ゲームクリエイターになりたいアナタへ!!
  マリオクラブのお仕事
 
   マリオクラブのお仕事って?
 

 
   
NOM: ズバリ、マリオクラブってどんな組織なんですか? ゲームソフトのスタッフロールに名前が表示されるということは、ゲームの開発に携わっているんですよね?
 

 
   
  斎木: 現在は、開発中のソフトのデバッグと、ソフトをモニターするというふたつの種類の仕事を、およそ170名の常勤スタッフが担当しています。
 
業務課 係長 斎木健次さんもともとマリオクラブというのは、以前に、新作のモニターをしていたセクションがあって、その名前を受け継いだカタチになっています。

+ + + + +

 
   
NOM: 開発中のソフトのデバッグというのは、具体的にはどんなお仕事なんですか?
 

 
   
  斎木: 任天堂で開発中のソフトを何度となく繰り返しプレイして、ゲーム中のバグ……不具合を見つける仕事です。たとえば、マップ上のある地点を通過すると突然動けなくなってしまうといったプログラム上のミスや、セリフ等のチェックをします。
 
また、ゲームをよりよいものにしていくためのテストプレイも兼ねています。ミスを発見するだけでなく、ソフトの品質を維持するためにプログラムをチェックする仕事、といったところでしょうか。

+ + + + +

 
   
NOM: ソフトのモニターの仕事というのは、どんなことをするんですか?
 

 
   
  斎木: 業務課 係長 斎木健次さんおもに発売前のゲームソフトをプレイして、評価する仕事です。そのソフトのユーザーの気持ちになって、客観的に内容を分析します。任天堂の作品はもちろん、サードパーティのソフトもモニターします。開発段階でチェックしたソフトについては、評価を開発者にフィードバックし、より質が高くて面白い作品を作るための参考にしてもらいます。

+ + + + +

 
   
NOM: マリオクラブの一員として働くには、どうすればいいんですか?
 

 
   
  斎木: マリオクラブのスタッフは、全員アルバイトです。これは、社員よりも実際のユーザーに近いところにいるひとにプレイしてもらい、中立な立場で評価をしてもらおうという狙いがあるからです。
 
募集内容は『フロム・エー』というアルバイト情報誌の京阪神地区版に、不定期に掲載しています。この4月にもスタッフを募集しようと思っていますので、興味のある方はチェックしてみてください。

マリオクラブの募集原稿

+ + + + +

 
   
NOM: なにか採用の条件などはありますか?
 

 
   
  斎木: 整理しますと、つぎのようになります。
  • 京都にある任天堂本社に通勤可能な方
  • 高卒以上 20才以上 24 才まで
  • 平日週4日以上勤務できる方
  • 勤務時間は午前10時〜午後5時30分まで(残業有り)
  • 時給1000円

+ + + + +

 
   
NOM: 求められているのは、どんな人材なんでしょうか。
 

 
   
  斎木: ゲームに興味があるひとでないと勤まらないとは思いますが、上手なひとや詳しいひとばかりが在籍しているワケではありません。ゲームをかなりやりこんでいるひとからライトユーザーまで、偏りなく採用しています。
 
 最近は、いままでにないジャンルのゲームがつぎつぎと出てきているので、いろんな分野に興味のあるひとも欲しいですね。たとえば、音楽ゲームが流行ってますよね。そこで、音楽にも詳しいひとがいるといいな、とか。

+ + + + +

 
   
NOM: 最後に、この仕事の魅力的な点や、苦労話などがあったら聞かせてください。
 

 
   
  斎木: 1日じゅうゲームができるということで、この仕事を魅力的に感じてくれるゲームファンも多いみたいですね。実際、スタッフのなかには、アルバイトが終わったらゲームセンターに遊びに行き、家に帰ってテレビゲームで遊ぶというひとも多いですから(笑)。
 
業務課 係長 斎木健次さんとはいえ仕事ですから、タイヘンなこともいろいろあります。まず、ソフトは選べません。自分のやりたいソフトがあるからといって、それを選ぶことはできません。
 
また、とくにデバッグの場合、自分の好きなようにプレイすることもできません。決められたエリアだけをひたすらグルグルと歩きまわったり、おなじ動作だけを何度となく繰り返したり、文章を1文字ずつチェックしたりなどの退屈な作業が中心となります。ミスをチェックしたあとも、それが本当になおっているかどうかをまたチェックしたり……。
 
それから、開発中のソフトに携わる仕事ですから、その内容は一切口外禁止です。ソフトの内容を、友だちに話したくなっても、絶対に禁止です!!
 
と、シビアなところもある仕事ですが、たとえば開発中のゲームの評価で、マリオクラブのスタッフの意見がフィードバックされ、それが採用されることがあります。そんなときには“ゲーム作りに参加した”というやりがいを感じてもらっているみたいです。


 
リンクなし マリオクラブのお仕事 リンクなし