01最新作でパワーアップ! ゲームソフト『ポケットモンスター』の世界 カーブ
・
・
・
・
1-3 編集長のプレイレポート
・
★・★・★
待ちに待ったソフト『ポケットモンスタールビー・サファイア』。
今回はみなさんよりひと足お先に、『ルビー』バージョンをプレイさせていただきました。
さてさて、新しいポケモンの感触は?
★・★・★
プレイヤー 『ポケットモンスタールビー』タイトル画面『ポケットモンスターサファイア』タイトル画面
 回の『ルビー・サファイア』で、まずうれしかったことは、主人公で女の子を選べること。これは女の子プレイヤーにとってはうれしいですよね。『クリスタル』バージョンでも女の子のキャラクターは選べましたが、まったく新しいストーリーでの登場には、やっぱり期待が高まります。

ライン

アチャモ シロタウンに引っ越してきた主人公。ポケモン博士のオダマキ博士を助けて、ポケモンを1体だけもらいます。私はここでほのおタイプのアチャモを選びました。ひよこポケモンのアチャモ、すごく可愛いんですよ。
ゲーム画面ゲーム画面ゲーム画面

 速、草むらに入って野生のポケモンと戦ってみました。おお、やっぱりアドバンスのグラフィックはスゴいです! ポケモンたちもより生き生きと表現されていますよ。なにしろドットが細かくてきれい! こんなに違いがあるとは、正直ビックリです。音楽もグッとハイクオリティになっています。

ライン

 ケモンをつかまえながら、旅を続けます。新しいポケモンのデザインもイイですねー。「ジグザグマ」「スバメ」など、可愛くて魅力的なポケモンがいっぱい! 全部欲しくなっちゃいます。旅を続けているうち、海辺にいるおじいさんに出会いました。山からは行けなかった町へ、海から連れていってくれるみたい。今回は1つの目的地に行くのにも、いろんなルートが楽しめるみたいですよ。当然出てくるポケモンが違ったりと、これは奥が深いぞ!!

ライン

ポロックケース画面 ケモンのコンディションがよくなる「ポロック」も大事です。ポロック作りもアクション性があっておもしろいんですよ。ポロックをあげると、ポケモンのかわいさがアップしました! コンテストには「かわいさ」「かっこよさ」「かしこさ」などの種類があります。早速「かわいさ」コンテストにチャレンジしてみます。

 次審査は人気投票、2次審査はアピールです。2次審査では身につけているわざを披露します。ライバルのポケモンたちを動揺させるなど(ソワソワするとかわいさが半減!)、かけひきも大事なんです。データを見て「かわいさ」をアピールできるわざをチェックしておくことも大切。何度かわざをアピールし、審査終了。やった! 3人のライバルをおさえ、優勝することができました。優勝記念の「リボン」をゲット。ステータス画面にりぼんの数が記録されていくのもうれしいですねー。

ライン

 のほかにも新しい要素がたっぷりあって書ききれないほど。ホウエン地方の変化に富む地形もいままでにはなかったものです。そのうえで細かい部分ですが、ナビが使いやすくなっていたり、ポケモンのわざのバランスがよくなっていたり、ユーザーインターフェースが向上しているなって感じました。ポケモンが初めての読者にも自信をもってオススメできる新作。私は10時間ほどプレイしましたが、まだまだ遊び足りない! 製品版を買いなおすのが今から楽しみです。旧作を遊び尽くした人にもぜひ、遊んでほしい力作ですよ!
ポケナビ画面ポケナビ画面ポケナビ画面

・
・

「1-2 いよいよ発売!!『ポケットモンスタールビー・サファイア』」のページへ . 任天堂マガジン表紙・2002年11月号(No.52)のトップページへ ・ 「1-4 対戦&「ひみつきち」体験! 株式会社ポケモン潜入取材」のページへ