Nintendo - 任天堂ホームページへ
社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

目次

アートワークデザイナー編(2) アートワークスタッフが語る「しゃべる!DSお料理ナビ」

Vol.1-2

細井 隆志 2005年入社 / 尾田 純教 2001年入社 / 中道 幸呼 1998年入社 / 取締役社長 岩田 聡

3 お客様の心をつかむ

岩田

次にパッケージの下の
帯《DSがお料理をお手伝い。音声ガイドで誰でもカンタンに!》
についてお聞きしましょう。
今回はどのようにしようと考えていましたか?

細井

帯に言葉を入れてしっかり内容を伝えたいということは
決まっていたので、後は色ですね。
料理の写真との相性やケースに入れたときの文字の見え方を
確認しあいながら、いくつも案を出していきました。

中道

ぱっと見たときにその言葉がぐっと入ってきて欲しいので、
色選びは難しかったですね。
あと、柄を入れたり色々試したりしたんですが、やっぱり
一番コピーがよく見える色やデザインというのを意識しました。

尾田

このコピーは岩田さんにも一緒に考えていただいて
出来上がったんですよね。

岩田

見せてもらったコピーを、「う〜ん、ちょっと違う」とね。


どうしても音声ガイドの機能と、何をするソフトかというのを
簡潔に言いたくて、しばらく悩んで
「ちょっと書いてくれる?」って言ったコピーが
そのまま使われているんです。
ヒントを出すつもりだったのに、あのときにひねり出して
微修正してもらった表現がそのまま採用されてしまいましたね(笑)。

中道

コピーは宣伝部門と一緒に考えているんですが、
毎回みんなでうんうん言いながら頭を抱えていますね。
アートワークの仕事はデザインやレイアウトをするだけではなくて、
実はコピーライターの仕事もしているんです。
そういうことまでは学校で習ってこないので大変なんですけれど、
一言で簡潔に表現した言葉がぴたっときたときには達成感がありますね。

尾田

裏面はやっぱりナビゲーション機能をアピールしたいということと、
ゲーム機本体に料理の写真がはまっている画面は絶対必要だ
という話になりました。
あと、どういうナビゲーションがあるということを紹介すれば、
これは使えそう!と思ってもらえるのかを考えました。

中道

店頭で目をひくデザインであるか、
商品のアピールポイントがいろんな人に幅広く伝わるか、
というものすごく責任重大なところを私たちが担当しているんだ
ということをいつも念頭に置きながら、気を引き締めて取り組んでいます。

採用情報

社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

ページの一番上へ