必見!任天堂就職ガイド
  こんな人材を求めています 開発技術部長インタビュー

開発技術部 岡田 智
部長 岡田 智
岡田 智
岡田 智−−任天堂はハードも作っている会社なのでいろいろなお仕事があると思うのですが、技術系ではどんな人材が求められていますか。

岡田 分野では、電子工学、機械工学、情報系ですね。デザインなら、工業デザイン。最近、特に機械関係の人材が不足しています。例えば、工業デザインであれば、ゲーム機の形を作って図面化していかないといけないですよね。その図面化していくスタッフが少ないんです。いまのトレンドでしょうか。任天堂に就職したら、まずはゲームを作るのが仕事だというイメージがあるんでしょうね。
岡田 智しかも、いきなりゲームソフトのディレクターになりたいと考える人が多いんですね。ゲームの入れ物(ハード)を作るのも任天堂の仕事なんですが、それが学生さんに見えていないということでしょう。そのために、入社してから「こんな仕事もあったのか」とびっくりする。まずはそのギャップを埋めるところから、新入社員の教育を始めます。実際には、ゲーム機の回路設計のスタッフもいますし、プリント基板を設計する人もいますし……。ひとつひとつの分野を担当して、そのエキスパートになっていくというのが、本来の技術屋さんの仕事なんですね。そのほかに、設計した部品を組みたてたり、組みたてるための機械を設計したり、いろいろな人材が必要なんですね。

−−技術系の社員のかたのお話を聞いていると、みなさん自分で役割を見つけて、いきいきと働いているようです。

岡田 技術者の仕事にはルーチンワークが少ないんです。仕事のやりかたは、それぞれが自分で考えていかなくてはいけない。自主性が重んじられますね。

−−早い時期に仕事を任されることも多いようですね。

岡田 智 岡田 昔からの伝統でしょうか。でも、たいていの人は、任せればできるものなんですよ。失敗を恐れてはいけません。失敗が経験になるわけですし、個人の失敗をフォローするために組織があるのですから。

−−学生時代にやっておいたほうがいいことはありますか。

岡田 なにか特技をもっている人が強いんじゃないでしょうか。「これだけは人に負けない」という何かがある人が、仕事もできるように思いますね。それから、技術系の仕事は、人と話をすることが多いんです。隣の部署との打ち合わせや取引先との会話など、情報は人から伝わってきます。最近、メールはうまく書けるけれども、会議では発言できないという人が多いんですよ。まずは、人とコミュニケーションができる人が欲しいですね。

−−ここ数年で特に欲しい人材はありますか。

岡田 智岡田 やはり応募者の希望分野がかたよってきているので、ゲームのクリエイター以外の仕事がもっとあるということを知って欲しいです。最近は、「この会社に入りたい」というよりは「この仕事がやりたい」といって就職する人が増えていますよね。それは正しいのですが、あまり狭い意味での職種にはこだわらないで欲しいんです。「自分の担当じゃないから」と言ってしまうのではなく、会社としてメリットがあることなら、どんどんチャレンジできる人がいいですね。あとはもう少し女性の割合を増やしたいと思っています。最近は女性向けのゲームも売れていますから、工業デザインなどの面でも、女性の感性をとりいれていきたいですね。
各部署で活躍中!技術系スタッフ紹介 / 企画開発部 鳥山 和良のページへ N.O.M2002年2月号 トップページへ 必見!任天堂就職ガイド / 任天堂はココを見ている!人事部からの就職アドバイス / 総務本部人事部 部長 竹村 薫・三宅 浩二のページへ