CSRレポート > 2016年アーカイブ > CSRの推進

CSRレポート

CSR Promotion

目指す姿を明確に描き、段階的にCSR活動を推進します。

「任天堂に関わるすべての人を笑顔にする」ためには、
目指す姿を描くと同時に、道しるべとなる到達点を設定し、
そこに向かって着実に歩みを進めていくことが重要だと考え、
CSR活動について中期的な目標を新たに策定しました。

重点項目を特定し、段階的にCSR活動を推進。

 任天堂では、「関わるすべての人を笑顔にする」ために任天堂らしいCSR活動とは何かを考え、さまざまな取り組みを進めてきました。2015年度は限りある資源を有効に使い、さらに成果の高い取り組みを進めていくため、社会からの要請や事業の特性、社内外の意見などを踏まえ、取り組むべき重点項目を特定しました。
 また、目指す姿を描き、そこに向かって一歩ずつ着実にCSR活動を推進していくため、3年ごとの段階的な目標を定めました。

CSR推進中期計画(年度)

  • PHASE1 2015〜2017
  • PHASE2 2018〜2020
  • PHASE3 2021〜

重点項目の特定

任天堂のCSR活動

  • ゲームの新たな可能性の追求
  • 安全性と品質の向上
  • ソフトウェアやサービス開発時における配慮
  • わかりやすさ・使いやすさの追求
  • お客様サポート

  • CSRマネジメント
  • コーポレート・ガバナンス
  • コンプライアンス
  • リスクマネジメント
  • 知的財産の活用と保護
  • 情報開示

  • 社員とともに成長するために
  • 多様性のある職場の実現
  • 安全で健康に働ける職場づくり

  • 生産パートナーとともに
  • 開発パートナーとともに
  • 流通パートナーとともに

  • 環境マネジメントシステム
  • 商品における環境配慮
  • 事業活動における環境配慮

地域社会

  • 任天堂らしい社会貢献

評価

重点項目は、今まで実施してきた活動について以下の項目を基準に評価し、特に注力する必要がある活動や、任天堂の強みが最大限に活かせる活動を特定しました。

社会からの要請

サプライチェーンを含む人権への配慮や紛争鉱物への対応など、社会の関心が高く、また重要性の高い課題に取り組んでいきます。

取り組みの自己評価(社員アンケートの実施 等)

2014年度に、任天堂グループの主要な事業所の社員を対象に、CSR活動に関するアンケートを実施しました。その結果、CSR推進体制の強化や社内浸透が必要だと判断しました。

外部専門家のアドバイス

外部の専門家から、任天堂の強みが活かせる分野や、取り組みの強化が必要な分野についてアドバイスを受けています。

重点項目

ゲームの新たな可能性の追求

ゲームを通じて新しいコミュニケーションが生まれるといった、ゲームが社会に対して与えられる良い影響を、商品を通じて感じていただきたいと考えています。任天堂の商品と接することで笑顔が増えた、生活が充実したというお客様を一人でも増やしたいと思っています。

生産パートナーとともに

CSR調達(紛争鉱物への対応を含む)

サプライチェーン全体でCSR活動を進めていくことは、生産現場で働く人の労働環境が向上するだけではなく、高品質な製品の生産につながり、最終的にお客様の笑顔につながっていきます。相互理解とコミュニケーションを重視し、生産パートナーと協働していきます。

CSRマネジメント

CSR推進体制の強化

PDCAサイクルに基づいて自分たちの取り組みを定期的に見直し、将来起こりうる課題に早くから気づき、対応できる組織を目指します。

コミュニケーションの充実

関わるすべての人に任天堂の想いを理解していただけるよう努めます。また、社会が任天堂に期待することをしっかりと受け止めます。

多様性のある職場の実現

人権、多様性の尊重、女性活躍推進

任天堂には、さまざまな文化的背景を持つ社員が集い、関わる人を笑顔にするために働いています。任天堂の競争力の源泉である社員が働きやすい環境を整えていくとともに、グローバル企業として適切な人権意識を確立していくことが大切だと考えています。

このページの一番上へ