01最新作でパワーアップ! ゲームソフト『ポケットモンスター』の世界 カーブ
・
・
・
・
1-5 開発者よりみなさまへのメッセージ
・
★・★・★
『ポケットモンスタールビー・サファイア』の開発スタッフに、
N.O.Mがショートインタビューを試みました。
ユーザーさんへのメッセージを、しっかりお聞きしてきましたよ!!
発売日直前のお忙しい中、みなさんありがとうございました!!
★・★・★
株式会社ゲームフリーク 増田順一さん 株式会社ゲームフリーク 杉森 建さん 株式会社ポケモン代表取締役社長 石原恒和さん
▲Click!! ▲Click!! ▲Click!!


★・★・★・★・★


ライン
株式会社ゲームフリーク 増田順一さん 株式会社ゲームフリーク 増田順一さん
『ポケットモンスタールビー・サファイア』ディレクター/ゲームデザイナー
・・・・・
株式会社ゲームフリーク創立当初からのメンバーで、ゲームディレクター、シナリオ制作を担当。音楽や効果音の制作も担当し、それらの一部はテレビアニメの原曲にもなっている。
ライン
Q.1 増田さんはディレクターというお仕事をされていますが、どのようなお仕事なのでしょうか。
・
A.1 「このゲームをどのようなものにするのか」というビジョンから全体を考えて最終的な形に完成させる仕事です。アイディアをどのように取り入れるのがよいのか。世界観、操作感などもふくめて全体で判断します。でもシナリオや新しい遊び方、その仕組み、ちょっとした操作感も含めて考えるので作品をより良くするためにはなんでもやりますよ。

Q.2 「ルビー・サファイア」の制作にあたってはたくさんのテーマがあったと思いますが、その内の1つを教えていただけますか。
・
A.2 戦いに特化していくのではなく、1体1体のポケモンの個性を出していくことをテーマとしました。ポケモンコンテストはそうした個体のおもしろさを追求しています。もちろん対戦もこれまで以上にパワーアップしています。また、前作をプレイしていなくても、「ポケモンとは?」に始まりポケモンのつかまえかたなど、細かい情報も、初めてのプレイヤーのためになるべくわかりやすくシンプルに入れました。

Q.3 一番好きなポケモンはなんですか?
・
A.3 うーん。たくさんいるので、決められないんです。すいません。

Q.4 N.O.M読者にメッセージを一言、お願いします。
・
A.4 2vs2での勝負はタイプ、技、とくせいを考えると本当にいろいろな遊びができます。またコンテストやひみつきちなど4人で遊べるものを多く入れてあるので、友達といろいろな遊びかたを発見して下さい! とにかく4人で遊べるハードなので、そのおもしろさも4倍です!!

▲このページのトップへ


★・★・★・★・★


ライン
株式会社ゲームフリーク 杉森 建さん 株式会社ゲームフリーク 杉森 建さん
『ポケットモンスタールビー・サファイア』アートディレクター
・・・・・
株式会社ゲームフリークで制作された数多くのソフトで、主にグラフィック全般を担当する。ポケモンのゲームでは、デザインチームを統括して、全てのキャラクターのディレクションを行なっている。
ライン
Q.1 杉森さんのお仕事の内容を教えて下さい。
・
A.1 主にキャラクターの監修です。ゲームフリークには、自分もふくめてデザイナーが何人もいて、みんなでいろいろなアイディアを出しあいます。そうして生まれてきたデザインを私がチェックして、イメージをあわせていきます。

Q.2 アドバンスでの初めてのポケモンのゲームソフトで、色数も増えました。デザイン作業をする上で、これまでと変わったところはありましたか?
・
A.2 今までのゲームボーイでは不可能だった公式イラストやTVアニメの絵に近い繊細な表現ができるようになりました。一方で、ポケモンらしくない複雑な色や形になりすぎないように気をつけました。

Q.3 杉森さんの一番のお気に入りのポケモンは、ズバリなんですか?
・
A.3 一番は決められないのですが、地味であまり人気のなさそうなポケモンほど愛着がわきます。親バカのようなものかも。

Q.4 N.O.M読者にメッセージを一言、お願いします。
・
A.4 前作同様にかわいいやつ、不気味なやつ、カッコイイやつ。たくさんの新ポケモンをデザインしました。また、「えっ、これがポケモン?」とびっくりしてしまうような姿の新キャラクターもいますので、新作ならではの新鮮さも感じてもらえると思います。 ぜひ全部のポケモンをつかまえてね!

▲このページのトップへ


★・★・★・★・★


ライン
株式会社ポケモン代表取締役社長 石原恒和さん 株式会社ポケモン代表取締役社長 石原恒和さん
『ポケットモンスター』エグゼクティブプロデューサー
・・・・・
95年に株式会社クリーチャーズを設立し、『ポケットモンスター赤・緑』をプロデュース。現在は、株式会社ポケモンにて、「ポケモンカードゲーム」や、テレビアニメ、劇場映画など全世界でのポケモン全体のブランドマネジメントに携わる。
ライン
Q.1 石原さんのお仕事の内容を教えてください。
・
A.1 ポケモンが、ずーっと長くみんなに遊ばれるためには、なにをすればいいのか?をいつも考えています。ゲームボーイアドバンスやゲームキューブのソフトのことや、カードゲームのこと、TVアニメや映画、そして集めたくなるフィギュアのことなんかも考えています。そして、そういったいろいろなポケモンの遊びが、いろいろとつながったり関係しあったりすると、もっと深くておもしろくなるんじゃないかとか思っています。

Q.2 株式会社ポケモンってどんな会社でしょうか?
・
A.2 Q.1でお答えしたような仕事を全世界で展開することが目的の会社です。今回の「ルビー・サファイア」では発売元として、任天堂さんと協力してみなさんに商品をお届けします。そのほかにもポケモンセンターというお店を運営したり、ポケモンカードも発売しているんです。

Q.3 お気に入りのポケモンは何ですか?
・
A.3 ペリッパーです!

Q.4 N.O.M読者へメッセージをお願いします。
・
A.4 「ルビー・サファイア」が発売になり、ホウエン地方という場所で、ポケモンの世界が新しく始まります。ポケモンが初めての人もこれまでにも楽しんでくれた人も、楽しみにしていてくださいね!

▲このページのトップへ

・
・

「1-4 対戦&「ひみつきち」体験! 株式会社ポケモン潜入取材」のページへ . 任天堂マガジン表紙・2002年11月号(No.52)のトップページへ ・ リンクなし