採用情報:任天堂で働くということ/製品技術編(1)
Nintendo - 任天堂ホームページへ
社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

目次

製品技術編(1)

Vol.5-1

取締役社長 岩田 聡 / 森 真吾 1991年入社 / 高田 対馬 1996年入社 / 和田 将樹 1992年入社

2 関所を担う

岩田

次は和田さん、どんな仕事をしているのか話してください。

和田

私は、検査器の設計や管理運用を担当しています。
検査器は製品の量産工程のいろんな場面にでてくるんですが、
ほとんどがカスタムメイドで、新製品の開発のたびに
検査器をいくつも作るところから我々の仕事が始まります。

岩田

任天堂は自社の生産工場を持たない
ファブレス企業ですので、任天堂製品は
生産委託先の協力工場で生産していただくんですよね。
みなさんが入社された頃は、ゲーム機は国内で
生産されていたと思いますが、近年は中国での
生産が中心になっていますね。

和田

はい。
ですので、我々が作った検査器は、自社だけではなく
海外の協力工場でも使っていただくことになります。

岩田

理屈のうえでは部品を調達してくる時点で、
それぞれの部品は全部検査されてやってきて、
それを組み立てたらきちんと動くはずなのに、現実には
その要所要所で関所を作ってきちんと検査をしないと、
できあがったものは必ずしも良い製品として
安定するわけではないということですね。

和田

おっしゃるとおりです。
まず、部品は複数のメーカーさんから良品だけが
入ってくるのですが、まれに不良品が見つかることが
ありますので、受け入れ検査を行います。

部品が合格したら、基板の検査も行います。
早い段階で問題を見つけるために、要所要所で検査を行い、
完成品に近い形になった段階でもう一度検査します。
スーパーファミコン』の頃は一種類の検査器による
検査だけで済んだのですが、最近の商品は
機能が複雑になってきているので、
多くの種類の検査器で検査をする必要があります。

岩田

最近の商品は、無線機能もついていますから大変でしょうね。

和田

はい。
無線機能については、たくさんのものが並ぶ量産現場では
検査の時に周囲の機器に影響を及ぼしてしまいかねないので、
電波を飛ばせません。
このため、検査が難しくて苦労しています。

岩田

検査機の製造稟議は私のところに回ってきますから、
私も、たくさんの種類の検査器が作られているのを
知っています。
これだけの検査器が海外で使用されているんですから、
運用のフォローも含めて担当者たちは
さぞかし大変だろうなと感じていたんです。

和田

おっしゃるとおり、検査器のソフト担当とハード担当が
チームを組んで作るのですが、一度検査器が完成して
終わりというわけにはいきません。

例えば、任天堂の場合は検査を行う関所は設けますが、
生産工程の設計については現地の各協力工場さんに
自由にお任せしているんです。
検査器を作る側からすれば工程設計が事前にわかってから
作れるわけではないので、こちらではうまく考えて
作ったはずの検査器が、いざ生産現場の中国に持っていくと、
効率よく対応できないという場面が多々ありました。
そこで、「えっそんな無茶な」と思うようなものも含め、
いろんな対応要望がでてくるんです。

岩田

無茶か無茶でないかは、どうやって決めるんですか?

和田

えー…と、そこの判断は、難しくて微妙なものですね。

岩田

絶対微妙なとこありますよね。
開発の工程でもそういうことは日常茶飯事で
しょっちゅうあるんですよ。
どっちが譲るべきかみたいなことは。

和田

そうですね。
基本的には、使っていただくのは協力会社さんなので、
使い手側の要望にあわせるように努めています。

岩田

なるほど、そこは検査器の使い手である
お客様第一主義なんですね。

採用情報

社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

ページの一番上へ