Nintendo - 任天堂ホームページへ
社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

目次

ネットワーク開発編

Vol.7

中村 大輔 2000年入社 / 高山 剛希 1995年入社 / 外池 弘生 1995年入社 / 取締役社長 岩田 聡

7 ネットワーク開発の仕事に向いているのは?

岩田

みなさんは、この仕事はどんな人が
向いていると思いますか?

高山

どんな開発者でも持っているとは思うんですけれども、
新しいことに物怖じせずに
「こんなことできるんじゃないか」
と考えられて、根気強い人ですね。

中村

インターネットは技術のアップデートが
すごく激しいですし、遊びの内容が
どんどん変わっていきますので、
好奇心旺盛に技術を勉強していける人が
良いと思います。
そしておもしろさを理解することを
すごく楽しめて、既存の概念にとらわれず、
全く新しい遊びを考えられて、
かつ行動的な人でしょうか。

例えば、SNSのようなサービスにしても、
抵抗がある人はわりといると思うんですけれども、
まず試してみて、それを応用するには
どうしようというように、抵抗なく
自分が実験台になれる人が
向いているんじゃないかなと思います。

外池

「どんな人が向いている?」と言われたら、
僕はスタンドアローンのゲームを作っている人と
変わらないと思うんです。
新しいものが好きとか、粘り強いとか、
サービス精神がある、ということって、
開発者みんなが必要だと思うからです。

情報のアップデートにしても、
グラフィックスやCPUの機能もどんどん上がりますので、
新しい技術を取り入れていかないといけないですから、
お客さんに喜んでもらうということを重視できる人には、
能力はあとからついて来る気がしています。
センスとかはある程度限界があると思うんですけれども、
気が利くようなことを考えたりとか、
粘り強くやるとか、新しいものを取り入れたら
お客さんが喜んでくれるんじゃないかとか、
これは世の中にないから、取り入れたら
みんな驚いてくれるかな、といった思いが強いと、
全部つながってくるんじゃないかなっていう思いはあります。

中村

僕は、インターネットってすごく
社会的な側面が大きいことが特有だなと
思っているんです。
技術そのものからして誰かが決めるのではなくて、
まず誰かが提案して、それに対して
「ここはこうした方がいい」と
やりとりしながら作り上げますし、
最近のインターネットのサーバーなんかは、
各自でプログラムをちょっとずつ無料で公開していって、
皆で作り上げていくというところがあるので、
そういうのをまとめていける技術者の方って、
技術力だけではなく、人をまとめるのが
得意だったりするんですね。

また、遊びの内容においても、
自分がやった内容が他の人に伝わって、
それが返ってきて、もっと楽しくなる、
といったことが多いので、そういうことが
おもしろいというところもあります。
また、社会とのつながりが大きいので、
そのサービスが社会にどのように
反映するかっていうのを考えたり、
こういう影響を与えられたら
おもしろいなっていうのを考えることが
楽しいと思える人が向いているかなと思いますね。

岩田

ネットワーク開発部には、
ネットワークの仕組みを使ったら
どんな新しいビジネスが可能かといったことを
考える仕事もあって、それは、
人と人はなぜつながり、何をエネルギーに
こういう行動を続けるのかという
社会心理学的な要素も含んでいるんですよね。
ネットワークゲームには、その側面が
スタンドアローンのものよりも強く出る
ということがあるんでしょうね。

中村

そうですね。

岩田

2001〜2002年頃のことですが、
世の中で「これからはオンラインゲームだ」
という論調が主流になっていた頃、
「任天堂はネットワークゲームに消極的である」
と世間から信じられていました。
それは、まだ誰もが楽しめる環境が
整っていなかったのに、いかにそこに入るための
抵抗を取り除いて、いかにたくさんの人に
楽しんでもらうのかという議論がないままの
状況だったので、私も宮本さんも
(「これからはオンラインゲームだ」という論調に対して)
「それは違うと思う。その前にやるべきことがある。」
と対外的に発言していたことが
誤解されてしまったんです。

今は、常時接続インターネットの
家庭への普及率が当時とは全く違いますし、
Wi-Fiなどの無線通信機能が
ハードに標準搭載されるようになって、
誰もが楽しめる環境が整ってきましたから、
会社の中でも貴重なリソースをしっかり投入して、
そしてこの先に、家庭用ゲーム機だからこそできる
ネットワークの応用方法があるんじゃないか
と思って取り組んでいます。
でもそのためには、新しモノ好きで、
「お客さんに喜んでもらうためなら何でもしちゃうよ」
っていう気持ちがあって、そしてそれを
粘り強く維持できる人がますます必要なんです。

みなさん、今日はありがとうございました。

(ネットワーク開発編 終わり)

採用情報

社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

ページの一番上へ