CSRレポート > CSRレポート2017 - 社長メッセージ

CSRレポート

「任天堂に関わるすべての人を笑顔にする」ため任天堂は変化を恐れず挑戦し続けます

社長メッセージ

「任天堂に関わるすべての人を笑顔にする」ため任天堂は変化を恐れず挑戦し続けます

大切にすべきものは守り、変えるべきものは伝統にとらわれずに変えていく―
任天堂は、「任天堂に関わるすべての人を笑顔にする」というCSR方針のもと、
常に新たな驚きを生み出すための挑戦を続けます。

任天堂株式会社 代表取締役社長 君島 達己任天堂株式会社 代表取締役社長 君島 達己

さらなる「驚き」と「笑顔」を届けるため、ゲームの新たな可能性を追求していきます

 任天堂はこれまで、「任天堂に関わるすべての人を笑顔にする」ために新鮮で楽しい「驚き」をお届けしてきました。今後もこの方針に変わりはなく、誰も経験したことのない新しい娯楽体験を世の中に提案していきたいと考えています。

 2017年3月には、家庭用据置型ゲーム機でありながら持ち出して遊ぶことのできる「Nintendo Switch」を発売しました。任天堂のゲームを楽しんでいただいている皆様にこれまでになかったプレイスタイルとゲームコンテンツを提供しながら、ビデオゲームに触れたことのない方でもすぐに楽しめるアイデアを盛り込みました。たとえば、ゲーム機本体と同時発売の『1-2-Switch(ワンツースイッチ)』というNintendo Switch専用ソフトでは、2人のプレイヤーがゲーム画面ではなくお互いの目と目を見つめ合って遊ぶことができます。相手が何を考えているのか表情や仕草から読み取り、そこから新たなコミュニケーションが生まれるという点は、もともと任天堂がつくってきた花札やトランプに通じるところがあり、今までとはまったく違うゲームでありながら、これまでと変わらない任天堂の強みを活かすことができたと考えています。

 新たな驚きを生み出す努力はNintendo Switchだけではなく、ニンテンドー3DS向けソフトやスマートデバイス向けアプリに対しても継続的に行っています。また、任天堂の基本戦略である「任天堂IP( 知的財産)に触れる人口を拡大する」施策の一環として、ゲーム開発以外の分野でも他社様とさまざまなコラボレーションを行うことにより、笑顔の輪を拡げていきます。

関わる人と一緒に考え、推進していくCSR

 任天堂は「任天堂に関わるすべての人を笑顔にする」ため、あらゆるステークホルダーへの配慮に、おもてなしの精神をもって取り組んでいます。

 たとえばお子さまのゲームプレイ状況を、Nintendo Switchと連動してスマートデバイスから簡単にみまもることができる無料アプリ『Nintendo みまもり Switch』を開発しました。お子さまの年齢に応じてソフトの機能やSNSへの投稿などを簡単に制限できるだけでなく、お子さまと約束した時間がくればアラームでお知らせする機能や、お子さまがどんなゲームをプレイしたかが一目でわかるレポート機能など、保護者の方とお子さまが一緒に考えてゲームをお楽しみいただくためのアプリとなっています。

 また、Nintendo Switchでは低消費電力を実現しながらもパフォーマンスを高くする「ハイパフォーマンス・ローパワー」にもこだわり、性能を技術的に向上させる一方で、地球環境にできるだけ負荷をかけないようにしました。環境配慮という意味では、商品の梱包方法の見直しや取り扱い方法をオンラインユーザーサポートサイトで説明するなどの改善を重ねることにより、資源の節約にも努めています。

 任天堂では、高品質で安全な製品を世の中に送り出すため、生産パートナーと密に連携しながら、CSR調達をCSRにおける重点項目のひとつと位置づけ、2007年度から取り組みを継続しています。現地に赴き、状況や課題を見極めつつ、生産パートナーと相談しながらお互いの強みを向上させるために何が必要かを一緒に考えることが、今回の製品づくりにも良い結果をもたらしていると信じています。

 そして、新しい発想、イノベーションを生み出すためには、多様性のある職場において一緒に考えることが非常に重要な要素だと考えています。もちろん、多様性といっても国や地域によって状況や課題となっていることが異なりますので、任天堂では、それぞれの地域の責任者が正しく課題を理解し、主体的に取り組むことを基本的な方針としており、常に最適な解決策を見つけ出せるよう努力しています。

価値創造の源泉は社員一人ひとりに宿る「任天堂DNA」

 競争や変化が激しいゲーム業界において、任天堂の価値創造の源泉は社員一人ひとりが培ってきた「独創性」「柔軟性」「誠実さ」という3つの「任天堂DNA」です。任天堂がこれまでにない娯楽を提案し続けるには、「任天堂DNA」に基づく強みを活かしていくことが不可欠だと考えています。そのためには、失敗を恐れずにチャレンジする人を応援し、自主性を持って業務を遂行してもらうなどの攻めの体制も必要です。Nintendo Switchについても、これまでソフトの開発を担当していた社員をハード開発責任者に抜擢するなど、過去の新ハード開発時とは異なる社内体制をとりました。新しいものを生み出すためにそうすることが必要だと判断したときには、前例にこだわらない社内施策を実行することも大切だと考えています。

 「任天堂DNA」を宿した社員が挑戦し続けられる体制の構築を常に意識しながら、これからも新たな娯楽の可能性を追求していきます。

このページの一番上へ