Nintendo - 任天堂ホームページへ
社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

目次

アートワークデザイナー編(2) アートワークスタッフが語る「しゃべる!DSお料理ナビ」

Vol.1-2

細井 隆志 2005年入社 / 尾田 純教 2001年入社 / 中道 幸呼 1998年入社 / 取締役社長 岩田 聡

4 料理本の取扱説明書?!

岩田

次に、尾田さんに取扱説明書の話を聞いてみましょう。
料理本の取扱説明書って何だろう?というところから
始まったんですよね。

尾田

最初は全然イメージがわかず、もしかしたら
「シェフがこうしゃべったらアナタはジャガイモを切ってください」とか、
そこまで書かないとダメなのかと考えたりしましたが、
最終的には各ページに料理の写真が入り、
自分でもかなりびっくりな取扱説明書になりました。

岩田

確かにそうですよね。
ゲームの取扱説明書としては、こういった仕上がりは、
かなりめずらしいですからね。
中に料理の写真を挟んだ意図は何だったんですか?

尾田

パッケージに採用しなかった料理の写真で、
綺麗に撮ってもらったものがありましたし、
写真があると料理本の雰囲気に近くなると思ったので、
取扱説明書にも入れることにしました。

中道

分かりやすく順序立てて説明するための目印みたいな意図もありました。

岩田

もしソフトの構造がワンパターンだったら、
操作・ストーリー・ステージ・最後にボスのことを説明して、
という風にパターンが決まっているのだけれど、
新しいフォーマットのものが出てくるたびに、
今度はどういう構成にしようかと悩むんですよね。

尾田

そうなんです。決まったパターンにものを当てはめるよりも
遥かに難しくて、どのパターンにはめるかというのを
自分が持っていないから、たぶんそこに苦労するんだと思います。
今回も構成には色々悩みましたが、とにかくまずは自分で
ゲームを徹底してやってみて、自分が本当に料理しているように
想像しながら、考えていきました。

中道

あと、料理に関する注意文が多くて大変でした。
「2人分の分量と作り方は辻学園さんのレシピに基づいています」とか
「こい口しょうゆとうす口しょうゆの2種類を使っていて、
‘しょうゆ’の場合はこい口しょうゆを使います」
というような説明を全部入れないといけないと言われて。
そのスペースを考えていなかったので、後々とても苦労しました。

尾田

結局、レイアウトが決まった後になんとかねじ込んだんですよね。
確かに料理本にはそういうことが載っているんですが、
そういう文言が必要だと言われるまでは思いもよらないことでした。
この仕事を通じて、いろいろと新しい発見ができました。

採用情報

社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

ページの一番上へ