出張スマブラ拳!!スペースワールド'99スマブラ大会レポート
27日のレポート
28日| |29日













会場画像9月27日(金)
幕張のお天気は、ちょっとぐずついていた。会場外で並んでいる方がいた場合、ぬれてしまわないかとちょっと心配。

会場の様子:
ステージ下左右にスマブラが8台、左右均等に並んでいました。これに勝ち抜くとステージ上の台、さらに勝ち抜くとさらに上の台に、というふうに進んでいきます。ここでも勝ち抜いた方が、決勝に出場できるというわけです。

コントローラーは、1P赤、2P青、3P黄、4P緑の、スマブラに準拠したカラー。ステージは全体的に、フレームで構成されたようなちょっとスタイリッシュなかんじ。ステージのバックには、12キャラの垂れ幕などがあり、カッコイイ。しびれる。 くわしくは、写真をごらんください。



 
27日午前の部:予選
会場画像10000人勝ち抜きスマブラファイティングバトル

予選は、1回あたりの大会が2048人参加で、3回戦をへて32人にまでしぼられます。スマブラは、4人対戦。つまり、1回勝ち抜くだけでも確率は4分の1しかない!弱肉強食。焼肉定食。

実際にスマブラ大会が開催されると、並ぶ方はうなぎのぼりに増えていき、スペースワールド上でもっとも人口密度が多くなりました。関係者談:「こんなに盛況になるとは思わなかった」えぇ、スマブラはよくそんなことを言われるのですよ。全般的に。

またたくまに長蛇の列になったスマブラ大会。だけど、会場から遠のいたところになってしまうと、会場の裏手(のなにもない)になってしまい、大会の模様すら見えないのでした。しばらくの間がまんして!

客層については、基本的に小、中学ぐらいの男の子が多めで、その中にも高校、大学生、保護者と思われるお母さん世代などがおり、中には年ごろの女の子の姿もまれに見られました。しかし、バトルがはじまると、情け無用!上位であればあるほど、あらゆる戦術を駆使していました。

使用キャラについては、結構全キャラ出ていました。が、その中でもカービィ、ネスあたりが多めだったように思えます。次はファルコン、リンクあたり?かな?ちなみに、プリンは以外に多く、マリオよりも出場率が高かったように思えます。・・・ただ、使用キャラは毎回異なりますし、見ている時間帯によってもちがいますね。使われていないという印象のキャラはあまりありませんでした。

決勝上で、あまりキャラがかたよらない方がいいなぁとは思うのですが、使用率が高まるだけで、決勝出場率も高まりますから、ちょっと不安ではあります。

戦法については、レベルの差が顕著のようです。全般的にうまいことは確かで、ナイスプレイの連続!見ごたえがありました。ただ、同じ最終戦に出場した方でも、結構強さに差がありました。でも、緊張している、ということも影響するでしょうね。こういうアクションゲームだと、ポケモンなど以上に緊張は指にひびきます。 プレッシャーに打ち勝て!なーんて言うのはカンタンですが。

もうある程度になると、
・メテオスマッシュ(真下落とし)はあたりまえ!
・でんこうせっかなどの復帰ワザでガケつかまりをきっちり決める!
・受け身などのシステムは熟知!
・リスクの高いワザはあまり使わない!という感じでした。
ただ、ストロングスタイル、という感じでもなく、積極的に攻撃をしておりました。これはタイム性であることが良い点として出ていると思います。

会場画像記念すべき、最初の3回戦め(決勝出場者選出)のカードは、ドンキー、ネス、ドンキー、ピカチュウの対戦でした。

ドンキーは2人とも空中ジャイアントパンチをねらう!ネスは落ちない範囲で空中PKサンダー!ピカチュウはでんげきなどで翻弄しつつ、空中攻撃をきめる!と、空中における有利さを上手に使おうとしておりました。最後は、サドンデスになった3Pドンキーとピカチュウ。リフティングからの投げが決まり、ドンキー勝利となりました。

決勝戦の模様は、もうすこし対戦内容について細かく書こうと思いますので、おたのしみに。

会場画像で、3回戦出場者には、スマブラ拳ビデオ、勝ち抜き者には、「スマブラブレス」が進呈されました。スマブラ拳ビデオ、あんなもんあげていいのかしら・・・。おチープですよ。ほんとうに。

しかし、大盛況のスマブラ大会の模様をこの目で見れて、本当によかったです。インターネットもそうですが、遊んでもらえる方の模様を、こんなにおおげさな形で直接見ることができるのは、製作者としてかなりしあわせなことではないだろうかと思いました。



 
次のレポートへ
 


ホームページへ リンクなし 出張スマブラ拳のインデックスへ 次のレポートへ OTHERSのページへ