任天堂トップ > 採用情報 > 社長からのメッセージ

採用情報

新卒採用
キャリア採用
  • 仕事を読み解くキーワード
  • 社長からのメッセージ
  • 就業情報

社長からのメッセージ 社長からのメッセージ


「独創」の精神 「独創」の精神

任天堂は、1983年に「ファミリーコンピュータ」を発売して以来、独創的なハード・ソフト一体型の娯楽製品を世界に向けて創り続け、日本発で世界に通じる数少ないホームエンターテインメント分野の産業において、ゲーム文化の代名詞として世界に知られるブランドを確立してきました。

そのような現在の姿から、多くの皆さんは任天堂のことを「家庭用ビデオゲーム機の大手企業」として認識しておられるかもしれません。
しかし、任天堂は125年以上も前に、京都で花札を製造する小さな会社として誕生しました。
娯楽企業としての任天堂の使命は、「お客様を良い意味で驚かせ、笑顔にすること」にあります。以前と同じでは価値がなく、世の中の常識では不可能だと感じられているような未来を描き、既成の枠に縛られない新しい遊びを提案し続けていくことが求められます。
そのため、任天堂は時代に合わせて柔軟に自らを変身させ、次々と新しいことに挑戦し続けてきました。そして、多くの失敗と小さな成功を積み重ねた結果として、現在の姿へと成長しました。

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)を中心に、ハード・ソフト一体型のゲームビジネスは、今後も任天堂の事業の中核ですが、これまでもそうであったように、任天堂は変わり続けていきます。

具体的には、これまで取り組んできた基本戦略である「ゲーム人口の拡大」からさらに一歩前進して、「任天堂IP(知的財産)に触れる人口を拡大する」ことに注力していきます。スマートデバイス向けのゲームビジネスや、任天堂のキャラクターをフィギュア化・カード化したamiibo(アミーボ)の展開、テーマパークで任天堂のキャラクターを使ったアトラクションの提供など、任天堂IPの積極活用にも新たに挑戦していきます。

昨今、新しい製品やサービスが、世界のあちこちから前触れもなく飛び出してくるようになりました。世の中の変化の速度に対応しながら、任天堂が一番大切にしている「娯楽は他と違うからこそ価値がある」という「独創」の精神で、新しい提案をし続けることは決して容易なことではありません。

しかしながら、さまざまな困難を乗り越え、これまでにない提案で世界中の億単位のお客様を笑顔にできたときの達成感や喜びは、任天堂で働く人にとって、何ものにも代えがたいものです。
任天堂は、常に新しくユニークな挑戦を前向きに継続して、任天堂を新しい姿に変えていける人材を求めています。

2017年2月

代表取締役社長  君島 達己