採用情報 > 先輩紹介2008 > 企画開発部 木梨 玲

採用情報

採用情報 先輩紹介2008
■木梨さんはどのような仕事をしていますか?
木梨:主にソフト開発の技術サポートをしています。ソフトを開発する人から寄せられる技術的な問い合わせの窓口となって、開発をサポートする仕事です。ソフトを開発するための道具や部品、それらの説明書を総称して開発環境と呼んでいて、具体的には、DSのタッチパネルを使うためのライブラリや、Wiiリモコンを使うためのライブラリ、通信を行うためのライブラリなどがあります。任天堂では、外部の会社と協力してたくさんのソフトを作っていますので、ソフト開発者から「部品が思うように動かないのですが…」とか、「説明書には書いてないですがこんな使い方をしても良いですか?」といった開発環境に関する質問が寄せられたり、「こんな部品がほしいのですが」といった新しい機能追加の要望がきたりします。そこで、質問に回答したり、開発環境をより良くするために、ソフトを開発する人と開発環境を制作する人の間に立って密接にやりとりをしたり、ということを継続的に行っています。
--技術的な知識が高まりそうですね。
木梨:ソフト開発についての幅広い知識が身につきます。実際にソフト開発者がどのように部品を使っているかなどのノウハウも自然に溜まってきますので、ソフト開発者の質問に単純に回答するだけではなく、「この部品をこんな感じで使ってみてはいかがですか」といった、ソフトの内容に踏み込んだ提案も行えるようになってきました。
--仕事をしていていちばん楽しいところは何ですか?
『マリオストライカーズ チャージド』木梨:プレイヤーに喜んでもらえるような新しい仕掛けを、どのように実現しようか考えているときがとても楽しいです。たとえば、Wiiソフト『マリオストライカーズ チャージド』では、ニンテンドーWi-Fiコネクションで対戦ができるのですが、お互いの通信速度の差が大きいと動きが滑らかではないんです。インターネットの環境はゲームの機能で補うことが難しいので、発想を転換して、画面に通信速度を☆印で表示することを提案しました。☆印4個だと快適、3個だとまあまあという具合にです。プレイヤーになぜそうなるかを示すことによって、納得して楽しく遊んでもらうチャンスを提供できると思ったんです。ほかにも、ソフト開発者から寄せられる難しい要望などを、部品を工夫したり調整を繰り返しながら実現するお手伝いをしたりしています。そういった、問題を解決するアイデアを考えることがいちばん楽しいですね。
--新しい遊びを技術的にどう実現させるかという落としどころを探っていく仕事なんですね。
木梨:はい。アイデアを出すことが好きな人にとってはすごくおもしろい仕事だと思います。専務の宮本が「アイデアというのは複数の問題を一気に解決するものである」と言っていて、これはつまり、問題を1つだけ解決することは全体を大きく前進させることにはならなくて、根っこでつながっているいろいろな問題を、たった1つのことをするだけでいっぺんに解決する方法を見つけること、それがまさにアイデアだ、ということなんですよね。ゲーム開発には複数の問題を抱えた案件が次々とやってきますので、それらをアイデアでいかに解決に導くかが、腕の見せどころです。
--逆に、どういうことに苦労しますか?
木梨:ソフト開発者からの問い合わせに対して、本当に解決したいのは何かを読み取るのが難しいですね。「こんな部品がほしい」といった具体的な問い合わせの裏には、何かやりたいことがあって、それを実現するための手段として部品がほしいわけなので。僕たちが背景まで理解していれば、よりスマートな解決法を提案できるかもしれません。また、逆に「この部品、動かないんですが…」と非常に漠然とした問い合わせもあります。こんな場合は具体的な問題点は何か聞き出さないといけません。いろいろなタイプの人がいて、それぞれ前提となる知識も認識も違いますので、相手の意図を正確に汲み取るのは本当に難しいと感じています。ですから、行間を読むというか、相手の求めているものを把握しようということは常に意識していますね。
■入社して5年経過しましたが、どんなところで成長できていると思いますか?
木梨木梨:幸運にも、社内のさまざまな部署の人や、他社の方々と接する機会を多く持てましたので、いろいろな考えや立場というものを身をもって感じることができました。おかげで、幅広い視点でバランスよくものごとが判断できるようになってきたと感じています。
以前、社長の岩田と面談したときに聞いた「自分とまた仕事がしたいと思われるような仕事をするよう心がけている」という言葉がとても印象的で、それ以来、この言葉を意識して業務に取り組んでいます。忙しいときは、どうしても業務を遂行することにばかり目がいってしまうのですが、そんなときはこの言葉を思い出して、パートナーへの配慮ができているか、みつめ直しています。
■任天堂に就職しようと思ったのはなぜですか?
木梨:学生時代は情報学科でコンピューターについて学んでいました。就職について考え始めた頃、「コンピューターを使って人に喜んでもらえるモノを作りたい」と思ったんです。それって、ゲームでなくてもいろいろな業界があると思うのですが、幅広い年代の人が純粋に楽しめる商品を世界に展開している会社はどこかなと考えたとき、任天堂にたどり着きました。そのとき、ホームページで当時の開発部門の部長のインタビューを読んで、自分の自由な発想を生かせそうだと感じて、任天堂で働こうと思いました。
--「人に喜んでもらいたい」という思いは、どこからきているのでしょうか?
木梨:小学校時代にさかのぼるのですが、遊びを提案しては、みんなに遊んでもらうということをしていました。たとえば、迷路作りにはまっている時期がありました。最初はシンプルな迷路を描くのですが、人に遊んでもらってはその反応を見て、次はその人を驚かせるような仕掛けを入れるんです。そうやって、仕掛けを変えてはまた楽しんでもらう、ということを繰り返していました。ノートを1冊まるまる使って1つの迷路を描いたこともありました。紙と鉛筆があればいろいろな楽しいものが作れましたし、自分の作ったものでみんなが楽しんでくれることがとても嬉しかったんです。その思いは今も変わってないですね。
--入社して、外から見た任天堂と、中から見た任天堂に違いは感じましたか?
木梨:すごく自由な会社っていうイメージがあったんですけど、中に入ってからは、自由に新しいことに取り組みながらも、コストや品質への意識も高いと感じました。それは、長い間培ってきたコストや品質に対する意識を社員全体が共有できているから、自由な雰囲気の中でもバランスよく実現できているんだと思います。
--仕事をしていく上で、今後の目標は何ですか?
木梨:今までは、技術サポートという仕事を通していろいろなタイトルで遊びを提案してきましたが、今後は一からゲーム開発をしてみたいと思っています。技術サポートで身についた開発環境についての幅広い知識や、今まで携わった業務経験を生かして、世界中のみんなに楽しんでもらえるモノを作りたいと思います。
--ありがとうございました。

ある日のスケジュール

AM 8:30

出社

AM 8:45

メール確認

AM 9:00

開発サポート依頼への対応

AM 11:45

昼食

PM 1:00

ミーティング

PM 3:00

ラジオ体操
開発サポート依頼への対応

PM 4:30

他部署とミーティング

PM 6:30

夜食

PM 9:30

帰宅

先輩紹介2008

▼理工系出身

開発技術部/深澤 亮のページへ

ネットワーク開発部/仲田 智のページへ

購買管理部/向 正人のページへ

制作部/木下 恵子のページへ

企画開発部/木梨 玲

▼デザイン・サウンド系出身

環境制作部/松島 愛祐のページへ

制作部/久田 華子のページへ

開発部/河原 兼行のページへ

企画開発部/須戸 敏之のページへ

▼事務系出身

海外事業部/坂根 香緒のページへ

営業戦略室/長濱 正晃のページへ

NOA/田中 謙一のページへ

このページの一番上へ