Nintendo - 任天堂ホームページへ
社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

目次

テクニカルデザイナー編

Vol.3

取締役社長 岩田 聡 / 蒔田 俊介 2001年入社 / 池田 仁 1996年入社

3 新しい表現手法の検討

岩田

Alienbrainを導入する前は、池田さんは
デザイナーの開発環境についてどういう仕事をしていたんですか?

池田

3D−CG関連ツールの研究などをしていました。
実際に使っているツールが万能なわけではないので、
制作現場からリクエストを聞いたり、話し合いをしながら、
プログラマーと協力しつつカスタマイズしていました。

蒔田

導入したツールを利用し続けるには、社内の協力だけでなく
ツールメーカーさんの継続的なサポートも必要になってくるので、
そのメーカーさんの開発力や体力、買収による権利の移動などにも
常にアンテナを張っておく必要がありますね。
どの権利がどこに移ったかといったことも把握しておかないと、
思わぬ問題になりかねませんので。

池田

その他に、3D−CGの表現手法の検討を行うのですが、
例えば他社さんのゲームや世の中のCG作品を見て、
これはどういう技術を使っているのかと、常に調査や研究をしています。
「これを作れ」って言われたときに、どうやって作ればいいか
わかっていないといけない仕事なんですよね。

蒔田

社外のイベントや、SIGGRAPH(※3)のような
最新の情報が集まる場所に出向いて受ける刺激というのは
とても大きいですね。
パッと見たときに、単純にとても美しかったり目新しかったりすると、
何がなんでも調べないと気が済まないんです。
やっぱり原理がわからないままでは嫌なので(笑)。

※3:SIGGRAPH シーグラフ(Special Interest Group on Computer Graphicsの略)
年に1度開催される、米国コンピュータ学会(The Association for Computing Machinery)主催によるコンピュータ・グラフィックスの学会・展示会のひとつ。またCG映像のコンクールとしての面もある。

採用情報

社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

ページの一番上へ