任天堂ゲームサウンドのすべて PART2
2.アドバンスで音を遊ぼう! 『ゲームボーイミュージック』

『ゲームボーイミュージック』体験レポート
線
画像 画像 画像
線


写真ティン ショウなどでも大きく注目されていた『ゲームボーイミュージック』。ゲームボーイアドバンスで遊ぶ新しい音楽ソフトです。みなさんよりひと足お先に、編集長がプレイしてみました。任せてください! 音楽ゲームはけっこう得意なんですよ。
● ● ●
写真ポッキン なーんて、自信満々でチャレンジしたものの、最初はやっぱりボタンを押しまちがえてヘンな音を出しちゃったり。カッコよく弾こうと思ったけど、開発スタッフにはかないませんね。でも、ヘタな演奏だって、すっごい楽しい。音が出るゲームって、おもしろいですよね。夢中になってボタンを押してしまいました。
● ● ●
写真 ちょっとミーハーにワーワーキャーキャー言いながらプレイ。おっと、今度はうまく押さえられましたよ。初めての私でも、ボタンを押しただけで華麗なギターソロが! これは気持ちいいですね。
● ● ●
写真 最後に、みなさんにお手本プレイを見せてもらいました。なるほど、上達すれば自分の好きな曲を弾くことができるんですね。「楽器演奏モード」で自由に曲を弾くにはちょっぴり訓練が必要だけど、ほかの音楽ゲームにくらべて“楽器を弾いている”感じがすごく出ています。これは音楽好きのヒトにおススメ。どれだけボタンを正確に、速く押すかということよりも、曲のよさや楽しさを素直に感じて、“歌ごころ”でプレイしてほしいソフトですネ。
 ギターの「ギューン」という音やパーカッションの音がリアルに再現されていて、アドバンスの底力も見せつけられました。発売されたら、ぜひ友達とセッションしたいな。
● ● ●
写真
▲北村さんと米さん
※スピーカーは発売予定の商品とは異なります
写真
▲中塚さん
キャラ


線

リンクなし 「任天堂マガジン表紙・2001年6月号(No.35)」のページへ 「『ゲームボーイミュージック』開発スタッフインタビュー」のページへ