必見!任天堂就職ガイド
  任天堂はココを見ている!人事部からの就職アドバイス

竹村 薫 総務本部人事部 部長 竹村 薫 三宅 浩二
総務本部人事部 三宅 浩二
−−今年の採用スケジュールを教えてください。

竹村 2月1日から採用情報を公開し、その後、ホームページでのオンラインエントリー、書類での応募を受け、本格的には5月から選考がはじまります。選考は書類選考、筆記試験、面接という順序で行い、弊社の場合は面接を1、2回行います。採用活動が比較的遅いスタートであるのは、やはり学生諸君には専攻の勉強をしっかりやっておいていただきたい、そして、ゼミや卒論の研究テーマについてもお話しを伺いたいということなんです。

−−面接にはかなり時間をかけるんですか。

竹村 薫竹村 技術系であれば1人に30から40分の時間をかけて、多方面から質問させてもらいます。当然、技術者も同席し、学生時代に研究してきた専門的な内容について答えていただきます。ですから、面接のノウハウだけを一夜漬けで身につけてきてもダメですよね。普段から色んなことに興味を持ち、しっかり勉強や研究をしていただきたいと思います。また、技術系応募者には学生時代にどんなことを研究してきたかを、面接官の前でプレゼンテーションしてもらいます。当然、プレゼンの能力も問われるということです。例えば、自分が素晴らしいことを研究していても、プレゼン能力が充分でなければ、面接官にその素晴らしさが伝わらない場合があります。そのあたりも重要なことですから、しっかり準備していただきたいですね。

−−あとは基本的なことですが、服装、言葉使いなども大事ですよね。

竹村 ええ。ゲームを作っている会社ですので、非常にラフな企業だと思われることが多いのですが、そんなことはないんですよ。弊社には制服というものがありますし、お客様に会うときには制服を着て失礼のないようにと指導しております。

竹村 薫・三宅 浩二ですから面接の身だしなみや対面時、入室退室時の態度も気になりますね。面接官とは互いに初対面ですし、年齢も応募者よりは年上ですから社会的な常識の範囲を逸脱した態度はこまりますね。任天堂に入社するしないは別として、やはり社会人としての一般的な常識はおさえておいて欲しいと思います。


−−そのほかに、心がけて欲しいことはありますか。

竹村 任天堂に入社したい意志を伝えようとするなら、任天堂のことについて新聞、雑誌等で情報を多少は収集して欲しいと思います。任天堂のことを勉強しているんだなあ、気にかけているんだなあ、という気持ちが伝われば、それが熱意につながるかもしれません。

−−三宅さんからはなにかありますか。

三宅 浩二三宅 企業としては、30分から40分の限られた時間内に、応募者に関する情報を少しでも多く得ようとしています。面接官はそのプロですから、みなさんが思う以上に多くのことを気づいています。ですから、その場で話した内容だけではなく、普段からどのような人物であるかが問われることになるんですよね。よく、面接でこれを言ったから受かった、これを言ったから落とされた、という話しを聞きますが、言葉だけに気をつけるのではなくて、むしろ、いままでに培ったことを自然に表現できることが望ましいですね。技術系の方は、研究や作品のプレゼンをしていただくことが多いのですが、それがその方の意欲と能力を表現できていれば、きっといい結果につながると思います。あとは、弊社では技術系の採用も、学校推薦が不要で自由応募制となっています。任天堂へ興味のある方はぜひ応募していただきたいと思います。
必見!任天堂就職ガイド / こんな人材を求めています 開発技術部長インタビュー / 開発技術部 部長 岡田 智のページへ N.O.M2002年2月号 トップページへ リンクなし