1.トレーディングカードが変わる? ポケモンカードe大研究
カードで遊ぼう! ポケモンカードe体験レポート

次世代のトレーディングカード、それが「カードe」です。これを使うとなんと、紙のカードでミニゲームなど、いろんな遊び方ができるようになっているんです。

え? なぜ紙のカードなのにそんなことができるの? 夢じゃないの? なーんて、思った人もいるんじゃないかな? 

でも、カードeはその夢を実現しちゃったんです! カードに印刷された特殊なコードから、音や文字、絵が生まれる仕組みになっているんですね。
カードe


カードeリーダー
カードeリーダーの商品情報はこちら

http://www.nintendo.co.jp/n08/hardware/card_e/index.html



で、その仕組みに初めて対応したのが、「ポケモンカードe」! ポケモンカードeではミニゲームやショートムービーなどが楽しめるらしいんだけど、一体どうやって? みんなもちょっと疑問ですよね。でも、カードeの仕組みって、ほんとはとってもシンプル。まずは編集長が、みなさんを代表して体験してみました!

カードeリーダー+ゲームボーイアドバンスポケモンカードeを遊ぶには、カードeリーダーという機械とゲームボーイアドバンスが必要なんです。セッティングはとってもカンタン。アドバンスのゲームカートリッジの差しこみ口に、カードeリーダーをカチッと差しこむだけ。ね、とってもお手軽でしょ?
カードをスライドさせているところあとは、カードeリーダーの上部にある隙間にカードを左の写真のようにスライドさせるだけです。カードをよーく見てみると、底辺と横の一辺に特殊なコードがうっすら入っています。ここを、カードeリーダーにリードさせるだけで、アドバンスに映像や文字が出てくる仕組みなんです。

さて、さっそく実際にカードを読みこんでみますよ。カードの底辺のコードをベースコード横のコードをサイドコードといいます。

まずは、ベースコードを読みこんでみますね。
おお、ポケモンのデータベースが現われました。なるほど、これを見ながらデッキを組んだり対戦したりしたら、すごく楽しそう! 進化図も入っていて、便利、便利。編集長は忘れっぽいから、助かっちゃうなあ。ポケモンカードで対戦する時って、進化が重要なポイントなのですよね。

次に、サイドコードを読みこんでみます。あ、かわいいポケモンのショートムービーが再生されました。
よーし、次々読みこんじゃおうっと。
eアニメ
eアニメ
eゲームmini
eゲームmini
おや、こちらは何枚かを読みこまないと、ダメみたいですね。ふむふむ。必要なカードを探し、次々に読みこませてみました。お! ポケモンのゲームがはじまりましたよ。
ああ、おもしろかった。思わずミニゲームにのめりこんでしまいました。シンプルだけど、ハマっちゃいますねー。このミニゲームのことを「eゲームmini」、ショートムービーのことを「eアニメ」と呼ぶそうです。どちらも小さいポケモンたちの動きが可愛らしい! ちゃんとBGMも再生されるんですよ。すごい!

eツールそのほかにも、「eツール」といって、トレーディングカードを遊ぶときに使える便利なツールも入っています。このデータがすべて紙のカードに入っているなんて、びっくりですね。未来の機械みたいでカッコいいでしょ?

もちろん、ポケモンカードeは、ポケモンカードの新しいシリーズなので、通常のトレーディングカードとしても遊べます。でも、それに加えて、ミニゲームやショートムービーを楽しむために一定のカードを集めてみたり、お友達と交換をしたり。対戦してもよし、1人で遊んでもよし、みんなでカードを持ちよって、一緒に楽しんでもよし。トレーディングカードの世界が、また一段と広がりそうですね。



N.O.M11月号のトップページへ eアプリ開発者インタビューへ