採用情報 > 先輩紹介2007 > 業務部 中村 圭佑

採用情報

採用情報 先輩紹介2007

違った視点から見るゲームビジネス。多彩なソフトでハードを盛り上げる。/業務部 中村 圭佑 業務部 中村 圭佑
■業務部の仕事内容について教えてください。
ソフトメーカーさんやグッズメーカーさんとの折衝を担当する部門です。ソフトの製造受託や開発委託、ソフトメーカーさんのサポート、知的財産権の運用が主な業務となります。
--もう少し具体的に教えていただけますか。
ソフトメーカーさんが任天堂のハード対応のゲームを販売する計画を立てられた場合、業務部がソフトメーカーさんの窓口となっております。ソフトの販売を許諾するライセンス契約締結、ゲームの企画受付、マスターデータや印刷物などの各種検収から製造・出荷までの進捗管理を行っております。 また、任天堂以外のソフトメーカーさんにソフトを発売していただくことは、ソフトのラインナップが多彩になり、幅広い世代の多様な嗜好をもったお客様に、満足していただけることにつながります。ソフトメーカーさんの良質なソフトが、より多くのユーザーさんに認知される為に、各種販促に関する協力を行うこともあります。 また、知的財産権の運用という面ではグッズメーカーさんとの折衝を行っています。マリオやゼルダなどのキャラクターや、NINTENDO DSのデザインや名前は任天堂が権利を持っていますが、それを使ったキャラクターグッズやDS用の周辺グッズなど、グッズメーカーさんが商品化をご希望された際には、業務部が企画提案を頂き、商品化ライセンスを許諾しており、契約面を含めて監修・管理しています。
--職場の雰囲気はどんな感じですか。
業務部は外部とのコミュニケーションが非常に多い部署なので、常に誰かの電話は鳴っていますし、誰かがきて話をしています。メンバーも人と接することが好きな、コミュニケーション上手な人が多いので、非常に明るい雰囲気を持った部署だと思います。
■中村さんは今、どんな仕事をしているのでしょう?
業務部 中村 圭佑ソフトメーカーさんからのさまざまな問い合わせ、要望への対応が主な仕事になります。私は特に海外関連の案件を担当させていただくことが多いです。海外で有望と思われる国内ソフトメーカーさんの商品を、米国や欧州の現地法人と連携を取りながら、海外に展開できるように調整し、海外での発売や販売を実現していきます。海外で商品を展開するには、契約書等も当然必要になってきますので、総務部と連携して契約書の作成、また各メーカーさんとは条件交渉を行ったり、海外事業部と連携して海外向け商品の生産やローカライズ(移植作業)、海外版発売に向けてのタイトル調整をしています。
--他にはありますか。
他にもソフトメーカーさんと任天堂との共同プロジェクトのサポート業務・調整も行いますし、当社ホームページについては、ソフトメーカーさんのものに関しては、基本的に私が素材を収集しています。あと、年に一度、アメリカで通称E3と呼ばれる世界最大のゲームショウが行われるのですが(来年から規模が縮小されるようですが)、その準備として、ソフトメーカー関連の素材収集や、企画を担当しました。先日、全国3都市で行われた「Nintendo World 2006 Wii体験会」というユーザー向けのイベントでも、いかにソフトメーカーさんの出展作品を効果的に見せることができるかを企画部と話し合い、それを各メーカーさんに伝えるというような業務を行いました。
--仕事のやりがいや楽しさはどこにありますか。
SSX on tour with マリオいかにソフトのラインナップを多彩にしていくかということを考えて仕事をしていますので、やはり任天堂では出せなかったようなソフトが発売できて、市場から認められたときが一番達成感がありますね。やり取りを通じて、ソフトメーカーさんがその商品にかける想いや商品が生まれるまでの経緯、商品を成功させるためにした努力などを共有しますので、成功したときは自分のことのように嬉しいですね。プラットフォームホルダーの立場から、他社の方と一丸となって、ビジネスを成功させようとするこの仕事はやっていて非常にやりがいがあります。私がこの仕事が好きな理由です。
--他にはありますか?
外部のソフトメーカーさんと接することが多いので、外から見た任天堂の状況がひしひしと伝わってきます。世間が今どのように任天堂を見ているのか、外部のソフトメーカーさんがどのように任天堂を認識しているのかが分かって、そこから新しい発見もあります。偏らず、いろいろな視点からゲームビジネスを見ることができるのは、この仕事の醍醐味だと思います。
■学生生活について教えてもらえますか?
そんなに特別な学生ではなかったと思います。ただ、心がけていたことは、自分がやりたいと思ったことはとにかく実践することと、やるからには一生懸命、真剣に取り組むということですね。どうせ同じことをやるのなら、一生懸命、真剣にやったほうが、得られるものも多いと思います。やっていたことは、大学の授業、アルバイト、スポーツや旅行と本当に普通のことでしたけど。
--好奇心が強いんですね。
興味があることに関しては積極的に自分からどんどんやっていくタイプだと思います。アルバイトも短期でやって、お金が貯まったら海外へ行く、ということを繰り返していました。だから、居酒屋やコンビニ、倉庫の掃除とかいろいろと何でもやりました。それらも良い経験になりました。アルバイトでイベント設営スタッフをしたこともあるので、社会人になって自分が仕事でイベント運営に携わった際にも、アルバイト視点から物事を見ることができました。無駄なことはなく、全てのことが何かに繋がっていると感じさせられましたね。
■どうして任天堂に入りたいと思ったのでしょう?
私は任天堂がゲームをつくる企業と狭義には捉えておらず、世界にゲームだけでなく、あらゆるエンターテインメントを提供し、国境や人種、世代を越えて、みんなが楽しめるモノ、コミュニケーションを生み出している会社だと思ったのが、任天堂に入りたいと思ったきっかけです。
--どうしてそう思ったのですか。
留学をしていた頃、やはり言語の壁は大きかったのですが、トランプ一つでみんなで楽しめて、何も喋らなくても心を通じあえる時間を過ごせたことがあって。人種も性別も世代も言葉も関係なく楽しめる、そういったものを提供していく会社の一員になりたい、それを提供する側になりたいと思ったことが大きいですね。
■入社してから一番印象に残っていたり、達成感のあった仕事について教えてください。
E3の運営委員として準備、運営に携わったことです。先輩社員に囲まれてプレッシャーのある中で、数ヶ月の間で毎日頑張って用意してきた物が成果となって現れた瞬間、本当に会場で震えるくらいの達成感がありました。
--どんな苦労があったんでしょう?
他の運営委員の方は、経験豊富な先輩社員ばかりで、自分ひとりだけが若くて、臆するようなところもあったのですが、それに呑まれてしまったら何もできないと考えて、会議でも積極的に発言していました。無知からくる的外れな発言も多々あったと思うのですけど、若いことを言い訳にはしたくありませんでした。大変でしたけど、そうしていたからこそ充実感もあったのだと思います。
--言われたことだけやっていれば楽ですけどね。
業務部 中村 圭佑言われたことをやるのは当たり前で、あとはどれだけ自分が積極的に関われるかだと思うのですが、少しでも自分が関わった結果が確認できた時は、やはり嬉しくて達成感がありますね。細かいことでいえば、ショウにおけるブースの配置ひとつをとっても、皆でいろいろと考えていて、自分がこう配置したほうがいいのではないかと提案したブースに、来場者が立ち止まっているのを見ていると、あの人はブースがこの位置にあったから立ち止まってプレイしているのではないかと思えて、幸せな気持ちになりました。小さなことですけど充実感はありました。また、この業務に携わることで、徐々にですが社内にコネクションができ、関係部署の役割などの内部の構図が理解できるようになり、後々の業務にも大いに役立っています。
■仕事を通じて自分が成長したところ、学生の時と変わってきたところはありますか。
学生との大きな違いといえば責任ですね。学生の頃は責任感があまりなくて、物事が上手くいかなかった時にもそれほど深く考えることがなかったのですが、会社では、自分の仕事が上手くいかなかったら、自分だけじゃなくて本当に多くのことに支障をきたしてしまうし、たくさんの人に迷惑をかけてしまうので、常に気を張っています。そんな中で人に助けていただくと、非常にありがたくて、自然と周囲に感謝する姿勢や気持ちが生まれたと思います。
--今後の目標を教えてください。
業務部のスペシャリストとして周りに認識していただけるような仕事ぶりができるようになりたいです。あと、価値観を広げるというような意味でも、将来は海外子会社に出向して働いてみたいという気持ちもあります。配属されたときに仕事を教えてくれた3つ上の先輩が今は海外に出向していて、近くでそういう前例を見ているので、憧れも強いのかもしれないですが、その先輩を目標に頑張りたいですね。
■最後に、就職活動中の学生さんへアドバイスをお願いします。
私が就職活動で心がけていたことは、自然体でいることです。内定を取るために、相手に良く思われようとして、取り繕った自分を認めてもらっても意味がないし、自分の考えや思うことを堂々と自然体で伝えていれば、そのうち自分に合った会社に受かるのではないかと思います。その方が後悔もしないし、ストレスも溜まらないです。ありのままの自分を評価してくれる会社が、長期的にみて自分にとって働きやすい会社なのではないでしょうか。
--業務部の仕事にはどんな人が向いているのでしょう?
相手の立場に立って物事を考えられる人、こういうことを言われたら相手はどう思うだろうということを考えたり、感じ取って、接することができる人ですね。そうでないと、相手に不快感を与えてしまったり、相手の意図を汲み取れずに的外れな回答をしてかき乱してしまうことも多いですから。社外の人に接する機会の多い業務部にはそういう人が合っていると思いますね。
--ありがとうございました。
トップページへ

ある日のスケジュール
AM 8:30
出社
AM 9:00
メールチェック。緊急度が高いものから対応します
米国は夕方になる頃。現地法人から電話がかかってきます
AM 10:00
ソフトメーカーさんからの問い合わせ対応
優先度の判断力が求められます
AM 11:00
契約書の確認、資料の作成
PM 12:00
昼休み
同僚とDSでゲーム対戦
PM 1:00
来客(前もって準備を行い、打ち合わせの議題を明確にしておきます)
PM 3:00
社内会議
PM 5:00
問い合わせ対応。イレギュラーな案件も多いです
PM 6:00
この時間にもなると欧州の現地法人からも問い合わせがあります
PM 7:00
資料作成、契約書の確認
PM 8:00
帰宅
区切り線
先輩紹介2007 > 業務部 中村 圭佑

このページの一番上へ