2.ポケモン専用ハード登場! ポケモンミニで広がる世界
ポケモンミニソフト開発者インタビュー

子どもたちの新アイテム、ポケモンミニには新しい要素がいっぱい。ポケモンミニのソフトを開発した株式会社ポケモンのお2人に、ポケモンミニの魅力を語ってもらいました。

三浦昌幸さん
株式会社ポケモン
ポケモンミニプロジェクト マネージャー
三浦昌幸さん
久須美龍太さん
株式会社ポケモン
ポケモンミニプロジェクト
久須美龍太さん



ポケモン専用ハードがついに登場!
N.O.M まずは、お2人のポケモンミニにおける役割を教えてください。
三浦: ポケモンミニの開発全体を束ねているプロデューサー石原のアシスタントいうことで、ソフト開発については全体を見ている形になります。
N.O.M ポケモンミニの最大の特徴はなんでしょう。
取材風景三浦: カートリッジを取りかえて遊べるという点が大きな特徴ですね。更に赤外線通信機能や振動機能、それからショックセンサーという新しい機能が入っています。本体とともに『パーティミニ』というソフトが付いていて、さらに、3本のソフトが同時発売になります。
N.O.M ショックセンサーは歩数計などとは違うんですか。
久須美: ショックセンサーは本体の振動を感知して、インターフェイスとして利用する仕組みです。基本的な仕組みはポケットピカチュウで使われているものといっしょですが、入力装置としてうまく使えるように変更が加えられています。このショックセンサーを使うことによって遊びを広げる事ができると思っています。
N.O.M 本体がとても小さいのですが、片手で持って遊べるように作っているんでしょうか。
三浦: ソフトによっていろいろですが、『ピンボールミニ』などは完全にそういう風に作られていますね。
N.O.M ソフトを差しかえできるアイデアは最初からあったんですか。
取材風景三浦: そうですね。「本当にどこにでも持って歩けるカートリッジ式の携帯ゲーム機」、がコンセプトでした。さまざまな機能を本体に詰め込んでしまって、いろいろなソフトを遊べるようにしましょう、と。最初からハードと平行して、ソフトのほうも何本か開発していく体制でした。
N.O.M 開発の方に指示するときに、一番気をつけたのはどこですか。
三浦: ポケモンというキャラクターと世界観がありますので、その魅力をどれだけ引き出せるかということですね。それと、ゲームのおもしろさをどう結びつけるのかというのが一番注意を払ったところです。
N.O.M 作りかたとしては、キャラクターが先なんですか? それとも先にゲーム性が決まって、ゲーム性にあったキャラクターを採用していくという形ですか。
三浦: ほとんどの場合は、ゲーム性から先に決まります。まず、このハードでどんな遊びができるかということで、いろいろな企画が出てきました。その中からハードにもあったもの、特に今回は同時発売ソフトとして相応しいもの、という点で考えていきました。ハード開発と同時進行で作っていったので、現場のスタッフには難しいところもあったと思うのですが、逆にバランスをとりながらソフトを制作していけたと思います。
N.O.M ここまで小さくなると、電車の中など移動時間にプレイすることが圧倒的に多いですよね。
取材風景久須美: 子どもっぽい印象があるかもしれませんが、実際には大人のかたにも、通勤時間などを利用して気軽に遊んでいただける内容だと思います。胸のポケットにもスポッと入りますし。
N.O.M 移動の時間にふさわしいゲーム性というと、いろいろと制限が出てきますよね。
三浦: いえ、むしろそのために作り出せる面白さがあるんです。シンプルだけどつい、何度もやってしまうというのは、ゲームの基本だと思いますので。とはいえ、ゲームを簡単に止められる機能も充実しています。『パズルコレクション』には中断コマンドがありますし、『アニメカード大作戦』では、途中で電源を切ってもまた同じ局面からスタートできるようになっています。本当に手軽にどこでも遊んでいただけると思います。

ゲームのアイデアがストレートに生きる
N.O.M ソフト1本あたり、どれくらいのスタッフで開発しているんですか。
久須美: 何十人もの体制で作るものではないんです。基本的には数人で作れますね。
取材風景三浦: アイデアがわいた時点ですぐにゲームにすることができるし、開発者が自分の目の届く範囲で組み上げることができるんです。開発期間も短いので、「こういうものが遊びたい」という要望がユーザーの中にあったときに、すぐに対応できると思うんですよ。そういう、作り手と遊び手との気持ちいい関係が築けそうなハードですね。
N.O.M いま走っている企画もたくさんありそうですね。
三浦: はい、あります。ですから、次のラインナップもそれほど時間を開けずにご提供できると思います。今回は、ハードと同時発売をめざして4本のソフトを開発していきましたが、4本がピッタリ発売日に仕上がったことに自信をもっています。
久須美: 今回はハードの開発と同時にソフト制作が進んでいったので、試行錯誤もあったんですよ。ですから、次回からはもっとスムーズにソフト開発が進んでいくと思います。
三浦: ショックセンサーや振動などを使った、よりハードの特性を生かしたものが出てくると思いますよ。
N.O.M おすすめの遊びかたはありますか?
三浦: まだ発売前ということで自分たちも体験していないのですが、ぜひ電車内でプレイしていただきたいですね。Cボタンを押しながら立ち上げるとミュートモードになって音が消えるんですね。ハードの立ち上げ音さえも消せるので、完全電車対応なんですよ。あとは対戦ですね。是非『パーティミニ』の「しんけんしょうぶ」モードで遊んでいただきたいと思います。
N.O.M 今後、どんなジャンルのゲームを作っていきたいですか。
三浦: リアルタイムの赤外線通信機能を使って、対戦型のパズルゲームというのをやってみたいですね。
取材風景久須美: いままでなかったジャンルのゲームもどんどん出てくると思います。ポケモンミニはハイスペックとは言えないかもしれませんが、新しい遊びにつながるような仕掛けがいくつか入っていますし。余談ですけど、この小さいカートリッジにファミコンのカセット並みの容量が入るんです。それに単4電池1本で60時間以上遊べたりもします。
三浦: 液晶のコントラストがはっきりしていて見やすいですから、アクションにも適していますし、文字を読んでいくようなゲームも作れると思います。幅広い層のかたに楽しんでもらえるソフトをどんどんつくっていきたいと思っています。楽しみにしていてくださいね。



ハマるゲームが目白押し! ポケモンミニ体験レポートへ N.O.M11月号のトップページへ ポケモンミニ販売店へ