Nintendo - 任天堂ホームページへ
社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

目次

テクニカルサポート編

Vol.4

取締役社長 岩田 聡 / 安田 芳人 1999年入社 / 軸丸 慎太郎 2005年入社 / 小山 武宏 2006年入社

3 できることならなんでもやる

岩田

皆さんの仕事は、開発の中でもサポート側になりますが、
サポートのつらいことと醍醐味は何ですか?

軸丸

僕が一番つらいことは、ガイドラインチェックをして開発に返したものが、
開発から「直しました」と返ってきて、確認すると、
修正部分に関係する箇所に別の問題が起こっていたり、
きちんと直っていなかったりすることですね。

どこに問題があるのか仮説を立て、パターンを1つ1つ検証して
やっとまとまったものを開発に出して、返ってきたものを
また1つ1つ検証して、ということを何度も繰り返さないと
いけないので、そういう意味では根気というかモチベーションを
保つ力がいるなあとよく感じます。

岩田

何かをフォローしたらすぐに感謝してもらえて「ありがとう」
って完結するときは、「よっしゃ!」ってなるんだけど、
何往復もしているのになかなか結果が見えてこなくて、
相手もだんだん目が三角になってきて…というときは
しんどいですよね。

軸丸

特に、ロム出し直前は、問題が起きる度にバージョンアップするので、
その都度、最初から最後までチェックして、問題があったら
また開発に戻して、またバージョンアップしたら最初から最後まで…
ということが繰り返されることもあるので、そういうときは
つらいですね。

岩田

そういうときに、自分を奮い立たせているものは何ですか?

軸丸

危機感ですね。
もし自分たちが何か見落として、そのまま発売されてしまうと
お客様が困るようなことになります。
ですから、最後の砦としての自分たちの役割をすごく意識しますし、
責任を感じます。
それで、終わったときに、「完璧にチェックできた、問題を未然に防いだ!」
と思うところにこの仕事の醍醐味を感じますね。

岩田

モノを作る人の経験値がたまるのは、私はほとんど
仕上げ過程だと思うんですけど、皆さんはその
終わりの方ばかり経験しているわけですよね。

今、開発者が入社して最初の商品を出すには
2〜3年かかるのが普通で、3年目だと1商品しか
出せてない人がいっぱいいるのに、
軸丸さんは何回ロム出しを経験しましたか?

軸丸

バーチャルコンソールや海外版を含めなくても、
20〜30回くらいはあります。

岩田

この仕事を2年半してきてそれだけの数をこなしてきたことで、
経験値がかなり上がっているはずです。
そういう意味で、仕事をしていく上でものの見方が変わった
時期があったと思うんですけど、それはどういう時期で、
どういうふうに感じましたか?

軸丸

2006年発売のDSソフト『スターフォックス コマンド』を
担当したとき、初めて多くの仕事を任されました。

それまでの僕の仕事のスタイルは、決まってる項目に沿って
チェックするだけで、自分で仕事を探すのではなくて
「やるべきことをちゃんとやろう」という少し受け身な
スタンスでしたが、『スターフォックス コマンド』のときは
担当者として自分が動かないと周囲に迷惑がかかってしまう
状況だったので、ものすごく考えて仕事をしました。
任されているからにはちゃんとやらないと、
という気持ちが責任感につながりました。

岩田

考えて行動することで事態は変わっていくし、
それによって自分が未来を変えられるということを実感できたので、
やりがいや仕事のおもしろさがわかったんでしょうね。
そうなると、その仕事をする前の自分のやり方は甘かったなって
思いませんか(笑)?

一同

(笑)

軸丸

そうですね。
それまでは、熱意はあるけどどうしたらいいかわからない、
というような状況だったんですが、あのとき、自分ができることなら
何でもやらないと、力にならないと、という気持ちが責任感に
つながって、開眼できたかなという感じです。

岩田

小山さんにとって、つらいこと、逆に醍醐味ややりがいは
どんなことですか?

小山

つらいのは、担当ソフトのガイドラインチェックを行って、
問題がある箇所を開発に伝える際、経験不足のために
うまく伝わらないときがあることです。
特に最初に担当したソフトでは指摘した箇所と違うところが
修正されたりして、何度もやりとりを行わなければいけませんでした。

逆にうれしいことは、チェックも完璧にできて、
ソフトが無事に完成したとき、開発やデバッグ担当などの関係者に
「ありがとう」とか「また一緒に仕事ができたらいいですね」と
言ってもらえるときですね。

岩田

どうすれば自分がそこからエネルギーを得られるかと
いうことがわかったんですね。
私がよく使う表現で言うと、「ご褒美が見つかった」わけです。

やっぱり自分が工夫して誰かの役に立てたとか、
トラブルを未然に防げたとか、そういうときにやりがいや
達成感を感じる仕事なんですよね。
サポート側の仕事って、うまくいって当たり前で、
失敗したらエライこっちゃ、という部分があるので、
達成感を感じにくいように思う人もいるんですが、
そんなことはなくて、先回りをしてトラブルを未然に
防げたことを自分で実感できて、それが自分の工夫で
自分独自の視点だと思えば思うほど、おもしろいと
感じるんですよね。

悪く言えば自己満足なのかもしれないけど、
サポートって自分でおもしろさを捜す仕事だと思うんですよ。

採用情報

社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

ページの一番上へ