株主・投資家向け情報

English

配当金

第77期(2017年3月期)について
年間配当金
2016年10月26日発表の決算短信に記載の業績予想に基づくと、1株あたり210円の予定です。
中間配当金(基準日:2016年9月30日)
無配とさせていただきます。
期末配当金(基準日:2017年3月31日)
2016年10月26日発表の決算短信に記載の業績予想に基づくと、1株あたり210円の予定です。

配当実績・予想

  1株当たり
配当金(円)
配当金総額
(百万円)
連結配当
性向(%)
連結純資産
配当率(%)
採用する年間配当金
総額の基準
[ → 配当方針 ]
中間 期末 年間
第77期
(2017年3月期)
0 210
(※1)
210
(※1)
未定 50.5
(※1)
未定 連結配当性向
50%
(※1)
第76期
(2016年3月期)
30 120
(※2)
150
(※2)
18,019 109.2 1.5 -
第75期
(2015年3月期)
0 180 180 21,306 50.9 1.9 連結配当性向
50%
第74期
(2014年3月期)
0 100
(※3)
100
(※3)
11,837 - 1.1 -
第73期
(2013年3月期)
0
100
(※4)
100
(※4)
12,787 180.1 1.1 -
第72期
(2012年3月期)
0 100
(※5)
100
(※5)
12,787 - 1.0 -
第71期
(2011年3月期)
140 310 450 57,545 74.1 4.4 連結営業利益の
33%
第70期
(2010年3月期)
270 660 930 118,930 52.0 9.2 連結営業利益の
33%
第69期
(2009年3月期)
660 780 1,440 184,154 66.0 14.8 連結営業利益の
33%
第68期
(2008年3月期)
140
(※6)
1,120 1,260 161,141 62.6 13.8 連結営業利益の
33%
第67期
(2007年3月期)
70
(※6)
620 690 88,253 50.6 8.5 連結配当性向
50%
第66期
(2006年3月期)
70
(※6)
320 390 49,886 51.2 5.3 連結配当性向
50%

(※1) 2016年10月26日発表の決算短信に記載の業績予想および下記配当方針に基づく予想の数値です。

(※2) 下記配当方針によりますと期末配当金は1株当たり70円となりますが、期中に下限として定めた1株当たり120円を配当いたしました。

(※3) 下記配当方針によりますと期末配当金は無配となりますが、期中に下限として定めた1株当たり100円を配当いたしました。

(※4) 下記配当方針によりますと期末配当金は1株当たり30円となりますが、期中に下限として定めた1株当たり100円を配当いたしました。

(※5) 下記配当方針によりますと期末配当金は無配となりますが、期中に下限として定めた1株当たり100円を配当いたしました。

(※6) 当該事業年度においては、1株当たり中間配当金は固定的に決定しておりました。

お支払いについて

中間配当

毎年9月30日の最終の株主名簿に記載または記録された株主の皆様に対し、取締役会の決議に基づいて、12月上旬からお支払いを開始いたします。

期末配当

毎年3月31日の最終の株主名簿に記載または記録された株主の皆様に対し、6月に開催される定時株主総会の決議に基づいて、その翌日からお支払いを開始いたします。

(※)当社定款の規定により、支払開始日から満3年を経過しますとお支払いをいたしかねますので、ご了承ください。

(※)配当金のお受取り方法については、株式手続きをご覧ください。

配当方針

当社は、株主の皆様への直接的な利益還元については、各期の利益水準を勘案した配当により実施することを基本方針としております。

配当金の決定方法

1株当たりの中間・期末の配当金は、それぞれ次の基準に従って決定しております。

中間配当

図

期末配当

下記の2つの基準で計算した金額(10円未満切り上げ)のいずれか高い方を1株当たりの年間配当金とし、それから中間配当金として既にお支払いした金額を控除した金額を、1株当たりの期末配当金としております。

図
図
図

(※)厳密には、「連結営業利益の33%」については「期末時点の発行済株式数(自己株式数を除く)で除して10円未満を切り上げた金額」、「連結配当性向50%」については「期中平均の発行済株式数(自己株式数を除く)で除して10円未満を切り上げた金額」をそれぞれ算出し、それらのいずれか高い方を1株当たりの年間配当金といたします。このイメージ図は、期末時点と期中平均の発行済株式数(自己株式数を除く)が等しいと仮定した場合のものです。

このページの一番上へ