CSRレポート > CSRレポート2017 - 社員のちからを活かすために

CSRレポート

社員のちからを活かすために / 社員一人ひとりが個々の強みを活かし最大限に能力を発揮できる環境づくりを進めています。

社員のちからを活かすために

社員一人ひとりが個々の強みを活かし最大限に能力を発揮できる環境づくりを進めています。

社員とともに成長するために

社員とともに成長するために

 任天堂の競争力の源泉は、社員一人ひとりの力です。社員の能力を最大限に引き出し活かすことが、長期的に会社の総合力を高め、ひいては任天堂で働く一人ひとりの意欲の向上にもつながると考えています。

社員に求める人材像

 世界中の人々を笑顔にする商品を提供し続けるために、任天堂は「社員に求める人材像」を定めています。
 また、任天堂(株)は、任天堂がこれまで大切に受け継いできた「任天堂DNA」と、一般的な社会人として守るべき「行動規範」の双方に基づき編集した「社員心得」を全社員に配付して行動の指針にしています。
 海外の子会社においても、各社のトップが方針を共有したうえで、それぞれの文化に合わせた「Code of Conduct」を作成し、社員への啓発を行っています。

人材の育成

 激しい環境の変化に対応し、常に新しい驚きを提供し続けていくことは、決して容易なことではありません。これからも、いまだかつてない楽しさを実現し続けるために、任天堂(株)では、「主体的に当事者として行動する」「柔軟に変化に対応しながら挑戦し続ける」人材の育成を図っています。
 新入社員研修をはじめとする社内の階層別研修、各部署における実務を重視した教育はもちろん、必要に応じて外部セミナーの受講機会を設けています。
 また、任天堂(株)は、会社の成長と個人の成長の両方がよい循環になっている組織を目指しています。一年に一度、仕事経験を振り返り、あらためて自分の強みや課題を分析して、これからどのように自分の力を伸ばし、能力を発揮していけばいいのかを考える機会を設け、長期的な能力開発に役立てています。
 海外においても同様に目的に沿った研修の充実を図っています。たとえば欧州の子会社では、複数の言語を母国語とする社員が一緒に働いているため、共通言語として使用する英語の研修を充実させるなど、社員が不自由なくコミュニケーションを図れるようサポートしています。

任天堂DNA

社員に求める人材像

能力開発のための人事評価制度

 任天堂(株)は、年2回の人事評価を絶好の能力開発の機会と考え活用しています。求める人材像へ導くために設定した独自の評価項目を社員に対して公開することによって、能力開発の方向性を示しています。
 社員は、上司から評価を受ける前に自らの仕事の取り組み方や課題の達成度を具体的に考えて自己評価を行い、この自己評価と上司からフィードバックされる評価結果とのギャップなどを理解することで、能力開発につなげることができます。
 また、評価の機会を活用し会社への提案を行うことができる仕組みを設けており、提案することを通じた当事者意識の醸成、提案力の向上を目指しています。任天堂(株)が行う改善施策の中には、こうした取り組みから得た社員の意見が積極的に取り入れられているものもあります。

多様性のある職場の実現

多様性のある職場の実現

多様な個性の尊重と機会均等

 お客様の趣味・嗜好の多様化が進む娯楽の世界にあって、多様な人材の活用は会社の総合力を高めるために欠かせません。任天堂(株)は、今後ますます多種多様な社員の能力が必要になると考え、各人が持つ個性や強みを尊重し活かしていくよう努めています。また、人権を尊重し、社員の性別、年齢、国籍、障がいの有無、性的指向、性自認などに関係なく、発揮された能力によって公正な評価・処遇を実施し、能力発揮をサポートしています。

社員数の推移

2016年度男女別構成比

人権の尊重に関する考え方
  1. 人を、人種、民族、国籍、思想、宗教、信条、出身、社会的身分、社会的地位、職業、性別、年齢、障がいの有無、性的指向、性自認などにより差別してはなりません。
  2. 社内および任天堂グループ内はもちろんのこと、取引先、協力企業、ライセンシー、ユーザー等を上記のような事由により差別してはなりません。
  3. 人権尊重の視点から、差別的な表現を用いることはもちろん、受け取る側に嫌悪感や不快感を与える表現や言動を行ってはなりません。
  4. 海外においても、その国の文化や慣習を十分に理解するように努め、差別や差別につながる行為、文化・慣習から見て不適当な行為は行ってはなりません。
  5. 国際的な人権に関わる法令や基準、ガイドラインに準拠し、児童労働や強制労働などの違法な人権侵害行為が、サプライチェーンを含む事業活動において発生しないよう努めなければなりません。

任天堂オーストラリア

多様性について理解するためのイベントを実施

多様性について理解するためのイベントを実施  任天堂オーストラリアでは、さまざまな文化的背景を持った従業員が集い仕事をしています。お互いの文化の違いについて理解をより深めるために、2年前からCSR推進委員会が中心となり、多様性に関するイベントを実施しています。2016年度には、それぞれの文化の食事やゲームを持ち寄り、食事とゲームを楽しみながら話し合う「Diversity Food Event」を開催しました。参加者はそれぞれの伝統的な衣装を着て16の違う地域の料理を食べながらお互いの文化について話し合いました。
 このイベントは社員に好評で、任天堂オーストラリアはほかにも多様性に関する取り組みを計画していく予定です。

任天堂の女性活躍推進に関する考え方

 任天堂の人材活用方針は、性別などに関係なく、発揮された能力に基づいて人材の登用を進めていくことです。一方で、「女性の活躍推進」が会社の競争力を高めるひとつの重要な施策であることや、一般的に女性が少ないといわれるソフトウェア業界に属する特性を踏まえ、女性社員が十分に能力発揮できる環境を整えていく重要性を認識し、各国の事情にあわせた制度の整備などの取り組みを行っています。
 なお、2016年4月に施行された、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づき、任天堂(株)では、採用および登用に占める女性割合を過去の5年間累計(2012年度〜2016年度、約20%)から2017年度からの5年間累計で5%アップさせる予定です。これまでも子どもが小学3年生終了まで育児に関しての勤務時間短縮を認めていましたが、さらに制度を使いやすくするために個々の養育事情に合わせて柔軟に時間短縮の取得時間を変更できるよう制度を改訂しました。

社員の声

柏木 佳奈

任天堂(株)

開発総務部

柏木 佳奈

社員の笑顔のために

 入社後、最初に配属された任天堂(株)の国内営業拠点で、総務・経理・営業などを担当し、その後資材購入部門に異動しました。そして2度の出産・育休を経て、今は開発拠点である本社開発棟の総務担当部門に所属しています。

 現在、開発部門の勤怠管理や開発棟の食堂などの運営業務を行いながら、仕事・育児の両立を支援する仕組みづくりを担当しています。仕事・育児の両立支援については、2人の子どもを持ち、育児に関しての勤務時間短縮の制度を取得している自身の経験を活かし、同じ目線・立場でより育児をしながら働きやすい環境を作ることができたらと思い日々取り組んでいます。

 また、仕事と育児の両立のためには、仕事への取り組み方も重要だと感じています。子どもの体調不良により急な休みを取ることがあるため、周囲の仲間と日頃から積極的にコミュニケーションを図り、情報を共有して、業務を滞らせないよう心がけています。
 自分が今こうして育児をしながら働けるのも、自分を成長させてくれる上司、共に仕事を進め、フォローしてくれる仲間がいるからこそだと感謝しています。社員の笑顔の先にはお客様の笑顔がつながっていると信じています。職場の環境整備を担う部門の一人として、社員が笑顔になるような仕事をしていきたいと思います。

高年齢者の安定雇用

 任天堂(株)は定年を65歳としており、高年齢者の安定雇用の確保に努めています。また、将来のキャリアや退職後の生活設計について考える機会として、専門の講師を招いて定期的にセカンドキャリアやライフプランに関する研修を開催しています。
 なお海外の子会社は、慣習の違いから定年制度を導入していません。

社員の状況

ハラスメントの防止

 任天堂(株)は、「コンプライアンス・マニュアル」および全社員に配付している「社員心得」において、セクシュアルハラスメントをはじめとするハラスメント行為の禁止を明言し、具体的な事例や各職場での注意点を示しています。また、社員からハラスメント行為についての相談を受けつける『ハラスメントに関する相談窓口』を設け、適切に対処できる体制を整えています。セクシュアルハラスメントに限らず、職場でのハラスメントの防止に重点し、管理監督者の立場である役職者を対象とした「ハラスメント研修」を実施しています。
 海外の子会社においても同様に「Code of Conduct」でハラスメント行為の禁止を明言しています。

ハラスメント研修の様子

ハラスメント研修の様子

仕事と家庭の調和(ワークライフバランス)

 任天堂では、社員が仕事と個人の生活とのバランスをうまく取ることができるように、制度の充実や利用促進などに努め、社員が最大限に能力を発揮できる環境を提供する努力をしています。
 任天堂(株)は、子育て支援に積極的な企業・団体に対し厚生労働省から交付される「次世代認定マーク(くるみんマーク)」を2度取得しており、子育て支援のための制度の充実に努めています。また、任天堂(株)ではより働きやすい環境を選択できる人事制度を導入しており個人の仕事に対する価値観やライフスタイルにあわせて総合職コース・一般職コースを選択できます。一般職コースは勤務地域を限定した採用のため転居を伴う転勤がなく、総合職コースに比べ育児休暇を長く取得することができるなど、より仕事と家庭のバランスをとりながら能力発揮できるコースです。海外子会社も、働きやすい職場環境のため、制度の充実に努めています。海外子会社の取り組みについては、「任天堂のCSRに関するQ&A:社員との関わりについて」をご覧ください。

くるみんマーク

くるみんマーク

仕事と家庭の調和を支援する法定を越えるの制度の一例 (任天堂(株))

制度の利用状況(任天堂(株))

安全で健康に働ける職場づくり

安全で健康に働ける職場づくり

 任天堂は社員がいきいきと働き、能力を発揮し続けるためには、心身の健康維持が不可欠だと考え、業務内容や地域の特性に合った施策を実行しています。

職場の安全衛生の確保

 任天堂(株)の衛生委員会(本社および支店)、安全衛生委員会(工場)では、毎年、選任された委員が積極的に活動を行っています。委員は、定期的な社内巡視のほか、健康診断結果の改善を目指す取り組みを通じて、社員に対する啓発などを行っています。
 また、各委員会は、救命講習や防災体験講習の受講や、労働安全衛生に関する情報を部内展開することなどにより、全社的な意識の向上に努めています。
 海外の子会社も、職場環境向上のため労働安全衛生に関わる法令の遵守状況について内部監査を実施するなど、職場の安全衛生の維持に努めています。

心身の健康維持

 任天堂(株)では、心身の不調を予防するためのサポートを充実させています。たとえば、社員一人ひとりが主体的に健康を維持していくことを支援するために、産業医・保健師による「健康相談室」を開設し、誰でも自由に心身の悩みや気がかりな点を相談できるようにしています。
 心の問題に対しては、産業医らによる面談のほか、「セルフケアの支援」「個々の社員をサポートする上司に対する研修・教育」を柱とするメンタルヘルス支援体制を導入し、予防・早期発見に努めています。
 また、予防的な健康管理の強化を活動の柱の一つとし、生活習慣病予防健診等の受診率向上に向けた取り組みを継続的に実施しています。2013年度からは、自身のライフスタイルの見直しを促すため、毎年9月に実施する定期健康診断の結果に生活習慣病の予防に役立つ資料を同封したほか、婦人科検診(乳がん・子宮がん検診)の受診率向上のため、婦人科検診で高い実績をもつ病院と法人契約を行い、時期や年齢に関わらず、優待価格で検診が受けられる施策を行っています。
 海外の子会社においても、社員の健康維持をサポートするさまざまな施策を行っています。

任天堂(株)が実施している健康施策の一例
長時間労働者に対する面談の実施
 長時間労働による健康障がい防止のために、希望者に加え、時間外労働が一定時間を超える社員全員に対し、産業医が面談を行う運用としています。産業医は、社員の健康障がい防止のために、本人および会社に対して適切な助言指導を行っています。
婦人科検診受診率向上に向けた取り組み
 婦人科検診で高い実績をもつ病院と法人契約を行い、時期や年齢に関わらず、優待価格で検診が受けられるようにしています。
メンタルヘルスケア
 休職中の社員に対しては、産業医が定期的に面談を実施しています。また、復職1か月前には、通勤訓練や生活リズムの記録など、社員がスムーズに復職できるようなサポートも行っています。さらに、復職後にも、産業医による定期的な面談を行うことによるフォローや、時間短縮勤務制度などを設けています。
 また、ストレスチェック(こころの健康診断)を導入しており、社員のこころの健康状態を振り返る機会を設けています。結果に応じて、産業医もしくは提携している外部業者のカウンセラーとの面談を実施し、早期フォローに努めています。
インフルエンザや感染症に対する予防
 インフルエンザなどの感染症に関する情報を社内イントラネット上で案内し、社員の認識を高めるとともに、警戒レベルに合わせて対策を周知しています。
 また、海外渡航者に対しては、渡航先における衛生情報の提供を行っています。海外赴任者に対しては赴任前後に家族も含めて健康診断や感染症の予防接種を行っています。

米国任天堂

社員の健康維持のために

社員の健康維持のために
社員の健康維持のために

 米国任天堂のウェルネス委員会は、社員の健康維持に役立つ情報提供やイベントの企画・実施を行う組織で、社員の健康へのさらなる意識向上を目指し、毎年さまざまなイベントを開催しています。たとえば米国では社員の健康診断は企業の法的義務とされていませんが、米国任天堂は、2006年より毎年実施しており、多くの社員が自身の健康状態の確認にこの機会を役立てています。
 また、2016年度は「Fall Into Fitness Challenge」を実施しました。社員はチームに分かれて、歩数を競い、優勝したチームには賞品を出しました。結果、224名が参加し、4週間で平均32万歩のチームが優勝しました。また、年末年始の体重増加を止める取り組みを6週間にわたり実施し、96%の社員が体重を維持するか減らすことに成功しました。そのほか健康促進プログラムを2015年10月から開始し、現在、社員の約半数がこの取り組みに参加しています。これは、楽しみながら日常で運動する機会を増やしていくことを目指す取り組みで、参加を表明した社員は一日の移動距離や歩数、消費カロリー、睡眠などが確認できる機器の支給を受けることができます。スマートデバイスなどで提供されるさまざまなエクササイズ課題をほかの社員と楽しく競いながら取り組めるようになっています。
 ほかにも、継続的に参加者を募り、マラソンやウォーキング、サイクリングなど、さまざまなイベントに参加しています。

任天堂イベリカ(スペイン)

健康維持を目指した食生活の改善のための取り組み

 任天堂イベリカのCSR委員会は、社員を健康に保つための取り組みに専念しました。たとえば、2016年10月からオフィスの中でビスケットやパン、バターなどの代わりの食べ物として果物を用意することで、ヘルシーな食生活を目指しました。
 各月の最初の金曜日は、10sの季節の果物をオフィスに用意しています。この取り組みは好評で、今後もCSR委員会が食生活の意識を高めるための取り組みを継続的に実施する予定です。

このページの一番上へ