アドバンスはこう作られた! 〜ゲームボーイアドバンス 開発者インタビュー PART2〜
いよいよベールを脱いだゲームボーイアドバンス。次世代のゲームボーイとして、国内外から大きく注目されています。この新しいハードは一体どんなふうに作られたのでしょうか。開発を担当した任天堂株式会社開発技術部のみなさんに聞いてみました。アドバンスにこめられた技術力と底力を、どこよりも詳しくN.O.Mがお届けします!

機構設計 担当 太田雅彦さん

【過去の作品】
ポケットカメラ、振動パック、振動カートリッジ、スーパーゲームボーイ

杉野憲一さん デザイン 担当

【過去の作品】
ゲームボーイカラー、ゲームボーイポケット、ポケットピカチュウ

ハード設計(デジタル) 担当 梅津隆二さん

【過去の作品】
ゲームボーイカラー、スーパーファミコンJr

津川修一さん ハード設計(アナログ) 担当

【過去の作品】
ゲームボーイカラー、ゲームボーイライト

システムプログラム 担当 中島高伸さん

【過去の作品】
ゲームボーイカラー


インタビュー
■INDEX
・CPUだけで1年かかった
・本体デザインのシェイプアップ
・電池のふくらみがなくなった!
・部品のことから考える
・内外から注目されたハード
・アドバンスで広がる世界



「ゲームボーイアドバンス 開発者インタビュー PART1」のページへ NOM9月号のトップページへ リンクなし