お宝発見!!あんな名作!こんな傑作!
その1 任天堂の新作が遊べる! 空間
 
    NINTENDO POWERでは、任天堂ならではのクオリティの高い新作ゲームが、毎月続々と発表されているよ。
 そのなかのいくつかは、ファミコンの人気ソフトを特別にリメイクしたタイトルだったりもする。たとえば、落ちものパズルの傑作『ドクターマリオ』や、戦争シミュレーションのお手本的存在『スーパーファミコンウォーズ』などがラインナップされているぞ。
 そのほか『Zooっと麻雀!』、『すってはっくん』などのオリジナル新作も充実。とくにこの2タイトルのデキのよさは保証しちゃう。
 
任天堂の新作 編集長的ベスト3
1位 空間 スーパーファミコンウォーズ
画面写真 【ひとことレビュー】

ファミコン版のリメイクはもちろん、オリジナルマップやユニットもわんさか追加されていて、それにも関わらずウォーシミュレーション特有の複雑さがみじんもないのがステキ。
もっと詳しく知りたい方はこちら


アイキャッチ
2位 空間 ファミコン探偵倶楽部U うしろに立つ少女
画面写真 【ひとことレビュー】

ファミコンで流行った正統派アドベンチャーって、スーファミ全盛期には発売されなかった。求めていたものがいま、ついに! 怪奇と推理が入り混じったシナリオも相性最高だ。
もっと詳しく知りたい方はこちら


アイキャッチ
3位 空間 平成 新・鬼ヶ島 (前後編)
画面写真 【ひとことレビュー】

ディスクシステム用『新・鬼ヶ島』の外伝で、サテラビューで放送され好評を得た。ただやみくもにコマンドを総当たりしてもクリアできないシステムで、知的な喜びを得られる。
もっと詳しく知りたい方はこちら


アイキャッチ
次点
【ひとことレビュー】

編集長の周囲の業界人にとくに評価が高いのが『Zooっと麻雀!』。「いま麻雀ソフトを買うなら迷わずこれを勧める」(フリーライターT氏)と言うほどのデキ。任天堂ファンに人気なのは『ドクターマリオ』。懐かしいだけでなく、コンピュータと対戦するモードが新たに追加されたのがホット。編集長が好きなのは『すってはっくん』。自由に動き回れるアクション性を確保しながらも、詰め将棋のような緻密なパズル性を提示しているのがさすが! キャラクターも愛らしい。
『Zooっと麻雀!』 『ドクターマリオ』 『すってはっくん』
ZOOと麻雀画面 ドクターマリオ画面 すってはっくん画面


前のページへ戻る 表紙へ戻る 次のページへ行く