Nintendo - 任天堂ホームページへ
社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

目次

テクニカルサポート編

Vol.4

取締役社長 岩田 聡 / 安田 芳人 1999年入社 / 軸丸 慎太郎 2005年入社 / 小山 武宏 2006年入社

1 『べからず集』

岩田

ガイドラインチェックという言葉は多くの方々には
耳慣れないと思いますが、皆さんのチェックを通らないと、
任天堂の製品は世に出ていかないんですよね。
皆さんは、ガイドラインチェックやデバッグ管理といった仕事は、
何のためにあると思いますか?

安田

遊んでくださるお客様にとって不都合なことを起こさない、
ということが絶対だと思うんです。
例えば、ゲーム機本体の電源や回線を切ったらセーブデータが
消えてしまう、といった問題が起こらないように
保証するためです。

私は、ガイドラインというのは商品開発経験、商品販売や
サポート経験を通じて集まった『べからず集』だと
思っているんですね。
そして、その『べからず集』っていうのは経験によって
どんどんたまっていくんです。
作り手からすると、好きなようにモノを作れたらもっと楽だと
思いますけど、作り手都合でモノを作ってしまうと
お客様にご迷惑をおかけするようなことが起こってしまいますから。

岩田

「ファミコン以来20年以上の間蓄積してきたさまざまな経験を
もとにした、お客様に不利益となるトラブルを未然に防ぐための
『べからず集』を、今のWiiやDSといったハード特性に
あてはめてみましょう」とガイドラインを作成して、モノを作る人が
それをちゃんと守れているかを、一つひとつ確認していく
仕事なんですよね。
その部分がきちんとできているかできていないかで、
ものすごく製品品質が変わるわけですから、皆さんの仕事は
「製品品質を大きく左右する仕事」なんですね。

採用情報

社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

ページの一番上へ