『マジカルバケーション』特集
・
・
開発スタッフインタビュー
フキだし・ ・
・ ・ ・
・ 魔法学校の生徒となって、勇気と友情の旅に出る『マジカルバケーション』。寒くて家にこもりがちなこの季節にピッタリのやりごたえのあるRPGです。このゲームを制作したブラウニー・ブラウンのスタッフに取材しました。 ・
・ ・ ・




亀岡さん
  井上さん



クラス全員を探すスリリングな旅
『マジカルバケーション』はブラウニー・ブラウンとして作った初めてのゲームですよね。ゲームボーイアドバンスでゲームを作ることは決まっていたんですか。

亀岡さん亀岡 仲間と独立して会社を作った時に、どこに話を持っていこうかと考えたんです。ほかのソフトハウスさんに持ち込むことも考えたのですが、どうせなら直接任天堂に持っていってしまえ、と。任天堂でゲームを出すことが決まってからハードを決めたのではなく、もともと最初からアドバンスでゲームを出したかったんですよ。
 
アドバンスにこだわったのには、何か理由があったんですか。

ゲーム画面亀岡 個人的な好みになるのですが、僕自身が2Dのゲームのほのぼのとしたふんい気や、フィールドの道幅もキャラクターの大きさに固定されているというカッチリした作りが好きだったんです。以前にいた会社が3Dゲームが主体になって、そういったゲームを作れないことがわかったんですね。それならば、会社を出て自分の好きなものを作れる環境を探してみようと。
 
最初からRPGを作ることは決まっていたんですか。

亀岡 そうですね。まあ、RPGばかり作っていたので、一番作りやすいかなと。あとはスーパーファミコンを経験しているスタッフが多かったので、2DのRPGを作るのであれば、そのノウハウはあると思ったんです。
 
井上さんゲームの世界観はどうやって生まれたのですか。

井上 わりと普通の人たちが生活しているよりは、精霊や架空の生き物などがごちゃごちゃいるほうが楽しいと思ったんですよ。そういったキャラクターがいるほうが、自分でもキャラクターの個性がつけやすいんですね。わりと無茶なキャラクターのほうが、あとで役回りがスラスラと出てくるんです。
 
最初にグラフィックとアイデアのネタがあって、細かい部分はあとから肉付けをしていくという感じですか。

ピラニア井上 そうですね。最初にカエルグミとかピラニアとかを考えて、あとでお話を考えていく形でしたね。ストーリーに関しては、昔から『5年3組魔法組』とか『それゆけ!カッチン』とか、ああいった学校モノのドラマみたいな世界を作ってみたかったんですよ。で、お話もやっぱり告白のシーンから始めようとか。わりとだれもが経験してきたようなエピソードを散りばめながら、お話を始められたらいいなあと。
 
普通のRPGでは、旅を続けていくうちに仲間がどんどん増えていきますよね。でも、『マジカルバケーション』の場合は最初にクラス全員が出てくる。そこがユニークだと思いました。

ゲーム画面井上 ちょっと無茶だったかなあと(笑)。最初は少しずつ仲間が増えていくストーリーにしようかと思ったのですが、やはりクラスメートだから、最初から名前を知らないとおかしいですよね。それで、最初に学校や海岸でみんなが仲良くするシーンを作ったんですよ。そこで事件が起きて、最終的には全員を探して全員で帰ってくるのが目的という。
 
2ショットクラスメートのキャラクターがなかなか個性的です。

亀岡 最初に井上のほうから簡単な設定と指示が来まして、あとはわりと好きに描いちゃいましたね。
井上 指示といっても、本当に名前と性別と年齢と「熱血」とか「クール」とかメモ書きしてあるだけ(笑)。
亀岡 それで先に絵を描いてしまって、あとで細かい性格づけをしてもらいました。
 
ショコラカフェオレ今回、女の子のキャラクターが多いのも特徴ですね。

井上 本当は男女半々だったんですが、カフェオレとかショコラとか性別がわからないキャラクターが入っちゃったんで、女の子が多い印象になりましたね。
女の子キャラクターもかなり戦力になりますよね。

亀岡 ええ。小学生くらいのときって、女の子が強かったりするじゃないですか? そういうノリだと思うんですよね。
井上 僕も女の子にいじめられていましたから(笑)。



● 次のページへ ●

NOM1月号のサイトマップページへ 1.『マジカルバケーション』プレイレポートのページへ NOM1月号のトップページへ 2.『マジカルバケーション』開発スタッフインタビュー2のページへ NOM1月号のトップページへ