Nintendo - 任天堂ホームページへ
社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

目次

テクニカルサポート編

Vol.4

取締役社長 岩田 聡 / 安田 芳人 1999年入社 / 軸丸 慎太郎 2005年入社 / 小山 武宏 2006年入社

6 達成感を感じた仕事

岩田

最後に、最も達成感を感じた仕事は
どんな仕事でどんな瞬間でしたか?

小山

僕は、取扱説明書やスタッフロールに自分の名前が
初めて載ったときですね。
チェックのためにたくさんプレイしたソフトだったので、
お店に並んでいるのを見たときはすぐに手にとって
レジに向かいました。

自分が関わったソフトに名前が載っているのを見ると、
「仕事をまっとうできた」という達成感がありましたね。

岩田

任天堂はその部分はすごく徹底しているんですよね。
開発の仕事の中で、テクニカルサポートの仕事の重要性が
認識されていることの表れでしょうね。

軸丸

僕は、バーチャルコンソールの立ち上げ時に
ガイドライン作成の仕事に協力させてもらったことですね。
テクニカルサポートから1人担当を出すことになって
参加したのですが、情報を集めていくうちに、
各部門の代表者たちがするべき仕事の多さを
認識するようになって、集中して協力しあって
ガイドラインが少しずつでき上がっていきました。

それまでは既存のガイドラインに沿って仕事を
してきたので、新しいガイドラインをゼロから作り上げる過程に
直接関与して、かつ発売日に無事発売できたことに
すごく達成感がありましたね。

岩田

そういうときは、強烈な達成感と、ある種の脱力感と、
責任からの開放感が混じった、独特な感覚があるんでしょうね。

安田

私は、ソフトが無事ロム出しを終えるときの
「ロットチェック合格です」という瞬間ですね。
それをすごく短いスパンで何回も経験しているんですが、
ソフトそれぞれに思い入れがあるので、
「ロットチェック合格」となった瞬間に、
達成感がパーンときますね。

岩田

やっぱり、完成したときとか店頭で売れるのを見たときは、
たまらないですよね。
つらいときは、この仕事をいつまでも続けていけるんだろうかと
思うこともありますけど、その瞬間に味わえる代えがたい
喜びがあるので、ネガティブな気持ちはきれいさっぱり
消えてなくなりますからね(笑)。
この達成感はモノづくりに共通する醍醐味ですよね。

私は、「1人では達成できないような巨大な目的を
果たすために、いろいろな持ち味や取り柄を持った人が集まって
協力しあうのが組織の存在意義だ」と思っているんですが、
皆さんの仕事は一つひとつのバラバラの塊をつないで
包み込んでゴールに持って行くという、開発チームに
なくてはならない特殊な役割なんだと思います。

今日は、ありがとうございました。

(テクニカルサポート編 終わり)

採用情報

社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

ページの一番上へ