ゲームキューブロゴ『ウェーブレース ブルーストーム』


・ 制作スタッフインタビュー ・page01
『ウェーブレース ブルーストーム』は、海外のチームで制作されています。開発元であるアメリカのNST(ニンテンドウ・ソフトウェア・テクノロジー)のスタッフに、直撃インタビューしました。なんと!国際電話でのインタビューですよ。


・ ・ ・


山城重喜
山城重喜
志村由紀美
志村由紀美
ジョッシュ・アトキンス
ジョッシュ・アトキンス
プラサナ・ガリ
プラサナ・ガリ
レイモンド・ヤン
レイモンド・ヤン
ローレンス・シュウェドラー
ローレンス・シュウェドラー


□ □ □

page01page02page03page04

□ □ □


生き物のように動く“水”が主役

このゲームにはコースがいろいろとありますけど、実際にロケをして作ったのですか。
画像ヤン ロケはやっていません。本物の場所をそのまま持ってくるのではなく、イメージを大事にしました。イタリアのベニスのようなところ、香港の港を参考にしたところなど、さまざまです。特にエスニックラグーンでは、時間による景色の変化を試みました。

バイクの動きがとてもリアルですね。スタッフにも水上バイクの経験者がいるのですか。
画像山城 それが、だれもやっていないんですよ(笑)。企画が立ちあがった時は冬で、水上バイクの季節ではなかったんです。そのうちに制作で忙しくなってしまい、トライする暇がなくなってしまいました。でも、シアトルにはきれいな湖があって、そこで水上バイクを楽しんでいる人たちを、よく観察しました。また、テレビやビデオの大会は、とにかくたくさん見ましたね。ですから、ゲームに入っているスタントは、すべて現実にあるものばかりなんです。だから、リアルに見えるのだと思います。

え、そうなんですか? すごくアクロバティックなスタントもありましたが……。
山城 ええ、それも実際にできるものばかりです。もちろん、僕らはできませんけど(笑)。スタントの名前もすべて本物なんですよ。

今回はレース中に天候も変化していきますね。
アトキンス 雨で水の高さが変わることで、戦略も変わってきます。コースの種類によっては、波が高くなることでショートカットで行けるルートが現われたり、さまざまなトリックが隠されているんです。

画像山城 天候の変化を取り入れようという企画は、最初からありました。普通のレースゲームのように「インを取ると絶対速い」というようなゲームではないので、天候によって水、つまりコースの状態が変わることでしのぎを削るようにしたかったんです。それから、ある程度リアルにしたいという気持ちがあったので、新しいハードの力で水の変化を出せたらなあと思っていました。かなり再現できたと思いますよ。



□ □ □

page01page02page03page04

□ □ □


『ウェーブレース ブルーストーム』体験プレイのページへ 任天堂マガジン表紙・2001年9月号(No.38)のトップページへ 『ウェーブレース ブルーストーム』制作スタッフインタビュー2ページめへ