時を超え遊び継がれる『ゼルダの伝説』

傑作の代名詞 歴代『ゼルダの伝説』紹介



「ゼル伝」のGAME BOY版が登場!


『ゼルダの伝説』戦うリンク


『ゼルダの伝説』戦うリンク
『ゼルダの伝説 夢をみる島』
ゲームボーイ用
1993年6月6日発売 3,800円(税別)


トップビューの画面構成、敵との戦闘、ダンジョンの探索など、ゲームシステムはそのまんま『ゼルダの伝説』。スケールダウンをみじんも感じることなく、本格的なアクションロールプレイングを堪能できるという、衝撃のゲームボーイ用ソフトがコレだ。

ただし、ストーリー展開が従来の作品と大きく異なっていて興味をひく。ゲームボーイ版では、シリーズではじめてハイラルを飛び出し、舞台は南の小さな島。主人公はもちろんリンクだが、ゼルダ姫を助けるために冒険するワケでも、ガノンと対決するワケでもない。ガノンとの戦いのあと、リンクの乗った船が沈没し、この島に打ち上げられたという設定なのだ。剣をなくしたことに気付いたリンクは、とりあえず島を冒険することに……。

“夢”がキーワードとなった物語は、せつなくて涙をさそう内容。だが、つりぼりゲームやマリオ(?)の登場など、コミカルでとびっきり明るい面も併せ持っている。



全国のユーザーが熱中、リアルタイム衛星放送バージョン!!


『ゼルダの伝説』戦うリンク
『ゼルダの伝説』
サテラビュー用
1995年放送


サテラビューは、衛星放送でスーパーファミコン用ゲームを受信して楽しむシステムだ。新作のお試し版や『平成 新・鬼ヶ島』に代表されるオリジナル作品など、バラエティに富んだタイトルが受信可能で、『ゼルダの伝説』もそのひとつだった。

基本的にはシリーズ1作目。しかし、衛星放送を利用してのイベントは、独特のものだ。全ユーザーが午後6時にチャンネルを合わせ、リアルタイムで送られてくるデータと音声番組とを受信してゲームを進める。番組ではドラマが放送され、その内容にあわせて“6時12分に妖精が現われるので○×へ向かえ”というような展開になったりする。全国で同時に何人ものユーザーがイベントに参加しているという、連帯感がたまらなかった。

最終的には、制限時間内に迷宮をどこまでクリアできたかを競う。プレイヤーは進行状況を表わすパスワードを取って応募、成績優秀者には賞品が贈られた。



Page-1 1986年『ゼルダの伝説』ディスクシステム、ファミコン用
Page-2 1987年『リンクの冒険』ディスクシステム用
1991年『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』スーパーファミコン用
Page-3 1993年『ゼルダの伝説 夢をみる島』ゲームボーイ用
1995年『ゼルダの伝説』サテラビュー用






  歴代のゼルダIndexへ戻る  
前のページへ戻る   次のページへ進む