アドバンスはこう作られた! 〜ゲームボーイアドバンス 開発者インタビュー PART2〜


■電池のふくらみがなくなった!

画像太田 私は、電池の位置をどうするかというのと、厚みをどうするかという点で、かなり悩みました。今回、電池ボックスが本体の中央部分に配置してあるんですけど、基板をカットして電池を納めているんです。それで、現行のゲームボーイより少し薄くすることに成功したんですよ。本当に1ミリ、2ミリが勝負の世界ですね。ABボタンも、大きさはゲームボーイカラーと同じなんですけど、中の構造を変えたりしてできるだけ全体を小さくするように心がけました。

画像杉野 アイデアスケッチの段階で、基板を作っているスタッフに「これくらいのサイズにしないとダメだ」と言ってたんですけど、実際にそのサイズで上がってくると正直、びっくりしました(笑)。

太田 基板のカット自体は特殊な技術ではないんですけど、こんな小さな基板でパターンや部品配置に支障なく切り取るのはかなり難しいんですよ。もうひとつ工夫したのが、乾電池でも充電池でも使える電池ボックスにしたことです。
・

インタビュー
■INDEX
・CPUだけで1年かかった
・本体デザインのシェイプアップ
・電池のふくらみがなくなった!
・部品のことから考える
・内外から注目されたハード
・アドバンスで広がる世界
・開発技術部のみなさん


「ゲームボーイアドバンス 開発者インタビュー PART1」のページへ NOM9月号のトップページへ リンクなし