Nintendo - 任天堂ホームページへ
社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

目次

テクニカルサポート編

Vol.4

取締役社長 岩田 聡 / 安田 芳人 1999年入社 / 軸丸 慎太郎 2005年入社 / 小山 武宏 2006年入社

4 着地点の発見

岩田

安田さんは、はじめからこの仕事のおもしろさを
感じることができましたか?

安田

いえ、はじめの2年か3年は自分のしていることが
何の役に立っているんだろうかともやもやしていました。
いろいろなタイトルを担当しますけど、それらは開発者が
作ったものであって、僕たちは確認をしただけで
何も新しいものを産み出していない、という印象を
最初のうちはずっと持っていました。

岩田

本当は、サポートの仕事にもクリエイティブな要素は
山ほどあるんですけどね。

安田

そうですね、それがだんだんわかってきて、
最初は受け身だった姿勢が、今はだいぶ攻撃的に
なってきた感じですね(笑)。
それに、ガイドラインの位置付けが以前とは変わってきて
重要性も増しているので、今とてもやりがいを感じています。

結局は縁の下の力持ち的なことが好きなので、表に出て
「オレがオレが」と言うよりは、後々「ありがとうね」と
言われるような仕事をできることが、とてもうれしいです。

岩田

開発が終わって区切りの良いときは、みんなから
「ありがとう」という言葉が自然に出てきて、それはとても
良いことですけど、途中では「ありがとう」って言う余裕も
なかったりしますよね。
そんな中でどうやって自分のエネルギーを得ていますか?

安田

開発チームとデバッグチームの間に立つと、1つの件について
両方から板ばさみになることがあるんですね。
それに対して、お互いの顔を立てるようなうまい着地点を
見つけることができると、すごく達成感がありますし、
モチベーションも上がります。

小山

安田さんは着地点を見つけるのがすごくうまいですよね。

岩田

「この人がいてくれると話がまとまる」という役割があって、
そういう役をしてくれている人がいることは本当に
ありがたいんです。

その役を担う立場からすると、またトラブルが来たと
思うかもしれないけれど、困っている人から頼られて、
それを解決するということは、やりがいとしては
この上ないことでもあるんじゃないですか?

安田

それにトラブルが嫌いなわけでもないんですよね(笑)。
部屋で皆が立ち上がって話をしていて「何かもめてるなー」と思うと、
つい聞き耳を立てて、自分が対応できそうだったら
首をつっこんで解決したりしますね。

特にここ数年はDSやWii、Wi-Fiコネクションといった
今までなかった商品やサービスが開発されて、
思わぬトラブルが起こることもありますが、同時に、
会社の中で部門を越えた新しい関係もどんどん
生まれているんですよね。
ですから、僕たちの人脈もずいぶん広がっています。
相手からどう思われているかはわかりませんけど(笑)。

岩田

私は、情報開発管理部のサポートチームがついてくれると、
モノを仕上げる段取りが的確になるので、安心感や
安定感があると、社内のいろいろな人からよく聞きますね。

安田

それを聞いただけでサポート冥利につきますね!

採用情報

社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

ページの一番上へ