたからなんですよ。それで、のちに石原さんが独立してクリーチャーズを設立するっていうときに、本当は二人でパートナーシップを組んでひとつの会社を作らないか、っていう話もあったんです。

Qえっ! それは『ポケットモンスター』の制作中の話ですか?
● 田尻>> そろそろ『ポケットモンスター』の完成が見えてきたかな、というときですよ。
石原さん● 石原>> でも一方でゲームフリーク内部での開発資金とか、開発環境がいちばん苦しかった時期ですね。その頃の田尻君は本当につらそうに見えた。
● 田尻>> それで、僕がそれなりの数のスタッフを抱え込んでひとつひとつ指示をしながら、経営もやりながら、ゲームのディレクションもゲームデザインもやるという作業の限界に達していた時期ですね。結果的にいまは、石原さんはクリーチャーズで、僕はゲームフリークで、お互いが別々の会社で仕事をしていますけど、言い換えれば部署の違いみたいなもんですから、実質は一体なんです。それで、じゃあ「なぜ、あのとき一緒の会社にしなかったのか?」と言えば、あの頃のゲームフリークのやり方を一回分解して、あらたに石原さんと一緒に組み立て直すという方法に僕は危機感をおぼえていたんです。つまりそれはアイデンティティの問題なんですよ。僕がゲームフリークでなくなる、あるいはゲームフリークが僕ではなくなるということですから。
● 石原>> 田尻くんは学生時代から「ゲームフリーク」を名乗っていたからねぇ。アダナが「社長」だったし(笑)。そういう意味では、田尻君はゲームフリークの全てだったし、ゲームフリークは田尻君そのものだったと思います。責任感強いですよね。
● 田尻>> 現実的には会社の経営が苦しくて、石原さんと一緒にやるっていうのを真剣に考えもしたんだけれど、ゲームが好きで会社にする以前からゲームフリークを名乗ってきたわけでしょ。10代の頃から築いてきたものを崩壊させることに、大きな迷いがあったんです。この話は他人にするのははじめてだと思いますが。
● 石原>> 僕自身、自分の会社をはじめるタイミングだったし、会社経営ということでは田尻社長の方がはるかに先輩なわけで、むしろ僕は社長の先輩としての田尻社長に「会社ってどういう風に作るんだろう?」って相談する意味もあったわけですよ。
田尻さん&石原さん● 田尻>> 結果として僕らが一緒の会社を設立することはなかったわけですが、とにかくずうっと課題になっている『ポケットモンスター』を完成させるために一緒に付き合っていきましょうというお互いの気持ちの確認を、そのとき得られたんですね。


----------
★ ページ1 ★ ページ2ページ3ページ4

リンクなし ポケモンの登場するゲームのトップへ ページ2へ