CSRレポート > Q&A > 取引先との関わりについて

CSRレポート

Q&A

取引先との関わりについて

任天堂の取引先に対する考えかたは?

 より良い商品やサービスをお客様に提供できるよう、生産パートナーや開発パートナー、流通パートナーなどの取引先の皆様との関係を大切にし、信頼関係の構築に努めています。

質問一覧にもどる

「ファブレス」型の生産体制とは?

 自社で原材料や部品の加工をしたり、製品を組み立てたりする設備を持たず、外部の生産パートナーに製品生産に関わる業務を委託する事業形態をいい、任天堂はこの「ファブレス」型の生産体制をとっています。
 任天堂の製造部門の担当者は、外部の生産パートナーの工場に行き、直接生産工程などの確認や改善指導を行うことで安全性の確保と品質の向上に努めています。

質問一覧にもどる

CSR調達とは?

 環境への配慮・安全性を部材の調達基準とするグリーン調達の考えに加え、生産パートナーのCSRへの取り組み状況(法令遵守や人権の尊重、紛争鉱物への対応など)も取引基準とすることで、生産パートナーにおけるCSRの推進を促す取り組みをいいます。

質問一覧にもどる

生産パートナーのCSRへの取り組み状況は、どのような方法で確認していますか?

 すべての一次取引先に対して、人権や持続可能性、倫理的調達などの遵守いただきたい事項を具体的にまとめた「任天堂CSR調達ガイドライン」を周知しており、同意をいただいています。また、経営状況とあわせてCSRに関する活動状況について「取引先実態調査表」による報告を年1回お願いしています。

 さらにこの調査表に基づき、任天堂の担当者が生産パートナーを訪問し、ガイドラインの遵守状況を確認する実地調査を行い、生産パートナーのCSRへの取り組み状況の把握に努めています。

 2013年度からは、より透明性を高めるため、任天堂が行う実地調査に加え独立した生産パートナーに対する第三者監査も実施し、ガイドラインの遵守状況の確認を行っています。

質問一覧にもどる

任天堂は、紛争鉱物についてどのような方針で対応を行っていますか?

任天堂の紛争鉱物対応方針
任天堂は、コンゴ民主共和国および周辺諸国で採掘され、かつ、人権侵害や環境破壊、非人道的な武力行為に関わる組織の資金源となっている紛争鉱物(スズ・タンタル・タングステン・金)について、社会的責任の観点から、当社製品には使用しないことを基本方針とし、生産パートナーの協力のもと、次の取り組みを行っていきます。

  1. 当社製品に含まれる鉱物のサプライチェーンの把握に努めます。
  2. 「任天堂CSR 調達ガイドライン」やその他の機会を通じて、生産パートナーの皆様に任天堂の対応方針について周知を図るととともに、これに従った取引をお願いします。
  3. 生産パートナーに対しても、紛争鉱物を使用しないという方針を策定するよう求めていきます。
  4. 今後、EICC‐GeSIが取り組んでいるCFS認証プログラムやその他のプログラムにより、紛争鉱物を完全に排除する調達方法が確立された場合には、生産パートナーとともに積極的に採用していきます。

※ 2017年10月、EICCはResponsible Business Alliance(RBA)に、CFSIは Responsible Minerals Initiative(RMI)、Conflict-Free Smelter(CFS)プログラムはResponsible Minerals Assurance Process(RMAP)に名称が変更されました。

紛争鉱物に関するその他の取り組みについては、以下のURLをご覧ください。
生産パートナーとともに
https://www.nintendo.co.jp/csr/report2018/partners/index.html#production

質問一覧にもどる

CSRレポート
このページの一番上へ