Nintendo - 任天堂ホームページへ
社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

Vol.6デバッグ業務管理編

取締役社長 岩田 聡 / 八又 一生 1994年入社 / 遠藤 剛 1995年入社 / 兵藤 公治 1998年入社
[2008.12.12]

目次

  1. はじめに
  2. 1 「硬いものさし」から「柔らかいものさし」へ
  3. 2 ソフトを磨く相棒
  4. 3 立場が違う相手に伝えるということ
  5. 4 段取り業
  6. 5 新しい技術や知識が身につくスピード
  7. 6 世界中で遊ばれる商品
  8. 7 商品のターニングポイントと出遭う
  9. 8 デバッグ業務管理に向いているのは?
掲載している内容はインタビュー当時のものであり、現在の状況とは異なっている場合があります。
※このページで紹介しているデバッグ業務管理の仕事は、2009年9月より任天堂の子会社であるマリオクラブ株式会社で行っています。

はじめに

岩田

今回は、「マリオクラブ」という通称で知られる
アルバイトで構成されたデバッグ部隊を抱える、
ソフト品質管理部で働く3名に集まってもらいました。
それぞれ自己紹介をお願いします。

八又

ソフト品質管理部の八又です。
以前は製造部門に在籍しておりました。

遠藤

ソフト品質管理部の遠藤です。
数年前にソフト開発部門から異動し、約2年前から
韓国版ソフト全般を担当しております。

兵藤

同じく、ソフト品質管理部の兵藤です。
少し前はソフト開発部門でゲーム制作に関わっていました。
この部署で一番長く関わったのはWii本体に関わる仕事です。

採用情報

社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

ページの一番上へ