ゲームキューブロゴ『ウェーブレース ブルーストーム』


・ 制作スタッフインタビュー ・page02


□ □ □

page01page02page03page04

□ □ □


キャラクターや音楽もバラエティ豊か

キャラクターにもいろいろと個性がありますね。

アトキンス 例えばロブ・ヘイウッドというキャラクターは、がっしりしていて強いので、あまりマシンから落ちません。デイビッド・マリナーという太ったキャラクターは身体が重く加速が遅いのですが、一度スピードが乗ればとても速く走れます。また、速水あかりという日本人の女の子のキャラクターは、身体が小さいけれど加速がしやすい。それぞれに特徴があります。

画像 画像 画像

シュウェドラー ビギナーはあかりがコントロールしやすいと思いますよ。

音楽はどんなイメージで作りましたか。
シュウェドラー それぞれのコースに合わせ、違う雰囲気の曲を作るようにしました。1つのコースの中でも、天気が変化すると音楽も変わっていくんです。全部合わせると100曲近い曲がありますよ。曲だけを再生しても、トータルで1時間くらいかかります。

1時間! それはスゴいですね。今回はディスクで音楽を鳴らしているそうですね。
シュウェドラー ゲームキューブのディスクは、むしろ音楽CDよりハイクオリティなんです。オプションメニューでBGMだけを聞くことができますので、読者のかたはぜひやってみてください!

対戦プレイも、64版の2人から4人に増えました。そのへんの苦労はありましたか。
山城 ゲームキューブなので、4人対戦は必須だと最初から思っていました。プログラマは苦労したでしょうね。

ガリ いろいろなことにチャレンジして、日々、どれが最適かを探っていきました。

志村 彼はサラリと言っていますが、現実にはとても大変だったと思います。何度も調整を繰り返していまのバランスになったんです。



□ □ □

page01page02page03page04

□ □ □


『ウェーブレース ブルーストーム』制作スタッフインタビュー1ページめへ 任天堂マガジン表紙・2001年9月号(No.38)のトップページへ 『ウェーブレース ブルーストーム』制作スタッフインタビュー3ページめへ