Nintendo - 任天堂ホームページへ
社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

目次

アートワークデザイナー編(2) アートワークスタッフが語る「しゃべる!DSお料理ナビ」

Vol.1-2

細井 隆志 2005年入社 / 尾田 純教 2001年入社 / 中道 幸呼 1998年入社 / 取締役社長 岩田 聡

1 ついにここまできたか!

岩田

このソフトができた頃には、世の中で「Touch!Generations(※1)」の
ソフトが複数ミリオンセラーになってきて、今日ほどではないけれど、
DSは世の中の多くの人に受け入れられつつある
というムードはありましたよね。


初めてこのソフトを見たとき、どう思いましたか?

細井

当時は、「脳トレ」や「えいご漬け」、「nintendogs」など、
今までのゲームになかったものがどんどん認知されていく中で、
ついに全くゲームと関係ないものが出てきたな、
ついにここまできたか!と感じていました。

岩田

「脳トレ」や「えいご漬け」、「nintendogs」には
ゲームとしての要素があって、ご褒美がゲームの中にあるんですよ。
でも、このソフトにはご褒美がゲームの中にはないんですよね。
カートリッジの外で初めて美味しい料理というものができるけど、
カートリッジの中にはないんですよね。


これは、たぶん任天堂の歴史始まって以来のことで、
そんなことを考えていたときにこのパッケージ提案を
持ってきてくれたので、「料理本だ!」と
思わず叫んだのを覚えていますね。

中道

私は、DSで新しい展開が始まって、
便利なモノが出てくるのかなと思っていたときにこのソフトが
出てきたので、ついにここまできたかという感じと同時に、
しっくりなじむ感じでもありました。
料理のソフトというのは今までなかったので、
面白いテーマだと思いました。


特にゲームに興味があって仕方がないという人を
対象にするのではなくて、むしろそうではない人が対象となるので、
ゲームっぽくしたくないというか、
ゲーム売り場で見たときに衝撃的だけど、どこかで見たことのある
フレンドリーな感じがするパッケージにしたいという意識はありました。

尾田

これはレシピ集ではなく、ゲーム感覚で、
音声ナビゲーションが料理を手伝ってくれるところが強みだと
認識していたので、そこは伝えないといけないと思っていました。
他には、取扱説明書の中身をどうやって作ろうかと。
料理本の取扱説明書って何を説明したらよいか
よくわかりませんでしたから。

岩田

これまでになかったタイプのソフトを担当することになったわけですが、
まず最初に何をしたんですか?

細井

料理の世界をよく知らなかったので、
まず最初に本屋さんに行って料理本を見ることから始めました。

尾田

料理本はかなり見ましたね。
作業している2人が男だったので、料理にも詳しくないし、
中道さんや周りの女性に聞いたり・・・。

中道

でもやっぱり女性が担当するより男性が担当したほうが、
より間口が広いものになるのではないかなと思っていました。

尾田

女性だけだったら、女性っぽいパッケージになる可能性はありましたね。

岩田

ちなみに私もまだ「お料理ナビ」を使い続けていますよ。
パッケージが女の子っぽくなかったので私も入りやすかったです。

※1:Touch!Generations
『脳を鍛える大人のDSトレーニング』や『えいご漬け』、『nintendogs』など「ゲームの定義を広げて、ゲーム初心者もゲーム熟練者もどちらも同じスタートラインから新鮮に楽しめる全く新しい商品を創り出す」をコンセプトにしたソフト群

採用情報

社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

ページの一番上へ