1.ゲームキューブで立体音響を楽しもう!1.ゲームキューブで立体音響を楽しもう!
1−1 ゲームキューブで楽しめるドルビーサラウンド・プロロジックIIを徹底研究

ゲームキューブのソフトの中には、ドルビー社の開発した最新技術「ドルビーサラウンド・プロロジックII」が採用されているものがあります。ところで、ドルビーサラウンド・プロロジックIIってなんでしょうか? ここでは、プロロジックIIの特徴を簡単に説明していきましょう!
ドルビーサラウンド・プロロジックII


----------


ステレオ音声が主流だったゲームサウンドステレオ音声が主流だったゲームサウンド
ゲーム機をテレビにつなぐ時、普通は赤、白、黄の3色のケーブルがセットになったステレオAVケーブルを使いますよね。黄色のケーブルは映像を、赤・白のケーブルは音声を出力するものだということは、みなさんも気づいているんじゃないかな?

赤、白のケーブルは通常、ステレオ音声を再生するもの。ゲームのサウンドは長い間、モノラルや左右にだけ音が振り分けられているステレオの音声が主流だったんです。
従来のサウンドイメージ
▲ 従来のサウンドイメージ


サラウンド効果を体験したい!!サラウンド効果を体験したい!!
サラウンド効果によるサウンドイメージ
▲ サラウンド効果によるサウンドイメージ
ところが、ある時期から映画などでサラウンド、つまり左右に加えて前後の音までを感じられる立体的なサウンドが楽しめるようになりました。

映画館で、前や後ろから音が飛んでくるのを体感したことのあるかたは多いですよね? こういった立体音響を自宅でも気軽に楽しみたいということで、家庭用のオーディオでも3つ以上のスピーカーを使い、サラウンド効果を体験できるものが増えてきました。


ゲームでも5.1chを!!ゲームでも5.1chを!!
さらに、最近では5つのスピーカー+サブウーファーを使って再現される5.1chと呼ばれるシステムが普及してきました。

5.1chとはフロント(前)に3ch、リア(後ろ)に2chが存在するシステム。スピーカーはフロントに3つ、リアに2つ置かれることになります。これに重低音を再生するサブウーファーのスピーカーを加えて、5.1chのシステムになります(注1)
DVD機器などに関係して、最近よく耳にする言葉ですよね。

その一方で、ゲームのサウンドはハードウェアの制限もあり、なかなか立体音響を実現できませんでした。
ドルビーサラウンド
▲ ドルビーサラウンド・プロロジックII(5ch)
6つのスピーカーからそれぞれ異なる音が出る
※ドルビーサラウンド(4ch)は、2つのリアスピーカーから同じ音が出る
しかし、任天堂ではニンテンドウ64の時代から、3D環境での立体サウンドをずっと研究し続けてきました。
ニンテンドウ64ではプロロジックIIの前身であるプロロジック(注2)の技術を使い、一部の3Dゲームでサラウンドの効果を実現しています。例えば、『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』では、プロロジックの効果を使い、立体的なサウンドを実現しました。

(注1) サブウーファーはすべての音域をカバーしているわけではないので、0.1chと数えられます。
(注2) プロロジックとはフロント3ch+リア1chで再生される4chのサウンドです。この方式で制作された音声のことを一般にはドルビーサラウンドと呼んでいます。


ゲームでも5.1chを!!ゲームでも5.1chを!!
そして、ゲームキューブのソフトでは、ついに5.1chのサウンドをより鮮明に体感できるドルビーサラウンド・プロロジックIIという新技術を採用することになったのです。
ドルビーサラウンド・プロロジックIIというのは、アナログ音源でサラウンドを実現する最新の技術です。ドルビーデジタルに迫る5チャンネルの音声を再生することができ、広がりのあるサウンドを実現します。サブウーファーを使用した場合で、メインスピーカーが小型の低音再生を苦手とするシステムでは、各メインチャンネルの低音再生をサブウーファーが補います。
ゲームキューブのソフトでプロロジックIIの表示があるものは、5.1chの環境で再生することができるのです(注3)
プロロジックIIサウンド再生の仕組
▲ プロロジックII サウンド再生の仕組
メリットはステレオ用の2chケーブルで再生できるということです。ユーザーは専用のケーブルを使うことなく、通常のゲームキューブの出力ケーブルで、5.1chシステムへの接続ができます。

(注3) ドルビーサラウンド・プロロジックIIに対応したアンプが必要です。

▲ プロロジックIIの接続図


インタラクティブに5.1chを楽しめる!インタラクティブに5.1chを楽しめる!
ゲームで再現されるサラウンドの醍醐味は、なんといってもインタラクティブに立体音響を楽しめるということです。敵が移動する音、風の音、水のせせらぎの音。プレイヤーがゲームを操作するたびに、全方位で音が展開されていきます。今までムービーシーンだけサラウンド効果のあるゲームはいくつもありましたが、プロロジックIIに対応したゲームキューブのソフトでは、ゲーム全体を通じてリアルタイムで立体音響が楽しめるのです。また、これはソフト側で成立する技術なので、今後も次々と対応ソフトを増やすことができるのです!

ドルビーサラウンド・プロロジックII
ドルビーサラウンド・プロロジックIIに対応しているゲームキューブソフトのパッケージにはこのマークが表示されています。


----------

リンクなし NOM11月臨時増刊号のトップページへ 「1−2 任天堂のスタジオでサラウンド効果を体験!!」のページへ