ソフト紹介(メーカーより)

『3450アルゴ』は、フィールズ賞を受賞した広中平祐氏が会長を務める算数オリンピック委員会、東京大学算数研究会、数学者ピーター・フランクル氏の三者が共同で考案した、楽しみながら、集中力・記憶力・論理思考力を鍛える数理カードゲームです。

カードは0〜11までの数が書かれた黒と白の合計24枚を使います。基本ルールは、向かって左に小さい数のカード、右に大きい数のカードを並べる(同数の場合は黒が小さい)という簡単なものです。ゲームの目的は、ルール通りに並んだカードの開いているカード情報をもとに、伏せてあるカードの数を推理し当てることで得点を競います。

3種類のモード
(1)コンピューターと対戦する「たいせんアルゴ」
(2)アルゴカードを使ったパズル「パズルアルゴ」
(3)240問の問題を解いてゆく「つめアルゴ」
が楽しめます。

隠れた数を推理する、思考力のトレーニングをお楽しみください。

タイトル画面

ソフト情報

メーカー

:コモリンク

配信開始日

:2011年3月16日(水)

DSiポイント

:500ポイント

ジャンル

:エデュテインメント

プレイ人数

:1人

必要ブロック数

:51ブロック

CERO-A:全年齢対象

画面写真
ゲーム画面ゲーム画面ゲーム画面ゲーム画面
©2011 算数オリンピック委員会
©2011 COMOLINK, INC.