ゲームボーイができるまで(ハード製造編)のトップページへ ゲームボーイができるまで(ハード製造編)のトップページへ ゲーム基板はどうやって作られるの?のページへ 品質を保つためにどんな工夫をしているの?のページへ ゲーム基板はどうやって作られるの?のページへ 品質を保つためにどんな工夫をしているの?のページへ
ゲームボーイができるまで(ハード製造編)
+ 外枠はどうやって組み立てているの?
…
[page1] [page2]

7スクリーンカバー接着 スクリーンカバー接着画像
・液晶の画面内に小さなゴミが入らないようにスクリーンカバーを付けていく。実はここが一番難しい技術。工場の人は慣れた手付きで、どんどん貼っていく。スゴい!

8電気検査 電気検査画像
・なんと、60項目もの検査をして、間違いなく動くか確認をしている。実際にボタンを押して、手作業でチェックするのだ。

9パッケージ パッケージ画像
・パッケージに説明書や電池をセットして、みんなが手に取る形のゲームボーイカラーができあがる。
  QTmovieボタン

10出荷検査 出荷検査画像
・出荷する前に、また抜き取りで検査する。箱からランダムに商品を抜いて、不良品が出ているロットがないか検査しているんだって。もちろん、パッケージなどの外観もじっくりチェックするよ。

11最終検査 最終検査画像
・任天堂大久保工場では、各工場から納品されたダンボール箱から、またまたランダムに商品をぬきとり、最終検査をする。説明書がぬけてないか、ゲームが正常に動くかどうか、本体にキズが入ってないかどうか、きちんとチェックしてまた同じ箱に戻していく。


工場で働く人にひとことインタビュー
その2
何年くらい働いているのですか?
任天堂にはもう30年も勤めています。初期のゲームボーイのころから、検査にたずさわっていますね。
どんな作業を担当されていますか?
取り扱い説明書や電池など、入っているものに間違いはないか、またハード本体のキズや汚れ、そして音や動作のチェックなど、あらゆる面での最終検査をします。
検査員には資格が必要だと聞きました。
インタビュー風景そうなんです。検査員になるには、会社の基本指導をみっちり受けて、さらにテストに合格しなければなりません。ここにいる人たちは、全員、テストに合格したプロばかりです。
やりがいを感じるのはどんなときですか?
町でゲームボーイを使っているかたを見ると、「私が検査したものかもしれない」と嬉しく思います。これからも、世界中の子どもたちに楽しく遊んでもらえるよう努力していきたいと思いますので、どうぞ大事に使ってくださいね。




[page1] [page2]



下ボタン