32ビットのパワー 2.9インチワイド画面 LRボタン 表示能力 LED表示 電池ボックス
これがゲームボーイアドバンスだ!! 〜話題のスペックを大公開〜

図解
----------------------------------------------------------------
ゲームボーイとの連動 通信機能 ニンテンドー ゲームキューブとの連動



1.新機能
■32ビットのパワー
ゲームボーイでは8ビットだったCPUが32ビットにパワーアップしました。描画能力、処理能力も上がり、より高度な表現が可能になります。
▲図解
■2.9インチワイド画面
ヨコ型のワイド画面で、繊細な表現が可能になりました。高コントラストの新開発ホワイトパネルを採用した反射型TFTカラー液晶を搭載。
▲図解
■LRボタン
従来のA、Bボタンと十字キーに、さらにLRボタンを追加しました。ボタンが増えたことで、操作の幅が広がり、新しいタイプのソフトにも対応できます。
▲図解
■表示能力
[拡大、縮小、回転機能]
オブジェクト(操作対象)/BG(背景)を拡大、縮小できたり、回転させたりすることができます。
[画像の重ねあわせ]
画像を重ねあわせることにより、奥行きのある映像を実現できました。3D的な視点でゲームを遊ぶことができます。
[半透明処理]
下のスクリーンを認識できる機能が付きました。色の重ね合わせが可能になったことで、水やガラスなどの透明表現が可能になりました。
▲図解
■LED表示
電池が少なくなるとLEDの色が緑から赤に変わる親切設計。
▲図解
■電池ボックス
単3型アルカリ乾電池2本または専用バッテリーパックを使用します。
▲図解

 
2.ゲームボーイとの連動
■互換性
ゲームボーイのソフトと互換性がありますので、いままでのソフトも遊べます。ゲームボーイ用の通信ケーブルも使用可能です(アドバンスのソフトでの通信対戦には、アドバンス用の専用ケーブルを使用してください)。
▲図解
■ワイド機能
Lボタンを押せば、いままでのゲームボーイソフトがワイド画面で遊べます! バトル場面の迫力も倍増し、ひと味違うゲームボーイの世界を楽しめます。
▲図解

3.拡張性
■通信機能
通信ケーブル自体にリンクの機能があるので、アダプターなしで4人対戦OK。しかも、対応ソフトであればひとつのカートリッジで4人まで遊べます(アドバンス用ソフトのみ)。
▲図解
■ニンテンドー ゲームキューブとの連動
アドバンスはあらかじめニンテンドー ゲームキューブと連動させることを想定して設計されています。これで、もっともっと遊び方が広がるはずです!
▲図解
■拡張コネクタ
本体の上面に拡張コネクタを標準装備。将来、モバイル機器や周辺機器とつながります。
▲図解




ゲームボーイアドバンス 本体スペックと周辺機器



リンクしない NOM9月号のトップページへ 「ゲームボーイアドバンス 開発者インタビュー PART1」のページへ