pokemon

ポケモンから広がる世界〜グッズ、カード、アニメ、映画〜
----------
インタビュー:「ポケモン大ヒットの秘密をさぐる」

★ ページ1 ★ ページ2
----------

小学館キャラクター企画室 室長 小学館プロダクション メディア事業部 ゼネラルプロデューサー 久保 雅一さん
小学館キャラクター企画室 室長
小学館プロダクション メディア事業部 ゼネラルプロデューサー
久保 雅一さん

----------

子どもにウケる要素は最初からあった

Qまず、久保さんのお仕事を簡単に教えてください。

● 久保>> テレビと映画のエグゼクティブ・プロデューサーをつとめています。アニメに関わることは僕の守備範囲といえるでしょう。さらに、『コロコロコミック』と『GOTTA』という2つの雑誌を見ています。『コロコロ』のほうはポケモンカードを含むさまざまなメディア展開をやってきました。

Qテレビアニメに関しては、具体的にどんなお仕事をしているんですか?

● 久保>> ゲームの進行や発売日に合わせて放映するエピソードを調整するなど、シリーズ構成全体をまとめていますね。映画のほうは、もうちょっと中身や映像などに関わっていますので、映画の仕事のほうがウエイトは大きいかもしれません。

Qポケモンとのお付き合いはいつごろはじまったんでしょうか?

● 久保>> ポケモンとの出会いは95年の11月です。当時は『コロコロコミック』の副編集長だったんですよ。まず、クリーチャーズの石原さんにポケモンのゲームを見せられたんです。当初はイラストが中性的なので、読者の95%が男の子の『コロコロ』では押し出しが弱いかなあという印象がありました。でも、反対に、だれもが好きになれるイメージが強かった。それからケーブルを使ってモンスターを交換できるとか、モンスターを引き連れてチームを作れるとか、子どもにウケそうな要素がたくさんあったんですね。そこで、『コロコロ』でも積極的に取り上げることになり、96年の2月にゲーム発売とほぼ同時に『別冊コロコロコミック』にマンガを連載しはじめたんです。

Qすぐに反応はあったのでしょうか?

● 久保>> 雑誌で紹介記事を載せていても、自分たちの雑誌の読者とゲームを買った人がイコールかどうかは、すぐにはわからないんです。ウケていると思っていても、大きなズレがある場合もある。そのうち、石原さんから「実はミュウというポケモンがいる」という話をされたんです。そのころ、150匹のポケモンを全部誌面で紹介していたにも関わらず、読者から「雑誌の表に載ってないポケモンがいる」というハガキがたくさん来ていたんです。「そんなに人気ならプレゼントにしてみましょう」ということで、ミュウのプレゼントキャンペーンを行ないました。すると、20名のプレゼントに7万8千通もの応募があったんです。2回目は8万通。当時、ポケモンの実売数が『赤』『緑』あわせて30万〜40万本くらいだったと思うんです。その中の8万人くらいがウチの読者ということですよね。これは読者とユーザーがイコールと考えていいと思いました。それなら、いろいろな展開ができるかもしれない。そこで、マンガを月刊連載にし、さらにグッズの企画記事なども一緒にやっていくようになったんです。

インタビュー風景


アニメ化されたポケモン


● 久保>> その年の夏くらいだったと思うんですが、ポケモンへの反響がよかったので、ポケモンをアニメにしたいと思ったんです。8月から9月にかけて任天堂さんに足しげく通って、「ぜひアニメにしましょう」と提案しました。アニメ化するにあたってはさまざまな意見があったのですが、任天堂のポケモン担当者の川口さんや、クリーチャーズの石原さんが早いうちから「やりましょう」と言ってくださって、アニメ化が実現したんです。

Qアニメにしたいと思ったのはなぜですか?

● 久保>> ゲームというのは次の作品が発売されるまで3年くらい間があきますよね。でも、ファンはずっと待っているんです。『ドラえもん』のように、10年、20年と長くキャラクターを育てたいと思っていたのですが、そのためには待っている間にもファンに喜んでもらえるものを提供しなければならない。もちろんカードゲームもありますが、やっぱり映像がいいんじゃないかと。もうひとつは、『コロコロ』で展開することで、男の子のファンは増えた。だけど、ポケモンに関しては女の子に対するポテンシャルもすごく感じてたんですよ。最初に言ったように、イラストに中性的な部分があるし、ゲームの内容も女の子が楽しめるものだった。女の子たちを獲得するには、アニメが一番いいんじゃないかと思ったんです。
Qアニメ化するにあたり、気をつけたことはありますか?

● 久保>> 制作するときにスタッフに厳しく言ったのは「とにかくゲームを終わらせてから作れ」ということです。ですから、アニメの制作チーム全員が、ゲームの世界観を理解して制作に取り組めました。それが成功のひけつだったと思います。

Qアニメ放映開始当時、反響はありましたか?

● 久保>> 最初の視聴率が10.2%くらいだったと思うんです。夕方の放送でしたし、僕としては2ケタいけばじゅうぶんだと思っていたので、満足のいく数字でした。そこからどんどん伸びていって、秋口に18.6%の高視聴率を獲得したんです。そこで有頂天になってしまった。映画の記者会見もやって、「いくぞ」というときに、とんでもない事故が起こったんです。

Q97年12月16日の放送事故ですね。

● 久保>> ええ。700人の子どもたちが救急車で運ばれるという、大変大きな事故が起きてしまいました。いまでも、病院に運ばれた700人のお子さんたちには本当に申し訳なく思っています。ただ、そのときにお母さまがたから励ましのファクスをずいぶんいただいたんです。それを支えに仕事を続けていましたね。実は、放送休止の間も、作品は継続して作っていたんです。放送再開もまったく決まっていなかったけれど、制作はやめなかった。僕たちがなにかポケモンに貢献できたことがあるとすれば、このときにアニメと映画の制作を中止しなかったということだと思います。だからこそ、再開したときにも、みなさんにあたたかく迎え入れてもらえたのだと思います。

インタビュー風景 インタビュー風景


----------
★ ページ1 ★ ページ2

世界中で大ブームのポケモンカードへ ポケモンの登場するゲームのトップへ ページ2へ