ゲームクリエイターになりたいアナタへ!!
  ゲームクリエイターのお仕事
 
    アートワーク〜パッケージや取扱説明書を作るひと〜
情報開発部 酒井康裕さんインタビュー
 

 
   
NOM: アートワークって、あまり聞き慣れない言葉ですよね。どんなお仕事なんでしょうか?
 

 
   
  酒井: おもにゲームソフトのパッケージをデザインしたり、取扱説明書を編集したりします。ボク自身は、NINTENDO64用ソフトのパッケージと取扱説明書を、ほぼ全部手掛けています。もちろん、ひとりでではありませんが。
 
情報開発部 酒井康裕さんそうそう、ゲームのタイトルを考えることもありますね。たとえば、海外ソフトの日本語版タイトルを考えたりとか……。最近では『ジェットフォースジェミニ』という海外ソフトに、『スターツインズ』という名前を付けました。ボクじゃないけど。
 
そのほか、営業や広報などと組んで、広告の展開を考えたりもします。
全体的には、スピードが要求され、プレッシャーのかかる仕事です。

+ + + + +

 
   
NOM: パッケージのデザインというのは、具体的にどんなことをするんですか?
 

 
   
  酒井: タイトルのロゴや、パッケージの絵を制作します。外部のデザイナーに依頼したりもします。パッケージの絵は、自分で描いたこともありましたね。
そうそう、パッケージの絵を描くグラフィックデザイナーは、ゲームの絵を描くグラフィックデザイナーとはまた別なんですよ。たとえばキャラクターの絵を描くとなると、データの制限のためドット絵やポリゴンでは描ききれなかった細かい部分まで描き込むことになります。

+ + + + +

 
   
NOM: 取扱説明書の編集とは、文章のライティングも含まれるんですか?
 

 
   
  酒井: はい。文章を書くのも、イラストを用意するのも、レイアウトなどのデザインも、まるごと1冊アートワークの仕事です。
 
取扱説明書の作成は、ゲームソフトの完成2カ月ほど前からスタートします。開発チームから開発中のソフトを受け取って、「このボタンを押すとこういう動きをするんだ」というのを、自分でプレイしながら探していくんですよ! それを文章にするワケです。だから、自分が苦労したところなどは、詳しく説明しますね。きっとユーザーも苦労するハズだと思って。
 
取扱説明書&操作カードまた、操作カードもアートワークが作っています。こちらは操作を詳しく説明する取扱説明書とは違って、ひと目で必要最低限の操作がわかるように、情報をまとめています。
取り扱い説明書も操作カードも、だれもが読んでわかる表現を心がけています。たとえていうなら、ある道順をひとに教えるのに、一番うまく説明する方法を探しています。

+ + + + +

 
   
NOM: 酒井さんご自身は、どんな経緯でアートワークという職種に就かれたのですか?
 

 
   
  酒井: ボクは美術大学でデザインを専攻していました。ここらへんはグラフィックデザイナーの経歴といっしょだと思いますよ。卒業制作でゲームを作ったこともあり、任天堂にデザイナーとして入社したんです。そしていまに至ります。

+ + + + +

 
   
NOM: アートワークを志望するひとは、どんな能力を身につければいいのでしょうか?
 

 
   
  酒井: 情報開発部 酒井康裕さんアートワークは、デザイナーでありながら文章も書けないといけません。
デザインの勉強をするのはもちろんのこと、客観的にものを見る力も養うといいですよ。本もいっぱい読んでおいたほうがいいと思います。
 
また、外部のひととのやりとりが多い仕事なので、コミュニケーションが上手に取れるといいですね。


 
ヒダリ ウエ ミギ