ニンテンドー3DSの「保護者による使用制限機能」について

HOMEサポート情報 トップニンテンドー3DSの「保護者による使用制限機能」について

保護者による使用制限

お子様がプレイされる際にお伝えしたいこと。

「保護者による使用制限」とは、お子様によるゲームの使用やニンテンドーeショップでの購入を制限したり、一部の機能(Miiverseなど)の使用を制限したりすることができる機能です。「保護者による使用制限」にはWii Uの機能に関する制限と、Wiiの機能に関する制限の2種類があります。

「保護者による使用制限」のご紹介

ニンテンドー3DSは、ゲームを楽しんでいただくだけでなく、インターネットに接続してソフトをダウンロード購入したり、他のユーザーとコミュニケーションをとることができるなど、多様な機能・サービスをご用意しております。
「保護者による使用制限機能」を利用することで、保護者の方はお子様にこれらの機能の使用を制限することが可能です。

画面写真 1

「HOMEメニュー」から本体設定を選択します。

画面写真 2

「保護者による使用制限」を選択し、画面の案内に従って進みます。

画面写真 2

設定を変更したい項目を選択します。(制限されている項目には鍵マークがついています。)

※1台の本体に、1人のお子様の使用制限ができます。複数のお子様の使用を制限したい場合は、最も低い年齢のお子様にあわせて設定してください。

保護者による使用制限機能で制限できること

年齢制限

CEROの年齢区分に基づき、3DSソフトやDSiソフトの使用を制限します。

※3DSソフトのダウンロードプレイでダウンロードしたソフトも制限されます。

※DSソフトやDSダウンロードプレイでダウンロードしたソフトは、年齢区分に基づいた使用制限は働きません。

インターネットブラウザーの使用

インターネットブラウザーの使用を制限し、ホームページを見ることができないようにします。

※インターネットブラウザーの使用自体を制限するほかに、デジタルアーツ株式会社が提供するフィルタリングサービス『i-フィルターforニンテンドー3DS』を無料でご利用のうえ、インターネットブラウザーを使用していただくこともできます。このサービスをご利用いただくには、インターネットブラウザを起動して「お気に入り」から「子供を守るi-フィルター」をご覧ください。くわしくは「i-フィルター」のホームページをご覧ください。

※Newニンテンドー3DS、Newニンテンドー3DS LLでは、インターネットブラウザーのフィルタリング機能が最初から有効になっています。解除方法はこちらをご覧ください。

ニンテンドーeショップ等での商品やサービスの購入

ニンテンドーeショップなどでのクレジットカード・交通系電子マネーの使用や、商品・サービスの購入などを制限します。

※交通系電子マネーはNewニンテンドー3DS、Newニンテンドー3DS LLでのみご使用いただけます。

3D映像の表示

3D映像の表示を制限します。すべての映像が2D表示になります。

Miiverseの使用

ほかのユーザーとの不適切なコンテンツのやりとりや、嫌がらせを防ぐため、Miiverseの閲覧や投稿を制限します。

※Miiverseはニンテンドー3DS LL/3DS以外にも、スマートフォンやパソコンなどのインターネットブラウザー、Wii Uからも利用することができますが、この項目で制限できるのは3DSからの利用のみです。
Wii Uからの利用を制限する方法はこちら
スマートフォン、パソコンなどからの利用を制限する方法はこちら

写真や画像・音声・動画・長文テキストの送受信

写真や画像・音声・動画・長文テキストなど、個人情報を含む可能性のあるデータを、無線通信で送受信することを制限します。

※DSソフトには使用制限が働きません。

他のユーザーとの
インターネット通信

インターネットに接続して他の本体と通信することを制限します。

※DSソフトには使用制限が働きません。

他のユーザーとの
すれちがい通信

すれちがい通信で3DS LL/3DS本体と通信することを制限します。

※DSソフトには使用制限が働きません。

フレンドの登録

フレンドリストにフレンドを新しく登録することを制限します。

DSダウンロードプレイの使用

DSダウンロードプレイの使用を制限します。

配信動画の視聴

配信動画の視聴を制限します(全年齢対象以外の動画は視聴できなくなります)。

※ニンテンドーeショップの動画には使用制限が働きません。

※配信動画再生ソフトによっては、そのソフトの使用自体が制限されるものもあります。