サポート

SUPPORT

Wii Uの本体や、Wii U GamePad、インターネット接続方法などに関するサポート情報です。

「サポート」トップページへ

WiiUの本体更新について ネットワークダウンロードによる本体更新についてご案内します。

弊社製品をより快適にご使用いただくために、日々、機能やサービスの向上に努めており、その取組みの一環として、Wii Uではネットワークダウンロードによる本体の更新を実施しております。

Wii U本体のシステムバージョンは、「本体設定」画面の右上に記載されています。最新のバージョンに更新してご使用いただきますようお願いします。

本体の更新は、Wii U本体をインターネットに接続して、「本体設定」→「本体の更新」で行えます。

現在、ネットワークダウンロードによりご利用いただける最新のバージョンは「5.2.0J」(2014/9/30配信)です。

5.2.0Jへの更新による主な変更点

  • 「Wii Uメニュー」の更新

    • - Wii Uメニューにフォルダーを作成して、複数のアイコンをまとめて管理できる、フォルダー機能を追加しました。

    • - Wii Uメニューから「ダウンロード管理」を起動できるようにしました。

  • 「クイックスタート画面」の更新

    • - Wii U GamePadの「TVコントロールボタン」からWii Uを起動したときにもクイックスタート画面を表示するようにしました。

    • - 「本体設定」の「電源の設定」から、クイックスタート画面に表示しないソフトを設定できるようにしました。(一部のソフトのみ)

  • 「HOMEボタンメニュー」の更新

    • - HOMEボタンメニューのデザイン・レイアウトを変更しました。

  • 「ニンテンドーeショップ」の更新

    • - ダウンロード番号やニンテンドープリペイド番号を入力するときに、使用しない文字(O, I, Z など)を入力できないようにしました。

  • システムの安定性や利便性の向上

    • - より快適にお楽しみいただけるよう、システムの安定性や利便性を向上しました。

これ以前の更新によって追加・修正される機能については、Wii Uのシステムバージョン変更履歴をご覧ください。

本体更新時のご注意

本体の更新は、Wii U本体が正常な状態で行ってください。

  • Wii U本体を改造したり、任天堂がサポートしていない周辺機器やソフトウェアを使用したりすると、本体の更新でWii U本体が動作しなくなるおそれがあります。
  • 通常の使用方法以外の方法で作成されたセーブデータや、任天堂がサポートしていないデータなどがWii U本体内にある場合は、故障の原因となるだけでなく、安心してご使用いただけなくなるおそれがあるため、そのようなデータなどが自動的に除去される場合があります。

上記のような異常な状態で本体を更新した場合は、動作を保証いたしません。また、修理や保証の対象外となります。

また、海外で購入されたWii U本体は、日本国内専用と記載されていても改造されている可能性があります。このようなWii U本体で本体更新を行った場合、正常に動作しなくなるおそれがありますのでご注意ください。