Nintendo - 任天堂ホームページへ
社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

目次

経理部編

Vol.8

取締役社長 岩田 聡 / 松浦 久美子 1991年入社 / 黒川 嘉方 2005年入社 / 鬼束 正則 1994年入社

6 血管網の仕事

岩田

ではみなさんにお聞きします。
自分にとって、経理の仕事を通じた
ご褒美ってどんなことですか?

松浦

私はどこでも行けて、
いろんな方と話せて、
いろんな情報に触れられること。
あと物の因果がわかるとか、
物の繋がりが見えていくということが
ご褒美ですね。

岩田

これほど企業の中で、
物がどう流れ、情報がどう流れ、
どう繋がり、あそこでやってたこれが
こうなってたのか、っていうのが
見える仕事はないですからね。
鬼束さんはどうですか?

鬼束

私が経理ですごく良かったなと
感じるのは、どの部署にも経理処理があり、
絡む部分があって、いろんな相談にのったり、
プロジェクトに参加することで、
開発や工場などすべての部門の話が
聞けるところと、そしてなおかつ
経理の話をみなさんに
展開していけることですね。
もちろんその分、責任も大きいんですけど。

経営者の方もビジネスをするにあたっては
経理のデータを重視されてますので、
「会社のビジネスに一員として
参加できている!」というのが、
日頃の業務を通じて実感できる機会が
多いことが非常にうれしいです。

岩田

数字がないと、行き先が正確に
決められないわけですから、
私はレーダーなしで飛ぶことになるので(笑)。
今の話は、多くの人が持っている、
なんとなく「経理って一日帳簿と向き合って
計算ばっかりやっている」という
イメージの対極にありますよね。
一般的なそういうイメージは誤解で、
特に今、任天堂はどんどん
未知なる新たなビジネスモデルを
展開している時期ですから
余計にそうですね。

鬼束

経理の仕事はかなり幅広いですね。
しかも任天堂の場合はグローバルに
ビジネス展開していますので、
世界各国の経理処理をやりながら、
すごく勉強になる仕事だと思います。

岩田

私は経理部の人たちには、
「経営陣の判断の何がうまくいっていて、
何がうまくいかなかったかが、かなり
確率高くバレてるだろうな」って思います。
だって数字は正直に語りますからね。

私は、人間の体に例えると、
「血管網の仕事」かなと思いますね。
ないと絶対動けないし
活動できないんですから。

鬼束

そうですね、より新鮮な空気を
一回でも早く送って活性化させるというような。

逆に経理部が元気をなくしたり、
今の例えですと血管が破れてしまったら、
会社として間違った方向に
行ってしまうと思っています。

岩田

黒川さんはどんなことがご褒美ですか?

黒川

私は会社のビジネスの状況に関して
知りたいという欲求があるのですが、
経理とは、全体で見ると掴み所のない
ビジネスの状況を数値でもって
財務諸表などのわかりやすい形に
定型化するのが仕事なので、
それによって自分の知りたい欲求も
満たすことができることです。
そしてそれを人に理解して頂けるような形にして、
経営陣や外部のステークホルダーの方といった、
同じように知りたい欲求を持つ人たちの
ニーズを満たしていけるというところが
ひとつのやりがいですね。

岩田

ある種の定点で、
ある切り口から物を見続けることで、
一見繋がりがないようなことが、
実は繋がっていることが
見えたりしてきますからね。

黒川

各社が業績を発表する中で、
同じルールに基づき同じ定型のものを作って、
そこで初めて比較ができるのですが、
その形まで作り上げていくところが
一つの面白みでもあります。

会計基準は国や地域によって
まだ統一されていない部分もありますが、
どの国でも会計には簿記という
一つの絶対的なルールがあって、
アメリカ、ヨーロッパや中国だって、
ほぼ万国共通なんです。
情報言語としての簿記のパワーはすごくて、
それを使いこなせると、世界が広がるんです。
一度も会ったことがない海外子会社の人でも、
同じような考えで仕事をやっているんだな
というのが理解できて、簿記を知る人同士は
コミュニケーションが容易になるのが
面白いですね。

グループ会社の経理担当者とは
主にメールや電話でやりとりするんですが、
頻繁にやりとりしてますと、
一回も会ったことがなくても、
段々メル友みたいな親近感を
感じたりもします(笑)。

一同

(笑)

岩田

まぁ、お互いのプロフェッショナルな部分を
信頼できているんでしょうね。
「簿記という情報言語としての
パワーのすごさ」というのは
やってる人でないと言えない言葉で、
重みがあるなと思いました。

採用情報

社長が訊く 〜任天堂で働くということ〜

ページの一番上へ