What is FIRE EMBLEM ファイアーエムブレムとは

「はじめに……、暗黒竜と光の剣、そして……、ファイアーエムブレムがあった」

今ではロールプレイングシミュレーションの代名詞的存在となった『ファイアーエムブレム』。その記念すべき第1作目、『ファイアーエムブレム〜暗黒竜と光の剣』のオープニングは、このような言葉から始まります。

ロールプレイングシミュレーション……ロールプレイングゲームのようにキャラクターを育てながらストーリーを進めていくシミュレーションゲーム、一言で言ってしまえばそうなってしまうかも知れません。

しかし、それまでのシミュレーションゲームでは、使い捨ての駒にすぎなかったユニットを、個性あるキャラクターとすることで、『ファイアーエムブレム』は、単なるロールプレイングゲーム+シミュレーションゲームには終わらない、新しい楽しさを生み出しました。

はじめは弱かったキャラクターが、戦いを通して少しずつ成長していく喜び。
ピンチになっても、そのたびに窮地を救ってくれたキャラクターの頼もしさ。
敵だったキャラクターが、味方の説得によって仲間になったときのうれしさ。

これらはみな、「ユニット」=「キャラクター」だからこそできた感情移入の賜物です。そして、それは同時に、「ユニットを失わずにクリアするには?」「ユニットをもっともっと育てるには?」といった、それまでのシミュレーションゲームにはなかった新たな戦略性をもたらすものでもありました。

プレイヤーの愛を注がれたキャラクターたちと、シミュレーションゲームとしての高い戦略性。それらは、中世ファンタジーの世界を舞台とした激しい戦いを描いたストーリーによって彩られ、多くのプレイヤーに楽しんでいただけるゲームになりました。

「はじめに……、暗黒竜と光の剣、そして……、ファイアーエムブレムがあった」

『ファイアーエムブレム』シリーズの物語は、この言葉が表すとおり、「竜」と、「剣」と、そして「炎の紋章」の物語です。従来からのプレイヤーも新規のプレイヤーも楽しんでいただけるように、物語の舞台やゲームシステムが変わるなど、作品ごとにさまざまな試みがなされてはいますが、『ファイアーエムブレム』の原点とも言えるこの言葉は、決して変わることはありません。

それは『ファイアーエムブレム』というゲームが、これまで多くのプレイヤーの愛と、新しい戦略性に対する冒険心で支えられてきたように、これからも多くのプレイヤーに愛され、プレイヤーの冒険心を刺激するゲームであり続ける……、そのことの証しでもあります。


ページのトップへ